イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
「横手はカシマサマラッシュ! 知る人ぞ知る女神編」

おそらくどの本にも掲載されていないカシマサマが横手にいます。
そのカシマサマの作り替えを取材させていただきました。
その前に、県内を走り回った様子もリポートします。秋田の自然をお楽しみください。

近況

ここ数日はかなり濃い取材をたくさんさせていただきました。dosojin.jpのブログに沢山書きたいです。取材以外にも、ご紹介したいことがたくさん貯まってきました。
今少しお仕事に集中しており、しっかり入稿できたらどんどんアップしていきます!展示準備も進めていかねば。

7/24(水)のトークイベントでは、私の「息抜きコーナー」があります。小松さんによる道祖神の濃密トークがメインで、「息抜き」として私のゆるい時間が10数分あります。前回は「イケメン&かわいいベスト3」をやりました。おかげさまで好評いただき、小松さんのトーク分をいくらか「息抜き」コーナーへ移植してきて、今では20、30分になりました。
今回もゆるいテーマにしようと模索しています。「今まで食べた美味しい&まずい食堂ベスト3」「ハプニングベスト3」「衝撃ベスト3」・・・私たちのスタイルは「足で稼ぐ」取材なのでネタ元がたくさんあります。さて、どうしようか、悩みます。

トーク(予約制)の詳細はこちらからどうぞ!
http://kamomebooks.jp/event/2570.html

イベントの受付がスタートしました!

ギャラリーのかもめブックスさんのWEBにて展示&イベント詳細がアップされました。

小松さんの悶絶トークが光る大好評の「スライド&トークイベント パート2」の受付もスタート!先着60名様(すでにご予約いただいているので50数名様ほど)となります。どうぞお楽しみに!

 

かもめブックスさんで2015年、個展を開催させていただきました。当時私は大阪在住で、同地を拠点とし、またかもめブックスさんのギャラリーをディレクションされたondo galleryさんに多大なるご協力を賜り実現したものです。

 

4年前の展示でたくさんのことを学ばせてもらい、今でもその「学び」が生きています。いつかまた、かもめブックスさんで展示できたらなあと思っていた矢先、ちょうど「村を守る不思議な神様2」を準備してた際、かもめブックスさんに「刊行記念のイベントをしてみませんか」とお声をかけて頂きました。4年前はまさか自分が秋田に住み、秋田にハマるなんて考えもしなかったのですが、今度は「秋田の神様」で展示する機会を頂戴しました。

 

4年後の自分は果たして何を感じるのか気になります。焦りすぎて何もみえないかもしれませんが、次の4年をどう生きていこうか、否、何があるかわからないですよね、少なくとも自分と向き合い様々感じてみようと思います。
今回はたくさんの神様に支えてもらっているので、力強くめげずにいってみようと思います。

「村を守る不思議な神様2」の発売日が決定!

7月23日まで走り続けます!

詳細はこちらからどうぞ!
https://dosojin.jp/blog/1871/

これで無事入稿!?

「村を守る不思議な神様2」の入稿が無事、昨日終わりました!実は一昨日入稿していたのですが、若干の誤りが発見され、昨日急ぎでtobufuneさんに修正してもらい、おかげでよりわかりやすく、ブラッシュアップできたと思います。これでもう大丈夫かと。

 

東京で7/23から開催する原画展&トークイベントのステートメントを準備し、ギャラリーの方にお渡ししました。今までの展示ではDMを作りましたが、今回はナシで、SNSやWebで情報発信していきます。

 

新作Tシャツもneccoさんに厳しいスケジュールでお願いしてしまいましたが、今回もカッコよくデザインを仕上げていただきました。(イラストは強烈です)Tシャツに初めて「黒色」を導入いたします。ギリギリ、トークイベントに間に合いそうです。

 

また秋田の食材「いぶりがっこ」と「はちみつ」を、それぞれ「ワラニンギョウのいぶりがっこ」と「おにょさま・はちみつ」として東京に持っていきます。秋田のきれいな空気と水、そして集落で大事に奉られている神様が育んだ、ANP選りすぐりの逸品です(手作り・無添加)。

 

東京でのイベントに向けてやること満載ですが、久々ですのでとても楽しみです。
余談ですが、同イベントに向けて先日髪を切りにいきました。「アーティストとしてみてもらいたい」とオーダーしたところ、いつもより数段「アーティスト風」になりました。そして完全なる「非モテ系」になりました。果たしてこれでよかったのか、いつもの方がよかったのでは、と女性として何度も葛藤していますが、展示なのだからこれでよかったのだ、と思うようにしています。
どうぞお楽しみに。


このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。