イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
小掛ショウキサマ編ブログ後編をアップしました

小掛ショウキサマ編のブログ後編をアップしました。切り口を変えて同じブログをツイートでご紹介しました。

託された思い

11日、13日、14日、と3日間に渡る連続取材が無事終わりました。予定外の取材が2日入った為、遅れを取り戻すために帰宅後に仮眠を取り、イラスト制作をしました。

本日とても印象的なことがあったのでメモをとります。

2018年から、私は人形道祖神の魅力にはまり、「この貴重な文化を県内外に広く伝えていきたい!」と考え活動しています。活動中はとても楽しく、どうしたら興味を持っていただけるだろうかとワクワクしながら試行錯誤をしていました。「ただただ自分が人形道祖神が好きだから」という理由でしたが、本日神様を作り続けているSさんとお話する機会があり、「自分はショウキサマやカシマサマを作る方々の思いも背負っているのだ」と強く認識することがありました。

現在、Sさんはほとんど全ての時間を、展示用の神様の制作に掲げていらっしゃいます。「10年後にはこの大きな神様は作れなくなると思う。俺たちがこうして神様を作っていたことを、しっかりと記録してほしい」と話すSさん。「今朝頼んでおいた骨組みが届いたんだよ」と、ブルーシートで覆われた骨組みをみせてくれました。すぐ横に立つ神様と同じくらい大きかったです。作業場には腰巻やタラなど、展示用と翌週に控える本来の作り替え用のものと、コツコツ時間をかけて作られていました。Sさんのまっすぐな願いが胸に突き刺さり、思わず涙がこぼれてしまいました。

首都圏での展示を成功させたい、改めて、気持ちを引き締めます。やり残したことはないか、他の切り口から伝える方法があるのではないか、道祖神の絵をもっとブラッシュアップできるのではないか、など思考を止めず考え続けなくては、と思いました。

6月はとにかく取材に走る

11日は平日でしたが、朝から湯沢へ取材に。セミがそこら辺で鳴いているにも関わらず、眼前には春の風景が広がります。自然豊かな環境がとても気持ちよかったです。取材も大変有意義でした。最近はブログやスライドトークショー用に積極的にインタビューさせていただくようになりました。これも秋田のイントネーションが少しわかるようになったからこそ可能に。それにしてもブログで書きたいことがたまっていくので少し焦ります。早めに2回分はアップしたい。

 

本日よりイラストをガンガン描いていくことになりました。よし、明日も頑張って描こう!と思っていたら取材が入りました。心の中では「行きたい」と「やめておいた方がよい」と2つの声がせめぎあいます。決断は果たして・・・

取材再開!

先日ついに取材を再開、大興奮しました。なんといっても「小掛のショウキサマ」は私が大好きな神様のひとつ。首都圏の会場に展示できたら・・・!と思っており、どんどん完成する姿をみているうちに、ものすごい会場になるかもしれない、とゾクゾクしてきました。

写真は本物の小掛のショウキサマと、ショウキサマからインピレーションを頂き描いたポップな神様。

今月来月は取材の予定が入ってきました。ブログが追い付かない・・・でもこの感動を伝えていきたい、イラストも描かなくては、来月の県内展示&イベントの準備も・・・理想にどれだけ追い付けるか、今から執念の見せ所です。

少し夏日和

一気に衣類を冬から夏へ入れ替えしました。

先日は楽しいイラストラフ制作をし、人形道祖神のおかげでユニークで「攻め」の表現ができたなあとしみじみ思いました。個人的に表現の「伸びしろ」が狭くなってしまうと息苦しくなりつらいのですが、逆に増えるとその間を埋め尽くすようにどんどん描きたくなります。今はきっと、自由に描きまくり発表していきたい時期なのだと思います。

 

人形道祖神について。

先日dosojin.jpのブログで「ニンギョウサマのお導き」をアップしたところ、いつも取材でお世話になっている方のお力もあり、他のニンギョウサマを祀る地区でも気にしていただいていることを知りました。ニンギョウサマの作り替えはまだまだ取材しきれていないでので色々お話を伺いたく、また、知られざるニンギョウサマの魅力を県内外に広く伝えていかねば!と思いが募ります。

 

6月の全日曜日は、取材がキッチリ入りました。やり抜けたいです。

 

そして、コロナの状況下で厳しいかもしれないと思っていた、「秋田人形道祖神の原画展」が秋田県内の図書館で開催される運びとなりました。詳細が決まりましたらお知らせいたします。道祖神のディープな世界に浸っていただけると幸いです。


このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。