イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
秋の気配

秋田市内は急に涼しくなりました。秋田ではそろそろ稲刈りシーズンを迎えます。黄金たわわの、あの美しい田園風景を皆様にもみていただきたいです。

今週土曜日には大仙市南外で人形道祖神のトークイベントとワークショップがあります。https://dosojin.jp/event/4033/

現在怒涛の勢いでイラストを制作中です。人形道祖神をたくさん描いたおかげか、制作スピードも以前より早くなり、イラストのテイストもメキメキ変化してくれています。

さて、先日取材で大変お世話になった皆様に完成した冊子をお送りいたしました。その際のエピソードをご紹介します。

 

来週、東京に行きます

来週18-19日に東京へ行きます。その為今イラスト制作に邁進中です。(スケジュールを調整してくださった皆様、ありがとうございます!)

 

「秋田の人形道祖神」に関してイベントやお仕事等、ご興味ありましたら、可能性を探っていただくためにも、当方が東京滞在中(18-19日)にお会いしていただけるような機会をつくりたいと考えています。「私たちがどんな活動をしているのか」「信頼しうる存在なのか」等知っていただきたいという趣旨です。当日状況が変わっていきますが(先約の関係で厳しくなったらすみません)、まずはお気軽にご相談くださいませ!お問い合わせ先:https://dosojin.jp/contact/

 

秋田人形道祖神展、本日最終日

遂に最終日を迎えました。長かったようであっという間でした。

様々な作家さんの作品も刺激的でした。
私が実際に使っている作品をご紹介します。

先日魁デジタルにて紹介されたことがきっかけで、人気爆発のじゅんさい工作舎さんのじゅんさいアクセサリー。可愛すぎます。詳細はこちらhttp://nakamarket.jugem.jp/?eid=1093

星耕硝子さんのガラスの器。普段に使っていますが、手に載せた感じ、光があたる感じをみていると、心に小さな幸せ感が生まれてきます。勿論、使い勝手抜群。http://nakamarket.jugem.jp/?eid=1090

花背waraさんのイヤリングも愛用中です。本物のワラを使い、ここまで完成度が高いアクセサリーはいまだにみたことがありません。http://hanasewara.com/

他にも素敵な作品がズラリ。本日最終日ですのでこの機会に是非。

9月14日、大仙市南外にて人形道祖神イベント・ワークショップ開催

本日は今月14日に開催されるイベントの打ち合わせがありました。

大仙市地域おこし協力隊のかのうさんとのコラボイベント。かのうさんの企画力と実現していく力に感銘を受けました。私たちANPはスライド&トークの内容をどうしようか話し合い、かのうさんのご意見を伺いながら、「荒沢地区のショウキサマのすごさを地元の皆様と共有したい」「他の地域のユニークな神様を知っていただきたい」という目標を掲げ、大仙市の神様をメインにスライドを組み立てていくことにしました。

個人的には南外民俗資料交流館にあるショウキサマ(女神)の作り替えを拝見できることに大きな喜びを感じています。今年3月末の取材では下荒沢の男神の取材に集中していたため、女神をじっくり拝見できなかったのです。

また南外の特産品であるそば粉を使った雑穀カレーも楽しみ。詳細は下記からどうぞ。

ふと考えてみる

9月。今週は珍しく打ち合わせが並んだ週となっています。いつも一人制作なので、一つの目標を掲げ複数の方々と話し合う機会はとても新鮮です。

 

上の写真はユカリロ編集部さんの冊子4種(先月の写真)。現在小松クラフトスペースさんでも絶賛発売中。今月はユカリロさんにお声を掛けていただいた「ローカル」なプロジェクトが始動します。以前東京や大阪に住んでいた頃は「ローカルってなんだろう?」と漠然と思っていましたが、実際に「ローカル」な場所に居ると、新しい経験や価値観が刺激的で「ローカルの方こそ新しい何かを発信できるかも」と思うようになりました。

 

最近秋田花柳界を牽引されている若勇さんや、秋田で大人気の中華屋・盛さんに立て続けに「すっかり秋田の人になったね」とお声を掛けていただくことがありました。「私なんてまだまだです」とその度に思うのですが、ローカルな土地に住み、その土地の魅力に惹かれ、追い続けることの意義を考えるようになりました。

「すっかり秋田の人になったね」というお言葉は、ANPの小松さんと、小松さんファミリーの皆様の存在なくしては生まれてこなかったはずです。いつもありがとうございます。


このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。