イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<お仕事>装画「神の島のこどもたち」中脇初枝氏著(講談社)

昨年出版された中脇初枝氏著「神に守られた島」の続編「神の島のこどもたち」の装画を担当させていただきました。

物語は奄美群島の「沖永良部島(おきのえらぶじま)」が舞台。戦争を生き抜く子供たちの姿が描かれます。原稿を拝見したとき、戦争の時代背景があったり、奄美文化の独特なイメージがあったりし物語に入っていく際に少し時間が要りましたが、一度入ってしまうと、もう、という感じの世界観です。当時は秋田の素朴な魅力にハマっていて他にあまり興味が持てない時期だったのですが、奄美の青い海と主人公たちが逞しく生き抜く力が強烈に伝わってきて、初めて秋田を出て南の国へ行ってみたいなあと心が引っ張られたことを思い出します。

・前作の装画のご紹介:http://5.hacco.hacca.jp/?eid=1414306

・小説現代連載時:http://5.hacco.hacca.jp/?eid=1414215

 

前作「神に守られた島」で主人公の少年・マチジョーが戦後、様々な事情でヒロイン・カミと別れてしまいます。今作「神の島のこどもたち」では、高校生になった少女・カミを中心に物語が展開します。

戦後、沖永良部島は沖縄と共にアメリカの軍政下に入ります。日本へ戻りたいと復帰運動が活発になっていき、一時は他の奄美群島が先に復帰する話が出るなどしますが、結果的に島が一丸となって1953年に本土復帰が実現されます。同物語を読むまで奄美群島が一緒に復帰できてよかった、と思っていましたが、そこには大人の事情があったり、「復帰のために大事なものを見捨ててよいのか?」と考えざるを得なくなったり、今に通じる問題が様々あったのでした。

またカミがマチジョーと再び会うことはできるのだろうか、というのも気になる焦点でした。所々にマチジョーの気配を感じるのですが・・・。私は当初から同物語に関わらせていただき、最後は涙なくしては読むことはできませんでした。(ゲラを外で読まなくてよかった・・・)

 

山羊は同物語では外せません。ちなみに沖縄でも山羊を食べるそうです。

 

イラストの話になります。今回一番大切だったのは前作と並べて「対」となること。「対」になりつつも、それぞれが個としっかり立てること。前作は色を沢山使いましたが、今回はえいや、と色を切り取りました。モチーフの蝶は沖永良部島でよくみられるユリタテハやシロオビアゲハです。そして風になびくサトウキビの様子。

 

この度は編集のAさん、Oさん、デザインの坂野さん、そして中脇さん、一緒にお仕事をご一緒させていただきありがとうございました!

ご縁の時期

上は雪の拡大写真です。
コロコロしています。

今月は不思議と、以前からお世話になっている方々からお仕事のご用命が続いております。この傾向は個人的にとても珍しく、今がそういう流れなのかもしれません。覚えてくださっていてとても嬉しく思いました。一方で新しいご縁で生まれたお仕事も進行しております。2月いっぱいまで、頂戴しているお仕事と、人形道祖神の制作と、二足の草鞋でフル稼働で駆け抜けます。

道祖神続編、制作が遂にスタート

秋田市ではここ最近雪が降ったり降らなかったり。昨年に比べるとだいぶ暖冬だと思います。

 

人形道祖神の続編制作が遂に始まりました。そして、思い出しました。昨年焦りまくっていた日々を。そして「コツコツやるだけ、いつか終わりがみえてくる」という自分を励ましていた言葉を。
入稿と共にあのときの気持ちをすっかり忘れていた私は今再び同じ感情に襲われています、、、、、

 

ANP(秋田人形道祖神プロジェクト)の小松さんから原稿が上がってくると、「どのような絵を添えたら読者の皆さんにイメージをお伝えできるか」「小松さんの世界感をより強く感じていただけるか」など妥協なしで徹底的に考えるのが本の成功への近道、ということで日々やってみています。どうか道祖神の世界観が伝わりますように・・・

 

小松さん曰く「前作と同じ感覚で書けません」。本当にその通りで、前作は「取材してすぐ執筆」という状況でしたので半端ないリアル感がありましたが、今回は取材後から時間が経過していること、またANPの知識や経験値がとても増えたことで、今までと同じようにはもう書けないのだと、続編をスタートさせてからしみじみ感じています。とはいえ悲観するより「今だからできる」ものを目指すべきなのだと思います。
私達の全ての力を注ぐ続編を、どうかご期待くださいませ。

<お仕事>ショートストーリーの連載 最終回

2014年4月からスタートした斎藤由香氏「ショートストーリー」がついに大団円を迎えました。
※直近の同お仕事の挿絵はこちらから>> http://5.hacco.hacca.jp/?eid=1414343

様々勉強させていただいたお仕事で、窮地の際はデザイナーの坂川さんに支えてもらいながら、最後まで描き上げることができました。
次回から季刊誌に変わります。デザインが一新されるそうです。楽しみです!

1月の感じ

新年早々フル活動しております。ありがたくもさまざまお仕事をいただいていおり、頭を何回も切り替えながら制作しております。一方で道祖神の続編にもそろそろ着手しないと、と胸がドキドキしております。事前にスケジュールをしっかり引いていますが、それが崩れると全てがダメになる綱渡りの状況です。また同時平行で「dosojin.jp」の立ち上げをデザイン事務所のneccoさんの強力バックアップをいただきながら進めています。

続編が落ち着くまでゆっくり遊びにいくのは厳しそうです。まずは5月一杯まで本に集中し、その後はグッズ展開や展示作品づくりなどに力を注ぎます。そして7月には続編と道祖神の絵の新作をもって、いざ東京へ。いろいろ決まってきましたら、「dosojin.jp」にてお知らせいたします。


このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。