イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
イベント開催「ANP NIGHT〜悪魔を憐れむ人形と歌」

本日は金足農業高の活躍が感動的でした。
すごい、すごい!秋田県勢103年ぶりの決勝進出です!
明日はいよいよ決勝を迎えます。
涙なしには試合を見れない予感がいたします、、、

明日の決勝後、夜に秋田人形道祖神のスライド&トークイベント「ANP NIGHT〜悪魔を憐れむ人形と歌」を秋田市大町にて開催いたします。甲子園決勝戦の余韻と、秋田の人形道祖神の夜と、皆様と貴重な時間を共有させていただければと思います!

詳細はこちらから>>>https://www.facebook.com/events/550339605381033/

東京で初開催!秋田人形道祖神のトークイベントを開催します

("sierra & selva"さんのバナーをお借りしています)

ANP(秋田人形道祖神プロジェクト)は東京に初上陸いたします!
原画展示あります。数点新作出します。
冊子やTシャツ、ポストカードなどグッズも販売いたします。

neccoさんとコラボして作った道祖神Tシャツをご紹介します。

 

末広町のカシマサマTシャツ。S・M・Lサイズ展開です。モデルを務めてくださった女性は、Tシャツをデザインされたneccoさんのデザイナー・今さん。とても可愛らしい方です。そしてお洒落!

小雪沢のドジンサマTシャツ。とてもアーティスティックで私はヘビーユースしています。モデルのような女性は、neccoさんのカメラマン&ライターをされている夏井さん。neccoさんにはデキる素敵な女性がお二人もいらっしゃいます。

neccoさんについて>>>

 

各Tシャツの背中には黒いドジンサマがいます。厚手の品質がしっかりしているTシャツを使っているので、肌に直接着ても透けません。

そしてポストカードも販売いたします!

まもなく在庫切れになるので追加注文しました。

(photo: necco / natsui hitomi)

 

イベント初日の最後のトークショー終了後に懇親会があります。(別途参加費アリ)秋田の食材(いぶりがっこ等)を使った軽食や日本酒を準備いたします。秋田はいい日本酒が沢山あるので、この機会にお試しくださいませ。

 

トークショーでは、私が今まで移り住んできた場所・大阪や広島、東京や神奈川とはまるで違う秋田の面白さをお伝えしたいです。私がお話しする部分は少ないですが(秋田で大変好評いただいた人形道祖神かわいい&イケメンベストスリーはやります!)、小松さんがお話しされる切り口に、秋田初心者である私の目線を盛り込んでもらいました。

 

冊子には収めきれなかった最新の取材情報もスライドでご覧いただけます。なんといっても”オッペチ”の人形道祖神の風習にびっくりします。非日常の世界ですが、現在進行形でリアルに存在している人形道祖神達を、この機会にお楽しみください!

お席は早々に満員御礼になることが予想されます。ご興味ある方はお早目にどうぞ。ご予約・お問い合わせは下記ページをご確認くださいませ。
http://hakogallery.jp/%E3%80%8C%E6%9D%91%E3%82%92%E5%AE%88%E3%82%8B%E4%B8%8D%E6%80%9D%E8%AD%B0%E3%81%AA%E7%A5%9E%E6%A7%98%EF%BD%9E%E3%81%82%E3%81%8D%E3%81%9F%E4%BA%BA%E5%BD%A2%E9%81%93%E7%A5%96%E7%A5%9E%E3%82%81%E3%81%90/

「アートブックターミナル東北2018」に出品いたします!

 

8月4日(土)から9月2日(日)に盛岡のCyg art galleryにて開催される「アートブックターミナル東北2018」にANP(秋田人形道祖神プロジェクト)は招待作家として参加いたします!

 

 

「アートブックターミナル東北2018」とは、
東北ゆかりの作者による「本や冊子の形式を使用した表現」または「表現を本や冊子の形式にしたもの」を対象とし、 アート全般、デザイン、ファッション、建築、舞台、映画、工芸、漫画、文章、詩、絵本など、様々な表現の作品が会場にて展示・販売されます。期間中は千人以上の方々が来場されるそうです。なかには何度も通い、じっくり購入する冊子を選ばれる方もいらっしゃるとか。
https://cyg-morioka.com/abtt/

おしゃれなZINEが勢ぞろい。東北にもハイセンスなアート&デザインイベントがあります。

 

実はCyg art galleryさんにお声を掛けていただいたことがきっかけで「村を守る不思議な神様」冊子が出来ました。この展示に出品するため、共著の小松さんに「本を一緒に作りませんか」と声をかけたからです。また毎年の展示での高レベルな冊子を数々拝見し、「これは一流のブックデザイナーさんにお願いしなければならない」とtobufuneの小口さんにブックデザインをお願いしました。つまり、「アートブックターミナル東北2018」なしにANP結成はありえませんでした。

 

ではなぜCyg art galleryさんにお声をかけてもらえたのか。
昨年制作した秋田市内のクリスマスイベント告知のフライヤーを、Cyg art galleryのデザイナーIさんが気に入ってくださったからでした。Magさんとオジモイモ屋さんとのコラボ!なつかしい・・・そして制作過程が楽しかった! 人の大切なつながりが最終的に道祖神に導いてくださったのだ、と感慨深くなります。私にとって全てが大事な制作たちです。

 

会場では「村を守る不思議な神様」を手に取ってご覧いただけます。ご購入もできます。冊子の原画も数点飾ります。

個人的に盛岡にはまだ行ったことがなく、当展示をきっかけに行ってみたいと考えています。盛岡は秋田よりお洒落な場所らしい!?と聞きます。秋田市と比べてどうなのか、実際にこの目で見てみたいです。また当展示に参加できる資格として「東北にゆかりのある作者」とありますが、自分が東北にご縁ができたのだなあと嬉しくなります。

 

夏休みにアート&ブックの時間はいかがでしょうか。
お近くにお寄りの際は是非遊びにきてください。
Cyg art galleryのアクセス
https://www.cyg-morioka.com/access.html

東京での販売が決まりました!〜代官山蔦屋書店様〜

(photo:natsui hitomi necco)

おかげさまで東京での販売が決まりました!

代官山蔦屋書店様
http://real.tsite.jp/daikanyama/

本日冊子を発送いたしましたので店内で陳列いただくまでもう暫くお待ちくださいませ。

<現在購入頂ける取扱店舗様>※北から
◆秋田県
加賀谷書店様(秋田市内:茨島店・東通店)
金喜書店様(横手市)
乃帆書房様(秋田市大町)
平山書店様(大仙市大曲)
アートクラフト昭和堂様(秋田市東通)
小松クラフトスペース(秋田駅前・オンラインショップ)http://komatsucraft.shop-pro.jp/?pid=132931091 

◆宮城・仙台
Kaneiri Museum Shop 6様/http://www.kaneiri.co.jp/shop/ 

◆群馬・高崎
REBEL BOOK様/http://rebelbooks.jp/ 

◆愛知・名古屋
ON READING様/http://onreading.jp/

◆準備中ですが公式サイトはこちら:https://dosojin.jp/
8月に一部オープンを目指し急ピッチで制作を進めています

東京初上陸!おかげさまで完売いたしました

(photo:natsui hitomi necco)

週末は「BOOK MARKET2018 」ユカリロ編集部ブースにご来店くださった皆様、ありがとうございました!ANP(秋田人形道祖神プロジェクト)は当日道祖神取材が入り上京はかないませんでしたが、お客様のご様子をお聞きし大変感激しております。

この冊子を作る前、「秋田」の知名度に期待できないという絶望の状況でしたが、ただただ人形道祖神がすばらしく、そのすごさを多くの方々にお伝えしたい!という思いでやってまいりました。時にマニアックすぎて大丈夫かな!?と思うこともありましたが、こうして様々反響をいただくことができ、感無量でございます。

我々ANPは冊子入稿後も県内で取材を進めており、村の方々とのふれあいを通じてさらにその面白さにズブズブはまっています。相変わらずディープ過ぎて、昨日は作り替え取材後の現状調査にて、初めて小松さんの泣きを2回みました。私はその様子を思い出しては腹を抱えて笑ってしまいます。(小松さん、ごめんなさい。)このようにたくさんの貴重な取材情報をまだどこにも発表できずにうずうずしています。どこかで必ずや爆発いたしますね。

今後ともご愛顧の程よろしくお願いいたします!

そしてユカリロ編集部さん、この度は東京初上陸という貴重な機会をくださりありがとうございました!

明日まで!東京浅草にて「Book Market 2018」開催中!

7月28日(土)・29日(日)に東京浅草・台東館で「Book Market 2018」が開催されています。

YukariRo(ユカリロ)編集部さんのブースにて『村を守る不思議な神様』とTシャツ、ポストカードなどの関連グッズが販売中!
(photo:YukariRoさんより提供)

『村を守る不思議な神様』は東京初上陸です!

当冊子は県外に向けての宣伝に着手できていない状況ですが、ユカリロ編集部さんをはじめとする様々な方のご支援を頂戴し、現在秋田県内・仙台・名古屋・高崎の書店様で取り扱いいただけるようになりました。感謝感激でございます。

公式サイトオープンを着々準備を進めておりますので、人形道祖神のディープさをじわじわ広めてまいりたいと思います。(個人的に初挑戦の漫画も描き始めております。(非常にゆるいタイプ)イラストレーションとは違い泣きそうな状況です)

上記の写真では、秋田の様々な冊子や雑貨が取り扱われている様子がわかります。「北限のいちじく」をうたったユカリロ編集部によるいちじく専門のレシピ本や、県南の湯沢市の若手有志によるオリジナル誌、秋田在住の作家によるユニークなお人形やいちじくブローチなどズラリ並んでいます。

こちらはユカリロ編集部の新刊。ギリギリ当イベントに間に合った出来立てホヤホヤ。秋田にしかない「なべっこ遠足」、秋田の夜の風景・運転代行など地元のディープネタがズラリ。読むのが非常に楽しみです。

明日まで開催中。近くにお寄りの際は是非遊びに来てください!

「dosojin.ip」公式サイトのオープンについて

(photo:秋田県湯沢市のご返事【おっぺじ】の取材にて撮影。手前は古い藁の人形で当日夜燃やされました)

 

「dosojin.jp」サイトについて、最初はとりあえずとてもシンプルなデザインと、Tシャツと冊子をご購入いただける位の内容で今月アップを目指しておりましたが、想定以上に反響をいただき、もう少しコンテンツを作り込んでお楽しみいただけるものにしよう、とANPとANPのデザインを手掛けるneccoさんと話し合い、アップを遅らせることにいたしました。楽しみしていただいたお客様にはお待たせすることとなり申し訳ありません。

 

コンテンツにできる内容は確実に増えております。取材した道祖神は100体をそろそろ超えます(超えたかも?)。最初は冊子の内容をベースとし、コラムなどで現在進行形の取材をベースとしたものを発表していきます。その為、情報整理とイラストの描き起こしなどが必要になる為、日程が見えてきましたら改めてご報告いたします。急ピッチで準備を進めてまいります。

 

余談ですが、写真はオッペジのカシマサマです。朝に作り直し作業が始められ、夜完成したばかりのカシマサマが集落を練り歩くお祭りを先日取材させていただきました。時に笑いが止まらず、時に暑さで意識が飛びそうになり、時に集落の方々との楽しいやりとりがあったり、時に夜集落の方々がお祈りする様子を拝見し、思わず涙がぶわっとあふれてくることもありました。取材中、お祭りの凄さに驚いて落としたスマホが壊れてしまうほど濃い時間を過ごすことができました。この素晴らしさを広めていかねば!と意気込んでいます。

冊子「村を守る不思議な神様」、東京初上陸します!

「村を守る神様 〜あきた人形道祖神巡り〜」が東京に初上陸します!!!


(photo: natsui hitomi necco)

「本当におもしろい本」だけを集めた本好きのためのブックフェア
アノニマスタジオ主催「BOOK MARKET 2018」のユカリロ編集部ブースにて出品いたします!

販売期間:2018年7月28日(土) ・ 29日(日) 10:00〜17:00
場所:台東館6階北側会場 〒111-0033 東京都台東区花川戸2-6-5
http://www.anonima-studio.com/bookmarket/
ANPの出品商品:冊子、ポストカード、Tシャツ

「BOOK MARKET 2018」の出展社は下記の通りです。本好きの方はピンとくるかもしれません。

朝日出版社、アタシ社、アノニマ・スタジオ、warmerwarmer、エクスナレッジ、偕成社、かもめブックス、カンゼン、木楽舎、グラフィック社、京阪神エルマガジン社、工芸青花(新潮社)、作品社、左右社、自然食通信社、信濃毎日新聞社、G.B.、而立書房、青幻舎、誠文堂新光社、大福書林、たつのいえ、タバブックス、地球丸、トゥーヴァージンズ、夏葉社、ナナロク社、西日本出版社、ニジノ絵本屋、PIE international、ハオチーブックス、ビーナイス、藤原印刷、堀之内出版、本の雑誌社、マール社、マイルスタッフ、ミシマ社、港の人、メリーゴーランド京都、ユカリロ編集部、雷鳥社、ライツ社、リトルモア

 

ANPでは冊子の他にTシャツも出品されます!

ドンジンサマ(女神)Version S/M/Lサイズ

小松クラフトスペースさんではSサイズが残り1枚になりました。意外と女性人気!?です。当マーケットではご購入いただけます。

 

末広の鹿島様Version S/M/Lサイズ

Lサイズが人気です。男性に選ばれることが多いです。Tシャツ生地はどちらも厚手のいい素材を使っており、特に男性の場合、裸に直で着ていただいても透けません。

 

neccoさんにTシャツをデザインしていただいたので、背中側にはこんなにかわいいロゴが。

 

そして、ポストカード5種もあります!

 

またユカリロ編集部についてご紹介いたします!

ユカリロ編集部は、秋田在住の二人の女性が営むリトルプレスです。読売新聞で連載を持たれる編集担当の三谷さんと、広告や雑誌などで活躍中のカメラマンの高橋さんのお二人。時に編集・カメラマンの域を超えてイベント企画もされています。ご一緒させていただいたイベントでは、常にその本質を見極めようとされている真摯なお姿に感銘を受けました。
https://yukariro.jimdo.com/

写真は「yukariRo」初号。マーケットではまもなく刷り上がる2号も販売されます。(初号よりさらにマニアックとか。楽しみ!)

当ブースでは、他にも秋田発の「勝手に宣伝組合」さんの冊子など販売されるそうです。このように「秋田」を舞台にした一同のリトルプレスが集まるのはかなりレア。

ちなみに個人的にこれから「秋田」がじわじわ注目されていくのではないかなあと漠然と感じています。その理由は、他地域と比べてとても独特な土地ですが、いまだに全国的にあまり知られていない為です。そしてそのユニークな魅力を発信していく力を身近に感じています。

東京・浅草で開催される「BOOK MARKET 2018」、是非遊びにいらしてください!
トークイベントが終わり日常へ

先週の日曜日に上記冊子の発売記念として、秋田駅前でトークイベントを開催しました。おかげさまで一部・二部とも満員御礼となりました。ご来場くださった皆様、ありがとうございました!(上記写真はneccoの夏井さん撮影)

 

トークがあまりにもマニアックなので、果たして楽しんでいただけるのか・・・とドキドキしておりましたが、イベント終了後に皆様とお話しさせていただいた際、いつもクールなある女性の方が、お顔をにこにこされて「おもしろかった〜!」とおっしゃっていただけたことが印象的でした。共著の小松さんのトーク力は流石だなあと思いました。

 

トークでは冊子に入りきらなかった取材の様子、小ネタ、書けなかった事、などリアルな話が勢ぞろいで、2時間の長丁場でしたがお楽しみいただけた様子を知りよかった!!!と思いました。「私もまわってみたい!」というお声も多々頂戴しました。県外の皆様、秋田に是非いらしてください。ものすごくディープですよ。県内の方も「知らなかった!」というお声が多く、地元の魅力を知ってもらえて嬉しかったです。今後もお声をいただければ全国でイベント開催していきたいと思います。

 

ANP(秋田人形道祖神プロジェクト)はとりあえず当イベントで緊張の糸が切れ、お互い日常に戻りつつありますが、これからもやるべきことが沢山あります。まず、続行している取材のこと。各集落で年1回開催されている行事にできるだけ合わせて取材しています。既に次巻の書籍化が可能な(!?)ボリュームがみえてきています。また、公式サイトの準備もあります。来週neccoさんと打ち合わせしながら、コンテンツの構想に着手中。そして、様々な方からお声を掛けてくださり、イベントへの参加などが少しずつ決まってきています。

 

個人的には、公式サイトでコラムなど発信していく為、昨日から始まった「ライティング講座」に通い始めました。秋田経済新聞の千葉さんが講師を務められ、参加者は女性9名・男性1名。私は千葉さんが昨年講師を務めた類似内容の講座を受講しており、その経験で劇的に文章がよくなったので、さらなるブラッシュアップを図ります。「道祖神冊子のコラムは宮原さんが書いたの?小松さんがかなり校正してくれたのでは」と千葉さん。千葉さんは私の文章のひどさを知っています。「史実の校正はしてもらいましたが、他は自分で書きました」と伝えると千葉さんは驚いていらっしゃいました。今年は大半の参加者が若い女性なので、昨年のおじさまが多かった雰囲気とはまるで違います。華やいでいます。

 

今週来週イラストのお仕事の〆切が続いていますので、ANPとイラストの両立、しっかりやり遂げてまいります。

人形道祖神Tシャツを作っちゃいました

今週日曜日のトークイベントに合わせて「人形道祖神Tシャツ・特設コーナー」が会場の小松クラフトスペースさんに出現しました!左:岩崎の末広の鹿島様、右:小雪沢のドンジンサマ。今気づきましたが両方女神さまです。

S・M・Lサイズの展開です。
一枚で着ても透けない適度の厚さ。しっかり感あります。

それにしても写真にはなにやら気になる存在が・・・

もしかして、人形道祖神様でしょうか・・・?

いえ、実際のワラの人形道祖神は大きくてお店に入りません。この子は小松さんがパプアニューギニアに調査に行かれた際、ゲットされてきたワラの人形です。かわいくないですか!?

「この日のために買ってきたのかもしれません」と小松さん。

また「Tシャツの首元にストールか何かを巻いてみたい」と相談してみたところ、小松さんが世界中から集めてこられた首飾りをご提案いただきました。

その中でも、写真のチョーカーのようなネックレスを発見。「欲しい!」と思いましたがいいお値段です。

小松さんによると「これは大変貴重なもので、もうないんですよ」とのこと。「シェブロン玉」という、ヴェネチアで作られアフリカに輸出されたトンボ玉だそうです。小松クラフトスペースさんにはアメリカ・アジアから集められてきた貴重なお品が沢山あります。

Tシャツから話が逸れてしまいましたが、改めてご紹介を。

販売されているデザインを試着した写真がイマイチでしたので時期をみてもっとかっこいい写真を準備します。とりあえずサンプルで作ってみた下記デザインをご覧ください。岩崎の全面プリントVer。個性Tですが新鮮!かっこいいです。

Sサイズ。身長160cmのお腹が多少ぽっこりでている私が着るとこんな感じ。透けないしっかりした作り。一枚でいけます。

男性はLサイズがおすすめです。

neccoさんに素敵なロゴを作っていただきました!

公式サイトでも発売されますが、先行して小松クラフトスペースさんで発売しています。5000円(税抜)ちなみに上記写真のサンプルで刷ったデザインの価格はまだ未定ですが、プリント代だけでびっくりするほど高い、とだけお伝えさせていただきます。

今年の夏は暑いです。人形道祖神Tシャツでマニアックな夏をお過ごししてみてはいかがでしょうか。


このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。