イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
秋田の世界に飛び込んできました AKIBI plus 2017へ

先日AKIBI plusのトークイベントに参加してきました。
AKIBI plusとは、詳しくはこちら→http://akibi-plus.jp/about/
※最後に私なりに簡潔にまとめた文章があります。

トークイベントに参加するために、自転車を買いました。
開催地は秋田公立美術大学。秋田は車がないと不便なのですが、車を運転できない私は自転車に頼ることにしました。
雪のシーズンは自転車が使えないので購入を控えていたのですが、この際そうも言ってられません。

買ったばかりの自転車で、いざ秋美を目指して出発。自転車屋さんに「今日は向かい風もあるから30分かかるかも」と言われましたが、実際は15分くらいで行けました。

秋田でよくみる信号機。薄くて雪が積もりにくい設計です。

雄物川(おものがわ)を渡ります。広島では毎日自転車通勤で、沢山の川を渡っていたことを思い出しました。またこの川をみるたびに、大阪でお世話になったNさんに「秋田はいいですよ〜、釣り好きにとって憧れの雄物川がありますもん」と教えてもらったことも思い出します。このずっと先の上流には自然豊かな最高の釣り場がいくつもあるらしいです。

雄物川を超えたら、もう秋美はすぐ。

秋美到着!

夕方の遅い時間。若い人たちがちらほら見えます。芸術活動をする作業場があったり、エプロンを着た女性が居たり、青春だなあとなんだかワクワクしてきました。

私なりにトークイベントなどで見聞きしたことを下記にまとめてみました。 ご興味ありましたらお読みください。

AKIBI plusとは。
秋田公立美術大学が主催。秋田県内4つの地域(秋田市・男鹿市・五城目町・横手市)に分け、各地と連携して実施するアートマネジメント人材育成プログラム。各拠点の地域アドバイザー・地域住民・秋美の職員と学生・一般参加者(→私のような)・専門知識をもった招聘アーティスト・ローカルメディアが協同して文化事業を運営していく。


今年で3年目。今年度の各拠点のコンセプト;

秋田市 「秋田芸術新聞編集部員ゼミナール」
AKIBI plusの活動を発信できる人材が少ないので、まずは増やしましょうというのがきっかけとのこと。参加者は報道記事の書き方を学びます。情報発信が増えれば、活動に対する様々な批評が可能となり、当プロジェクトの目的を達成しているか等状況をチェックできるはず、という仮説のもと今年発足。

男鹿市 「神々と生きる島を探る」
増えている空き家対策として、とある空き家にアーティストを招聘し学生・一般参加者と共にショートステイをし、作品をつくりあげる活動。また男鹿の信仰や文化を捉えなおすためフィールドワークも行う。(以前”ブラタモリ”のイメージに近いかも、と男鹿の地域コーディネーターの猿田さんからお聞きしました)
男鹿は漁業と林業が主な産業だそうで、自然の厳しい環境の暮らしの中でどうしてもアートが遠い存在になっているそう。

五城目町 「今と昔を繋ぐアート」
五城目に暮らす人々の背景をみる、知る、感じるための活動。「なぜこれがずっと続いてきたのか」などその本質を探る。

五城目の地域アドバイザーは東京から移住された柳澤さん。柳澤さんのお話で印象的だったことを下記にまとめてみました。(言葉に語弊があったらすみません)

  • 五城目町に関東や大阪からの移住者が集まっている理由:秋田市は都会的すぎてしまう。五城目町は田舎加減がちょうど良い。しかも秋田市まで割と近い。また人のネットワークがある。先に移住した方きっかけで他の方も移住されている。
  • 田舎の中でも都会的な場所(コンビニまで徒歩30分とか)と本当に田舎な場所(コンビニは皆無)との区分けが印象的でした。
  • 五城目にある「シェアビレッジ」。茅葺屋根の古民家で、茅葺を葺き替えるために1000万円が必要であった。(茅葺の寿命は10〜20年くらい)前オーナーは存続を諦めかけていたが、日本の原風景を残そうと「シェアビレッジプロジェクト」が立ち上がる。お金を”年貢”に置き換えた「年貢を納めて村民になろう!」というキャッチコピーが作られ、Crowdfundingで目標の1000万円を軽く超え5000万円もの資金(年貢)が集まった。

横手市 「エリアブリュワー[地域醸造家]の育成」
横手を捉えなおす活動。秋美を卒業され、横手が地元の若き永沢さんが企画運営される。今回初めての企画。
横手といえば、冬のかまくら、B級グルメの横手焼きそばしか恥ずかしながら知りませんでした。2005年に旧横手市、増田町、平鹿町、雄物川町、大森町、十文字町、山内村、大雄村が合併した新しい市だそうです。山内村出身の永沢さんは今の横手は大きすぎてわからないことも多いとおっしゃっていました。
永沢さんと一緒に当プロジェクトを運営される方もいらっしゃって、彼女もCrowdfundingで資金を募り、古い空き家をリノベして作ったゲストハウスを横手で運営しているそうです。横手も若い力が動き始めているみたいです。
https://readyfor.jp/projects/guesthouse-akita

 

どれも魅力的な活動でした。私はこの中から秋田市と五城目町に参加してきます。秋田市は今月末から、五城目町は10月から活動が始まります。ですので、今頂戴しているお仕事を前倒しでしっかり進めていき、且つ、自分の土台となる活動もしっかりやっていきます。

ちなみにAKIBI plusの活動は全て雪が降る前に終わります。みなさんも「雪が降る前にはなんとか」とおっしゃっていたので、秋田はどれだけ雪がすごいのだろう、、、と少し不安を覚えます。

男鹿(おが)日帰り旅行

先日少しブログに書いた男鹿(おが)旅行の記録です。

秋田市から高速を使わず海沿いをひたすら北上します。

この日は生憎の雨。風が強く長袖シャツ1枚ではとても寒い日でした。

最初に秋田唯一の水族館「男鹿水族館GAO」に向かいます。

水族館前の日本海。荒々しいです。

大阪の海遊館、沖縄の美ら海水族館に比べると規模や魚の種類でこじんまりしますが、普通に見応えあります。しょっつるなど秋田の名物として有名な「ハタハタ」の生きた姿を初めてみました。

今回の傑作フォト。

 

男鹿水族館GAOにはホッキョククマが2匹います。豪太さんとクルミさんです。彼らは別々の場所にいます。二匹の常道行動が気になり、ふと北極での厳しい環境、いつ死ぬかわからないけれど自由な環境で生きるべきか、自由は大幅に制限されるがご飯は確保できる環境で生きるべきか、どちらがよいのか思いました。私なら悩みながら前者を選びそうです。

 

お腹が空いたのでお昼ご飯を食べに行きます。

評判よい入道崎近くの「美野幸(みのこう)」さんに行きました。12時前だというのにすでに満席。人気店です。

天然真鯛の石焼定食とえびす丼(鯛のづけ丼ぶり)を注文。 石焼きは男鹿の漁師料理を今のスタイルにアレンジされたものだそうです。杉の桶に鯛や海藻を入れ、そこに熱々の石を放り込みます。私も目の前で焼き石を入れてもらいました。グツグツすごいです。そして鯛の出汁と山椒の風味とがいい味になっています。最後に余ったお汁をご飯にかけてお茶づけで締めます。いいお出汁でした〜 

えびす丼もとっても美味しかったです。石焼きに隠れてしまいがちですが、好み的にはこちらが好きかもです。

鯛のお刺身もこんなに甘いんだなあとびっくりしました。

 

腹ごなしに近くの入道崎へ。

「日本の灯台50選」にも選ばれた入道埼灯台。

いつもは見晴らしがよく、芝生の上でゴロンできるそうです。この地はロマンチックな場所らしいのですが、この日は強風で飛ばされそうになり、長居は諦めてすぐ引き返しました。

このあと、恒例の日帰り温泉に寄りました。今回は「元湯 雄山閣」さんの日帰り入浴です。今回も最高の泉質でした。

なまはげの口から間欠泉のようにお湯が出てきます。源泉から噴き出すままみたいです。

お風呂の底や壁には湯の花が蓄積しています。こんなふわふわは初めて。(写真の掲載許可をいただきました)

うっかりしていてもうひとつの露天風呂に行きそびれてしまいました。今度は本をもってゆっくり浸かりたいなあと思いました。

雄山閣さんは古い建物で、長い廊下を降りながらお風呂に向かいます。「日本秘湯を守る会」の会員のお宿でした。この会の温泉は先日の強首温泉といい、泉質がとても良いです。

このあと「里山のカフェ ににぎ」に行きました。そして、AKIBI plusの活動を知ります。

男鹿といえば「なまはげ」。なまはげ館は次回行く予定なので今回は寄らず、毎年2月に開催される「なまはげ柴灯(せど)まつり」で有名な真山(しんざん)神社に、最後に行きました。真山神社の方々(神主さんや巫女さん)はとても気さくに話しかけてくださり嬉しかったです。笑顔で「秋田市にお住まいですか、そうでしたら来年の柴灯まつり、お待ちしていますね!」ですって。来年行くしかないですね。

柴灯まつりで実際に使われたなまはげ Namahageのお面。当日は臨時便が出るみたいです。そして雪の中の行事なのでとても寒いそうです。雪と炎と、山から荒々しく降りてくる数々のなまはげ。これは是非みてみたい!

For the first time I went to "Oga", located in Akita. Oga is very famous for "Namahage" festival, is a japanese traditional folklore.

I enjoyed day trip bath of Oga-Onsen. Oga-Onsen contains salt compounds and its effects us good for our skin. You can look much of "Yunohana", something white, minerals of Japanese hot springs.

Oga has seasonal sea harvests. One of them, I enjoyed "Ishiyaki", cooked by inserting heated hot stone into the wood-bucket with seafood.

本日は晴天

本日の秋田市は晴天でした。いつも曇りのどんよりした日が多いので気持ちよかったです。

秋田市は高い建物が少ないので空がとても広く見えます。

夜ベランダに出ると、大阪や東京とは空気が違います。木の香りがします。近くに森があるわけでもなく、いつもどこから香りがやってくるのだろうと不思議です。

このまま秋田駅前まで歩いて探検に行きたいなあと思いながら、家に戻って仕事をしました。片頭痛ぽくなり、これ以上ひどくなったら薬を飲まなくては。
地元の活動に参加してきます

先々週、久々に進行中の全てのお仕事のご返事が週明けに重なり、ぽっかり空いた土曜日に男鹿へ行ってきました。男鹿は”おじか”ではなく、”おが”と読みます。(男鹿はなまはげ発祥の地)男鹿日帰り日記は後日改めて書くことにして、今回は私の秋田孤独生活から脱却になるか!?ということをお伝えしようと思います。

男鹿からの帰り道、ずっと行ってみたかった里山のカフェ ににぎに寄ってみました。古民家を改造した素敵なカフェ。ホタルを観る会や生ハムをつくるイベントなど、面白い企画を色々されています。

たまたまカフェに置いてあった 「辺境芸術最前線〜生き残るためのアートマネジメント」 というタイトルのチラシをみつけました。 そこには文化庁・秋田公立美術大学(秋美)主催のアートマネージメント育成事業『AKIBI plus』という活動が紹介されており、しかも6月に一般人も参加可能な講演会があるとのこと。私がまさに興味がある分野!地元の昔ながらの暮らしを学び、アートとむずびつけていくという活動です。

ドキドキしながら、AKIBI plusの男鹿地区のコーディネーターをされているににぎの店主・猿田さんに色々尋ねてみました。(猿田さんは知り合いのデザイナーさんに似ていて、とても親近感がありました) 男鹿のフィールドワークは車がないと厳しいとのことでしたので、後日事務局に他の拠点(秋田市と五城目)に参加希望を出しました。今週金曜日夜にキックオフの講演会が秋美で開催されるそうなので、是非参加したいと思っています。ちなみに秋美は2013年にできたてほやほや、東北では唯一の公立の美大とのことでした。地元の方にいろいろ教わり、最終的に何か貴重な得難いことを共有できたらなあと思います。

初めて地元の方とお話しできる機会、ずっと孤独な生活でしたので(仕事的に仕方ないのですが)、楽しみです。

今週来週いっぱいは2日に1個締切がくるペースですが、しっかり精一杯やらせてもらって、そして秋田にじわじわ喰らいついていこうと思います。私の得意なスッポン作戦です。

初めての田沢湖

先月5月に「たざわこクラフト市」に行ってきました。年1回のイベントでどうしても行ってみたかったのです。

まず、「田沢湖」とは。 昔地理の授業で聞いたことがあるくらいなのでWikiで調べてみました。

・最大深度は423.4mで日本第1位
・180〜140万年前に爆発的噴火でできたようだ(謎が残る)
・かつてクニマスが生息していたが、戦時中に近くを流れる玉川(湯治で有名な玉川温泉)の水を引き入れると、その強酸性の水によってクニマスは絶滅してしまった

とあります。

湖といっても琵琶湖のようなものだろうと思っていましたが、実際に訪れてみると、その美しさといったら、、、観光客がほぼおらず、ゴミもなく、静かな空間に何層も重なりあう水面とその雄大さにしばし見惚れてしまうほど。以前住んでいた瀬戸内海とはまた違うブルー、、、マゼンダを混ぜたようなブルーは初めてでした。

さて、話をたざわこクラフト市に戻すと、会場は秋田県仙北市の木造校舎「思い出の潟分校」で行われました。廃校になった昔の校舎を今はイベントで使ったり一般公開しているそうです。

朝10時からスタートでしたが、どんどん人がやってくるので9時過ぎにはオープンされていました。秋田中から人がやってきたかのような混雑ぶり。10時にはどっと人が入り、上の階にあがる際に人数制限をしていました。帰るときには車が駐車場に入れず列を作っていました。

写真の教室で、ブランチに山菜汁と焼きおにぎりとコーヒーをいただきました。

様々なお店がはいっていて、買いたいものはなかったのですが、雰囲気はばっちり楽しめました。

帰宅途中に、恒例の日帰り温泉に寄ります。この日は夏瀬(なつせ)温泉。田沢湖から車で15分くらい。舗装されていない砂利道をひたすら車で登っていきます。本当にここで大丈夫かな?と思っていると、人里離れた場所にひっそりありました。

掛け流しの温泉は、写真のように温泉に含まれる成分でこのような塊があります。

熱い湯船とぬるい湯船があり、ゆっくり長時間お湯を楽しむことができます。前回の恐首温泉の時のように湯疲れしないよう気を付けました。(写真掲載の許可をいただきました)

後で知ったのですが、夏瀬温泉「都わすれ」は高級で大人気のお宿でした。山の中に隔離された空間、上質の温泉、お部屋には個別に温泉がついているようです、少し軽井沢の雰囲気に似てる感じがしました。新緑が風に揺られ、葉がこすれる音を聞きながら、爽やかな風を感じ、何とも言えぬ気持ちのよい場所でした。

ちなみにここは乳頭温泉郷・十和田・八幡平国立公園内(秋田・岩手の名湯がたくさんある地域)にある予約が取れにくい人気のお宿「妙乃湯」と同じ経営母体でした。ホテル内の調度品は若干マダム調ではありますが、とてもきれいにされています。

また機会があれば是非このホテルに泊まってみたいと思いましたし、友人が来た際ここなら喜んでもらえると思いました。日帰りだけでも十分な場所です。

お昼過ぎには秋田市内に戻り仕事に入りましたが、いい気分転換になったようで、新鮮な気持ちで取り組むことができました。最近は温泉巡りが私にとっての一番の息抜きになってきました。

I went to Lake Tazawa for the first time. Lake Tazawa is a caldera lake in AKita. It is the deepest lake in Japan at 423 metres. It's has very beatiful landscape. The area has several hot spring resorts and the one of them, " Natsuse Onsen " I enjoyed.
5月の最終日

近所の公園にたくさんの蓮華が咲いていました。

全国的に暑いというニュースを聞きます。秋田も今までに比べると暑くなってきていますが、まだTシャツ1枚は肌寒いので上に何か羽織っています。

明日から6月。早いものです。秋田にやってきて2ヶ月が経ちました。

家の近所を歩いた際、今まで住んだ都市に比べて人が圧倒的に少ないことに驚きました。人の気配がありません。店舗に入ると遭遇しますが。道路脇の雑草がバラエティーに富み、大きく生き生きと生えています。カラスの巣を初めてみました。また街灯が少なく、夜は結構真っ暗です。

秋田の温泉と自然はやっぱり心が癒されるので、近いうちに男鹿(おが)や横手・湯沢など遠出してみたいです。南下して山形の酒田市のラーメン巡りもしてみたいです。

あとは”人”とのつながりをどう作っていくかが課題です。家で仕事をしているとなかなかつながらないですね、、、宅配の人だけどんどん顔なじみになっていきます。

秋田新幹線の真実

私の脳内にだいぶ秋田マップができてきました。そしてすっかり秋田の自然の美しさに魅了され、再び東京や大阪に住むことがあればつらいだろうなあと思い始めている自身の変化が面白いです。あれだけ大阪を離れるのはつらかったのですが、変わるものですね。兎に角も雪が降らない今の時期の秋田はとても良いです。心身健康になっていく感じがします。

初めて観た秋田新幹線です

 

知らなかったのですが、秋田新幹線は単線を走る区間(田沢湖線)があります。上の写真は新幹線が走った線路。

秋田新幹線は、秋田駅〜大曲(おおまがり:花火で有名)間は単線が2つ並ぶ「単線並列」という区間で、大曲〜盛岡(岩手)間は写真のように単線なんだそうです。また秋田駅から大曲区間は座席が進行方向と逆なんだそう。大曲駅でスイッチバックします。
Wikiによると、秋田駅から盛岡駅まではあくまで在来線であり新幹線でないそうです。初めて知る事実にびっくりしました。
盛岡で東北新幹線のはやてとドッキングし新幹線になります。
秋田生活での抱負

秋田には一杯温泉があります。市内にも本物の温泉があります。

今遠出ができない状況なので、せめて近場の温泉に行きたいと思い源泉名「秋田温泉」日帰り入浴施設「温泉センターりらっくす」に週末行ってきました。車で10数分。施設の雰囲気はスーパー銭湯風ですが、泉質は無色透明のトロトロでした。

 

まだ秋田のなんらかのコミュニティーに入っていませんので地元の知り合いがゼロです、、、悲しいですが、落ち着いたら積極的にいろいろな方にお会いしたいです。

また先日の大阪の個展で感じた”初心に戻る”必要を感じていて、昔は半年で300枚、500枚の絵を描き、その時間が今の創作に大いに役立っていることを痛感しています。落ち着いたら自由に絵を描いて発表していきたいなあと思います。

まずは一球入魂で入稿していきます!お仕事ありがとうございます。

Akita has its good many hot springs and  I went to the nearby hot springs "Relux". The spring quality is chloride spring and this melts me down.

雪国のロマン

これをみて「あ!」と思われた方は、NHKドキュメンタリー「72時間」のファンでいらっしゃるかもしれませんね、、、

2015年に放送された「秋田・真冬の自販機の前で」を大阪で視聴し、なんとも言えぬ雪国のロマンを感じ感動した回でした。そしてまさか自分がこの地の近くに住むことになろうとは・・・

自宅から近いです。秋田駅からJR奥羽本線(おううほんせん)で一駅目「土崎駅」が最寄駅です。
放送時にこの販売機を運営されていた 船舶食料商「佐原商店」 が廃業され、今は近くの道の駅「あきた港」に移転され現役で動いています。今でも多くの人が途切れることなく列をつくっていました。七味は当時と同じく上からぶらさがっていましたよ。
写真を撮ってもいいですかとお聞きしたら、なんと機械の中まで撮影させてもらいました。
個展前に行きました。あのときの修羅場の心境は鮮明に覚えていますが、今ではいい思い出です。
秋田 強首温泉

秋田を調べれば調べるほど、温泉天国であることがわかります。秋田にいる内に全ていくことができるだろうか?と心配になるくらいです。

今までにない感覚として、秋田は11月頃から2月一杯まで雪に覆われるそうなので、今動けるうちに満喫しておかなくては!というものが自分の中で生まれてきました。(もともとせっかちの質ではあるのですが、、、)

写真は、先日日帰りで行った強首(こわくび)温泉 樅峰苑(しょうほうえん)。許可を頂いて撮影しました。

まさに純粋の掛け流し温泉。塩素の匂いが一切せず、鉄の香りと口にはいったお湯がしょっぱいのが特徴的でした。ちょうどよい温度なのでいくらでも入れます。11時から一番に入ったので貸切状態。なんて気持ちよいのだろう、さすが秋田だと思っていたら、温泉から出ると体がとてもだるくなってきました。温泉は体を元気にしてくれるのでは・・・?どうやら湯疲れしたようです。初めてでびっくりしました。

強首温泉の宿。 大正6年に完成し国の登録有形文化財に指定されているそうです。宿に泊まらないと中の見学は難しいみたいでした。
温泉の周りはのどかで、春の匂いがプンプンします。近場の温泉がこれだけ強烈でしたので、乳頭温泉や玉川温泉等はどれだけ個性的なお湯なのか、開拓していくのがとても楽しみになってきました。

このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。