イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
小掛取材、そして・・・

日曜日は取材に行ってきました。午前中は小掛のショウキサマの作り替え。今年はコロナで縮小型の行事だったそうです。トラクターでショウキサマをそれぞれの祠に運ぶ様子に感動。おじいさんが狭い道をドドドドドドドドドとトラクターを運転していく姿はとてもかっこよかったです。

そして、小掛といえば私が尊敬する長老の小玉さんがいらっしゃいます。小玉さんが私の顔を覚えていてくださっていて感激でした。日中、木陰の元でお話を色々伺いました。小玉さんの言葉の重みが印象的で、感動し目頭が熱くなることもありました。https://dosojin.jp/blog/10867/

 

小掛を後にし、11月開催の秋田県立近代美術館(以下、近美)での展示に向けてリサーチの初動に出掛けました。場所を確認するだけ、もし道祖神をみることができたらラッキーだ、という位でしたが、阿仁合コミューンの長谷川さんのご協力で詳しい地元の方々と我々をつなげてくださり、かなり本気の取材体制に。山を2個、歩いて4か所の祠をみてまわりました。気づけば真っ暗。クマに逢わずに本当によかったです。

 

夕食に小松氏とインドカレーのお店に。近美のシナリオをどうするか、「菅江真澄のコレとつなげて、AプランとBプランがこうなって・・・」と閃いていくものをとにかく話しました。小松氏「それ、菅江真澄の日記みたいですネ」と感想を聞き、手ごたえを感じながらアレコレ頭の中でグルグル考え、まず大まかなシナリオを自分でつくってしまい、3通りくらいに膨らむかな?そのために今日の取材内容を頭に叩き込んで、取材し書き留めた言葉を選んで・・・そして小松氏に正確さや史実面でサポート&意見をもらいながらガッチリ進化させていこう、とおおよその流れをイメージしました。このあとには、たくさんの絵の制作が待ち構えていますが。膨大な労する時間に心臓がキュッと縮んでしまいましたが、何事も楽しんでいくことが大事!と心配性の自分の心を奮い立たせました。

 

翌日、仕事上でミスが発覚。滅多にないのに・・・自信喪失です。(ご迷惑をおかけした皆様、すみません!)リカバリー&交渉を重ねており、なんとか仕上げていきたいです。企画・進捗管理・制作・・・一人で抱える量の限界をいつのまにか超えていたようです。(でもなんとかやりぬきます)

焼き鳥

 昨日も暑かったです、、、

 道祖神の線画を久々に描き起こしました。描いている途中に突如影の表現など新しい発想が生まれ、「絵は成長するんだなあ」としみじみ思いました。既に描いているものと調子を合わせる必要はありますが、昔は描けなかったこの感じ、なかなか気に入っています。

 ANP小松氏から連絡で「秋田のアカデミックな場でも『人形道祖神のことを知りたい』という気運が生まれている」ことを知りました。私の理想は、<1>参加する学生のみなさんに向けて簡単なレクチャー、<2>本当の道祖神取材に同行してもらう、私たちはめちゃくちゃ本気取材、そして学生さんをフォローしつつ(事前に先生方と取材目的、仮説を伝えておく。)、<3>取材後に解説、という流れです。果たして集落の方に了承いただけるのか、学生の皆さんがいきなり本番に入ってしまっていいのか、課題は山積み、賛否両論はありますが。でもこれが「リアルな道祖神の世界」であり、とてもワクワクする時間なのです。

 

 昨日は突然「焼き鳥」を食べたくなりました。秋田には焼き鳥が美味しいお店が多く、個人的には「比内地鶏だからでは?」と考えています。お酒を飲めない私は一人で焼き鳥屋さんに入りにくく、しかし頭は焼き鳥で一杯、本日夕方にテイクアウトの予約をしました。夕方に散歩がてら焼き鳥の受け取りを楽しみに、本日も制作に励みます。

暑さがぶり返す

 本日は暑かったです。外に出ると暑い空気に驚きました。

 出掛ける直前に道祖神新作グッズのサンプルが届きました。明日、太陽光の元で冷静にもう一度確認し決めることにします。細かな色のニュアンスは仕事柄とても気になり、何度も刷り直してもらいやっとここまで来ることができました。少し安心しました。

 夕方、首都圏の美術館に置かせていただく道祖神グッズのテレビ会議があり、関西、関東、秋田の3か所から参加。これから詳細を詰めていくことに。neccoさんのお力を借りてグッズの仕上げも進めていきます。

 山梨から秋田の人形道祖神を車で見に来られた2人の女性とお会いしました。岩崎のカシマサマ、吉田のワラニンギョウ、藤倉のニンギョウサマ、鶴形のショウキサマ、山田のジンジョサマ等、書籍を片手に地元の方に連絡を取ったりしたそうで、彼女たちの本気度が伝わってきました。お2人の満足気で少し興奮している様子に「うら若き2人の女性が、道祖神を本当に好きになってくれたんだ」と嬉しく思いました。

 「温泉もよかった!」とおっしゃいます。山梨もいい温泉が沢山あると聞きますが、「山梨の温泉ともまた違う」そうで、今度山梨の温泉に入ってみたいと思いました。

 

 週末は制作を詰め込みつつ、もしかすると取材が入るかもしれません。来週にはそろそろ近美の展示に向けてリサーチに入りたいところです。(でないとシナリオができず、結果的に制作が遅くなり状況が大変厳しくなる。)

新作グッズ 開発中

 先月動いていたものが一気に形になってきました。

 昨晩neccoさんに制作を依頼していた道祖神グッズのデザインが届きました。ファイルをあけてみると「カッコイイ!!!」。感動しました。しかもデザインの良さだけでなく、その先、目的や展開していくブランドイメージも考えてくれるのでさすが「信頼のneccoさん」です。7月末に道祖神を首都圏の美術館へお連れした際、neccoさんと具体的な打ち合わせができて本当によかった!としみじみ思いました。

 

 秋田のお土産には、「日本酒」や「いぶりがっこ」、「一の穂(しとぎ豆がき)」など美味しいもの系、秋田犬の可愛らしいぬいぐるみ系、曲げわっぱの弁当等伝統工芸系は様々あるのですが、デザイン系やアート系のものが手薄だと感じており(私自身「欲しい!」と思う秋田ならではのものがなかなか見当たらず)、この辺に今回のグッズが該当すると考えています。ミュージアムショップにあるようなとんがったデザイン(私は大好きです)、秋田では奇抜すぎて果たして受け入れていただけるのかわかりませんが、何事も挑戦です!今回の制作の様子は近日中に公式ブログにアップ予定です♪

 

 

夏の終わり

 秋田もそろそろ夏が終わりそうです・・・

 下記は取材したい作り替え行事が同じ日に重なってしまい、あちらこちら飛び回った1日でした。ふと様子を見に行った下鍋倉の鹿島流しが予想以上に素晴らしいこともわかり、時間を調整して1日に3回も行きました。見事なお囃子の音色に我を忘れてしまうほど。秋田には「シャイな人が多い」と聞きますが、このお囃子を聞くと「本当にシャイなの!?」と思います。

「カシマの夏、秋田の夏(後編)」ブログを小松さんがアップ。取材と用事を兼ねて1日で秋田県南の7か所を巡り、個性的なカシマサマ揃いの熱い1日でした。 ・木下(きじた)のカシマサマ(横手市十文字) ・下鍋倉の鹿島流し(横手市平鹿町)・・・3回 ...

宮原 葉月さんの投稿 2020年8月31日月曜日

このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。