イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
能代へ取材

写真は先日取材終わりに立ち寄った能代の檜山安東氏城館跡です。あまりにも心地よく、パワスポのような感じがしました。壮大な城跡の風景が映画「ラピュタ」の「昔ここに都があった」感と重なり、物悲しいような不思議な気持ちになります。また是非訪れたい場所。ちらほら桜が残っています。

「秋田の人形道祖神」book制作は今原稿が最後の追い込みの状況です。全部で8か9章になります。それぞれ扱う道祖神のエピソードが個性的で、そこに小松さんの歴史に基づく鋭い捉え方が加わるのでいつもおー!とワクワクします。しかし手前味噌になってはいけないと警戒するのですが、今のところ歴史好きのデザイナーのOさん、校正をお願いしている秋田在住の方からは「面白い」「マニアック(つまりまだ誰も扱ったことがない、と強気に解釈)」とご感想を頂いています。今回のbook制作は、マニアックな骨太の内容(歴史的教養・秋田に眠るディープな慣習や文化・実際に見て回れる実用性)をデザインやイラストを用いてどれだけ今風にアート的に表現できるか、という壮大なコンセプトを元に作っています。

県内で取材をすすめていくと、道祖神の個性が強すぎて一冊の本には収めきれないことを実感します。執筆担当の小松さんが泣く泣く端折って原稿を書く程です。最後の取材で能代(秋田の北部、青森に近い地域)の鶴形に行ったのですが、90代の男性と女性にインタビューすることができ、急遽本に入れたい、この貴重な面白さを知ってもらうべきではないか、と思うこともありました。

これまでに5回の取材に行きましたが(小松さんのお手配が毎回お見事です)、こういう経験がとても好きだということを感じました。小松さんから教えを受け、村の人々とふれあい、道祖神という昔から伝わるアート文化を感じ、それを伝える活動に携わることができるのはとても面白いです。生きていてよかったあと思うほど。まさにライフワークです。

 

イラストのお仕事は、現在限界を迎えお引き受けできない状況です。お声を掛けてくださった皆様、本当に申し訳ありません。7月頃にはもう少し落ち着くと思います。人形道祖神プロジェクトを始めて、表現の幅が緩んだような、今までは目がいかなかった範囲に気付くことができたような、そんな感じがします。なんとか一枚皮を脱皮しますので、またぜひお付き合いいただければと思います。

GW前に

先日「秋田の人形道祖神」book化プロジェクトの取材で湯沢にある料亭石川で開催された「湯乃華芸妓」の三周年記念イベントに参加しました。上の写真はそのときのもの。

花柳界に全く縁がない私ですが、秋田の花柳界に詳しい小松さんと一緒に参加させていただくことができました。京都とはまた違ういい意味での地方らしさ、秋田音頭というユニークな唄などに触れることができ大変有意義な時間でした。(→エッセイに書きます!)この日の午前中に岩崎地区の末広町の鹿島様(=人形道祖神)の衣替え行事を取材し疲労困憊でしたが、この行事がとても素晴らしく、村の方々の様子を思い返すとあのときの感動が一気に溢れかえってきます。岩崎の人形道祖神は野球でいえばメジャー級。その謂れの理由もなるほど!と確信いたしました。早くブログにアップしなくては。

プライベートでは、今有難くもお仕事をたくさん頂戴しており、7月まで乗り切れるかという感じです。しっかりやり抜きたい。自分を追い込んでいくことで、感性的・表現の考え方もジワジワ変わっていく感じがし、個人的に創作していくことが面白い段階です。(世の中の動きに自分の感性が追い付かない状況がなかなか苦しかったので、、、)

現在急ピッチで進めている人形道祖神の絵の制作。本のお披露目として7月に小松クラフトスペースさんで原画を展示させていただきます。展示で発売予定の「人形道祖神Tシャツ」にも絵を使う為、それに見合うよう日々奮闘中です。主観ですが面白いなと思ったのは、先日の末広町の道祖神の衣替え行事を体感し、以前ドキュメンタリー番組で見たパリやアントワープで作られるファッションデザイナーの制作過程とイメージが頭の中で重なりました。伝統と革新、一流の職人で成り立つ世界、デザイナーが生まれ育ったルーツが着想の源である事等、キーワードがどんどんオーバーラップしていきます。例えば鹿島様にGUCCIを着せたらどうなるのだろう?という発想が浮かんできます。様々絵で試してみたいところです。

明日からGWに入りますが、全ての制作を突っ込んでいける貴重な時間。取材もいくつか入っているので、全エネルギーをつぎ込んでまいります。

取材の記録 湯沢編

ここ最近はずーっと「人形道祖神」のことばかり書いていますが、本日もどうぞお付き合いくださいませ。

先日秋田県南を一気に回りました。取材した道祖神は11体。忘れないうちにメモを書きます。

朝7時過ぎ、小松さんと秋田市内を出発。

湯沢市岩崎地区にある鹿島様3体の内、緑町の鹿島様を見学。この日は集落の人々が集まり年1回の衣替えをする予定でしたが、朝から降る雨で作業は中止。私たちの取材は早々に頓挫。しかしお互いポジティヴな性質なので気持ちを切り替え、湯沢の道祖神を沢山見ていくことにしました。結果的にこの作業のキャンセルが私たちに幸運をもたらしてくれました。

ちなみに上の写真は緑町の鹿島様。岩崎地区の鹿島様は道祖神の中の王道で、県内でも広く知られています。

次は小野地区へ。田園風景が広がる中、屋根付きの小屋に道祖神たちがいらっしゃいました。3mほどの大きな道祖神。その後車で走っていると「ここにも道祖神が!」と偶然見つける位、点在していました。

余談ですが付近の田んぼに白鳥の群れがいてびっくりしました。湯沢は白鳥の飛来地の一つ。冬シベリアなどから越冬しにやってくるそうです。そろそろ北帰行ラッシュが始まっているのでしょうか。

またこの地区から執筆担当の小松さんの突撃取材に同行させていただきました。といっても集落の方を驚かせないよう、最初は小松さんお一人でお話しさせていただけそうなお家を探していきます。この地区でも2件、貴重なお話を頂くことができました。とりわけ薪を割っていたおじさまが、斧を持ったまま小松さんとお話される様子が印象的でした。夏に集落のお祭りがあるそう。とても面白そうなので取材したいですね、と話しました。取材させていただくお家探しにも観察眼が必要で、小松さんからノウハウを伝授頂きました。

次は「行く予定はなかったですが時間もあるし行ってみましょう」「小さい石の道祖神なので面白くないかもしれません」という藤倉地区の道祖神に会いに行きました。道祖神の取材でまず苦労するのが道祖神探し。集落に点在しているので見つけるのが一苦労なのです。しかし藤倉では奇跡的に某番組の「村人発見!」的に男性が道を歩いていて、車中から「私たちはこの道祖神を探していますがどこにありますでしょうか」と尋ねたところ、丁寧に教えてくださいました。この日ちょうど道祖神の衣替えをしていたのだそうです。私たちが道祖神に興味があることが、逆に村の方にとって興味があるようで「なんで見に来たのー?」と不思議がられました。ここでは「ニンギョウサマ」と呼ばれていて、女子的にとてもかわいい道祖神でした。(マイベスト入り確定です)

お祭り当日でしたので当番の女性が赤飯をお供えしたり、焚火があったり、集会所で70名近くの村人が集まりお祝いの会が開催されていたり。集会所では人の熱気がこもっていた為か、取材中の小松さんのお顔が汗だくで、そのお顔をみた私はじわっ・・・と感動しました。

藤倉ではばっけ(ふきのとう)の花がたくさん咲いていました。この日は雨が降ったり晴れたり忙しい天気でした。

この後お昼を食べに横手焼きそばの食堂に行きました。小松さんセレクトなので、ただのお店ではありません。一見絶対入らないような、地元に根付いた食堂に行きます。小松さんは秋田の遊郭にも詳しく、昔色街であったと思われる地区を散策しながら、浅舞にある食堂でお昼を食べました。そしてこのお店はアタリでした。昭和レトロな雰囲気がそのまま残り、そして焼きそばが素朴ながら美味しい。エッセイ編で書くことにします。

この後食堂で教えてもらった近くの道祖神を見学。とある事情で変化した姿に私たちはびっくりし「おもしろいおもしろい」と写真を撮っていたところ、その様子を珍しがってか近くを掃除されていた年配の男性が声を掛けてくださいました。男性のお話を聞きながら、自分が秋田のイントネーションを少し解読できるようになった手ごたえを感じました。(しかしわからないことも多々あり小松さんに後で聞きます)

途中雨が降り始め、冷たい風も出てきたので震えながらお話を聞いていましたが、雨はどんどん強くなります。途中雄物川郷土資料館に寄り雨宿り。ここでは小松さんの縄文土器研究家のお顔が出てきて、専門的なツッコミが面白かったです。

このあと大森の道祖神を2件巡りました。時間的には16時近く、少しずつ日が暮れ暗くなります。

既に藤倉の取材でお腹がいっぱいでお互い「疲れてきたね、集中力が切れてきました」という状態でしたが、ここは踏ん張ってがんばります。

大森の一つ目の道祖神の近くを流れる川。小松さんが昨年取材されていて、そのときのお家に突撃取材を試みましたがお留守でした。取材は厳しいかしらと思っていたところ、もう一軒おじさまの姿を発見し突撃インタビュー。すると快く引き受けてくださり、お家にお邪魔させてもらいお話を聞くことができました。なんと「ケンミンショー」で取材されたことがあるそうですよ。夏にお祭りがあるので、そのとき是非取材させてください!というお話になりました。

大満足な気分で最後の道祖神へ向かいます。この時はさすがにヘロヘロ。しかし最後の気力を振り絞ります。下記の道祖神です。写真は既にあるので、日が暮れる前に突撃取材を試みます。二人で車中からお話を聞けそうなお宅を探しました。

小松さんがお祭りの様子や日程を確認してくださり、これで無事終了!気温が下がり肌寒くなってきていたので、そろそろ帰りましょうか、というときに、疲れているはずの小松さんが「この近くにもう一つあるので、行きましょう!」と。「小さいから大したことないかもしれませんが」とおっしゃいますが、「小さいものほど何かがある」と藤倉で学んだこともあり、私も「行くべきだ」と思いました。

小さいので通り過ぎないように車中から目を凝らします。すると、男性器をかたどった彫り物がたくさん並んでいる一角がありました。間違いありません、ここです。しかし道祖神が見当たりません。隣にお地蔵様が入っているような小さな小屋があったのでしゃがんで中を覗いてみると・・・道祖神がいました!二人で「何これ〜!?」とびっくり。また小松さんのすごいところは、この道祖神がある細い山道の車の往来に目をつけたこと。山道にしては車が多い、この先にも何かがあるはずだと考え、「この先にも行ってみましょう」という判断をされました。そしてそのことが新しい発見につながりました。再び車に乗り先に向かってみると山間部にも関わらず集落が結構ありました。そしてなんと途中同じような小屋を発見。普通なら見過ごすくらいの小ささ。中を覗いてみると、道祖神のお面がこちらをみていらっしゃいました。「小松さん、いますー!!!」と思わず興奮してしまいました。

これは調べるしかない、ということでお隣のお家に突撃取材を試みました。すると幸運にも女性とお話しさせていただくことができました。(村の方の警戒心をなくす小松さんのスキルがすごい)残念ながらお祭りは終わったばかりでしたが、後日村の史料を調べて記事にしたいとおっしゃっていました。

そして遂にこの日の取材が終わりました。疲れたー!しかしそれ以上の手ごたえがあり、精神的にギラギラしている変な感じでした。ちなみにこの付近に気になる温泉があり、後で調べてみると「日本秘湯を守る会」の会員であることがわかりました。この会所属の温泉は源泉かけ流しなどレベルが高いので今度必ずや行ってみようと思いました。この日は、私の中では人生でも数えるくらいの印象的な日となりました。面白かったです。

本がどんどん肉付けされてきていて、その様子を色々な方にお話しさせていただくのですが、思ったより面白がってくれるので手ごたえを感じ始めています。嬉しい。道祖神に興味を持った方が、この日と同じような経験ができるよう地図やディープな観光情報をエッセイとして載せる予定です。

取材で気付いたこと

先月からのお仕事を連続して無事納品いたしました。ほーっとしました。とはいえこの後連載のお仕事にすぐ入りますが、「人形道祖神」制作の時間を少し確保しました。次のお仕事が始まるまでに一気に進めなくては。

先日小松さんと行った秋田県仙北市での取材で学んだことを忘れないうちに書きます。

取材先で小松さんと同じことを聞いていたはずですが、あがってきた小松さんの原稿を拝見すると、なんてわかりやすくまとめられているのだろうと驚きました。取材力とそれを文章化する小松さんのお力を改めてすごい!と感動。

私は私で原稿を拝見し、わかりやすいマップ(少しお洒落にしたいが、山と川ばかりで厳しいと悟る)と「こういうのがあったら読者の方がイメージしやすい」というイラストを描いていこう、という流れがみえてきました。ちなみにイラストは自分で描けるので、いくら描いても費用が発生しません。このときばかりは自分がイラストレーターでよかったと思いました。(自分の首を絞めますが)

また私が担当するエッセイのページを準備しているのですが、お仕事では編集の方が的確に全てを準備してくれているのですぐイラストをすぐに描けますが、自分で準備するとなると、絵を構想するための情報が圧倒的に少ないことに気付き、慌てて取材先の方にメールで教えていただいている状況です。(Fさん、沢山の質問に答えてくださりありがとうございました!)

本づくりは初めてで右往左往しますが、これから一気に作り上げていこうと思います。

初・「人形道祖神」取材

現在進行中のbook制作の初取材に急遽行ってきました。(この機会を逃すと来月以降になってしまう為)

共著の小松さんご一家と秋田・角館(かくのだて)近辺へ。詳細は本に載せるのでここでは書けないですが、大変興味深い経験で、初めて対面した数々の道祖神に圧倒されてしまいました。上の写真は集落の高い丘の天辺にいらっしゃった「お仁王様」。向こうには雪を被った山々がみえます。お仁王様を支える桜の木はまだ蕾でしたが、まもなくに桜が咲いたらさぞかし美しい風景だろうなあと思いました。

今回の取材を通して、「道祖神とお会いする」ことは日常から非日常の世界へ足を踏み入れることに似ていると思いました。誇張し過ぎかもしれませんが、ジャングルの中をさまよい、いきなりアンコールワットのような遺跡と巡り合うかのような圧倒感。

この日は4体の道祖神に会いにいき、2体と巡りあうことができました。

また当bookのエッセイコーナーを私が担当させてもらうことになりました。取材の中のこぼれ話や、女性目線で感じたことを沢山のイラストを交えて書きます。

今回の取材には、様々な方のお力を借りて実現することができました。本当に有難いことです。いい本をつくらなくては!と思いました。そして急ピッチでラフ案を作ります。

ちなみに現在進行中のお仕事は現在しっかり制作しております。取材に行くときはその日の朝夜にバッチリ仕上げています。時間をやり繰りをしながらきっちり両立していきます。

ついに第一稿が届く!

現在取材準備を進めているbook制作「村を守る奇怪な神様 〜あきた人形道祖神めぐり〜」で進展がありました。
先日、遂に小松さんから「プロローグ」と「第1章」の原稿を受け取りました。やったー!

ふるえる手で出力した原稿を掴み、拝見します。極力冷静に、気持ちを込めすぎず、読み込みます。

「プロローグ」の掴みがバッチリ!既に内容を知っている私ですが、ぐいぐい惹きこまれます。プロローグの最後に小松さんと私の似顔絵を描きたいと思いました。

「第1章」では道祖神のことがわかりやすく説明されています。そして秋田の某地区にある道祖神調査について書かれています。小松さんが書くその土地の歴史と村人へのインタビューがとてもリアルで私は大好きです。原稿には見知らぬ川の名前や地名が複数出てくるので、わかりやすい地図を2、3つ描いた方がわかりやすいと思いました。
小松さんが目にした印象的な風景も描きたいな・・・当道祖神のテーマにあるものも見開き色付きで描きたいな・・・とどんどんイメージがあふれてきます。私は文章からインスピレーションをもらっているのだなあとしみじみ思いました。

そして取材がいよいよ始まります。今までは既に企画や文が準備された状態で絵を描く立場でしたが、今回はベース自体を作っていく立場なので気持ちがとても新鮮です。プロの編集者には到底敵いませんが、自分自身で心底面白い!そして伝えたい!というものをつくりあげていく経験は、これからも非常に貴重なものになっていくと思います。

横手のとある道祖神

秋田県の南部に横手市という場所があります。秋田在住まもなく1年目を迎える私にとって、横手といえば「県南にある市町村合併でできた比較的大きな市(広島市からみた福山市的)」、「雪深い地域」、「かまくら」、「秋田の杜氏を輩出する場所」、「りんごとさくらんぼ」などのイメージがあります。(つまりはまだまだ見知らぬ興味深い場所です)

そんな横手にも様々な人形道祖神があります。鬼っぽいものから縄で編まれた立派なものまでとにかくバリエーションがすごい。上のイラストは、そんな中であまり注目されていない(!?)とある道祖神です。描いてみてはっと気付いたのですが、意外と男前でした。本用に描き下ろすイラストは、こちらをもっとポップに、より世界の原始美術を意識したスタイルに描きます。

本づくりは難しい

秋田もだいぶ暖かくなってきました。室温が14度もあります。
晴れの日が続き、心も明るくなります。

先日お話しした「あきた・人形道祖神めぐり」本の制作の件、あれから様々な方に「今度道祖神の本をつくるんですよ」と話をすると、まず「ドウソジンって何?」と質問を頂きます。(昨年の私もそうでした。)そして県内でも関心を持たれにくいと感じています。「道祖神はまだまだ世に知られていないし、またその面白さを人々と共有できる素地がない」という現実の厳しさを実感しています。
しかし文章担当の郷土史研究家・小松さんと絵担当の私の間では、「これほど面白い存在は他にあるだろうか!?」と大きく盛り上がっています。ちなみに小松さんは現在村の史料を精力的に集めていらっしゃって、「こうやって史実に裏付けられたストーリーを築いていくのだ」とその様子が大変勉強になります。実際に村人にインタビューする予定で、その結果、確信を得られたり、はたまたどんでん返しがあるかもしれません。

そんな未知なるものに焦点をあてた本をどう作り、どうみせるのか、頭を悩ませています。先日友人が東京のブックマーケットに本を出品した話を聞くことがありました。その某マーケットにはかもめブックス(東京)や北書店(新潟)など本好きの間では有名なお店が出店しているそう。沢山の来場者が訪れるそうで、そんな方々に手に取っていただけるにはどうしたらよいのか、そこを考える「企画」が大事という視点を友人から教えてもらいました。「秋田」というキーワードは厳しく(「京都」ブランドには到底敵わない)、「人形道祖神」はさらに厳しいはず。

そもそも「道祖神」に興味を持つような人の割合は結構絞られてくると思います。その間口を少しでも広くするためにも、まずは本の表紙の方向性をガラリと変えることにしました。

こう考えていくと、本づくりがつらくなりそうですが、元々は「秋田にこんな面白い存在がある。これを世に広めようではないか!」という気持ちが出発点なので、楽しむことも大事です。4月初旬以降はお仕事をセーブし、本づくりに集中していこうと思います。6月末には完成予定。ワクワク。

村を守るカミサマ「人形道祖神」本、作ります

突然ですが、今年7月完成を目指して本をつくることになりました。
本(小冊子/ZINのようなもの)を作るのは初めて。どきどきしています。プロットタイプながら読み応えありのかっこいいアートブックをつくりたいです。そして来年以降、秋田県内の取材・調査を終えた後に、今度は書籍としてまとめてみたいと考えています。

本は郷土史研究家の小松和彦(小松クラフトスペース・秋田市)さんと共著!下記写真は小松さんが書かれた私の愛読書。

小松さんは秋田の郷土史研究家として著名な方で、とりわけ「秋田の遊郭」や「秋田の縄文土器」等に造詣を深くお持ちです。また、秋田で最大手の新聞社・秋田魁新報(あきたさきがけしんぽう)の電子版では「小松和彦コラム新あきたよもやま」を連載されています。(この連載は最新話だけ無料でご覧いただけます)ちなみに秋田魁新報は、秋田県内で朝日や読売を抑え、新聞マーケットの50%以上を占めています。

本の内容は、秋田県だけになぜか80〜90個も存在する「人形道祖神」に焦点を当てます。「道祖神」というと長野などに存在する石でできた像をイメージされるかもしれませんが、秋田はもっと原始的で木や縄で人間型の人形を作ります。地域によって様々な種類があったり、「ええ!?」とびっくりするほどユニークな風習がいまだに残っています。村の境界に置かれ、悪いものが村の中に入らないよう魔よけ的な存在に近いです。残念なことに、村の老齢化で道祖神はこれからますます数が減るだろうと言われています。「だったらまだ残っている内に、そしてお話を聞ける方がご健在の内に取材しなくては」という思いを小松さんと共有することができました。

個人的な話になりますが、秋田に来てまもない頃、「秋田でアートマネジメントができる人材を育成しよう」という目的で文化庁大学を活用した文化芸術推進事業が秋田公立美術大学によって開催されており、その中のひとつ、「五城目」という場所で開催されたプログラムに参加しました。そのときの体験があまりにも強烈で、私の中の価値観がガラリと変わりました。(この時の体験はこちらから。

「秋田には、昔からの文化や暮らしが辛うじて残っている」

「以前は海外にも興味があったが、秋田はそれ以上に興味深い」

「アートは自由!料理も、編み物も、何でもアリ」
(→自分にアート・コンプレックスがあったと気づく)

「アートという手段を通じて、その土地の魅力を再発見することができる」

「表現活動には、人との関係性があってこそ面白い」

「予定調和な表現ではなく、予期せぬ連鎖が生まれるようなことが面白い」

など、貴重な体験や出会いを通じて体感することができたのです。

同プログラム終了以降も、表現者として何かやりたいけれど、力の全てを捧ぐことができる対象を見つけられずにいました。そんなとき、独自に人形道祖神の調査を進めていた小松さんと再会し、ふと「人形道祖神」という言葉が頭の上から降りてきました。「これだ!」という瞬間でした。

秋田にはユニークなものがたくさん存在していますが、村の老齢化よってその文化はまもなく消えてしまいそうです。それら貴重な存在を記録し広く伝える方法はないか、またどうせなら予期せぬ連鎖が生まれるような大胆な表現手法を取ってみてもいいのではないか、など五城目で学んだこととピタリ合致していく感覚がありました。

 

先日小松さんから「面白いエピソードを見つけたよ〜」とお話を伺いました。そのタイトルをみるや吹き出してしまいました。秋田のディープがここにあった!と思いました。そんな小松さんのユニークな切り口と共に、私が道祖神を個人的に好きなプリミティヴ・アートの世界観や今持てる感性と、各道祖神のストーリーとを交えて自由に描き上げます。

秋田もやっと雪解けが始まり遠出ができるようになったので、秋田県内を小松さんと巡り取材してきます。随時この様子も更新していきます。お楽しみに。


このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。