イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 焼き鳥 | main | 撮影 >>
小掛取材、そして・・・

日曜日は取材に行ってきました。午前中は小掛のショウキサマの作り替え。今年はコロナで縮小型の行事だったそうです。トラクターでショウキサマをそれぞれの祠に運ぶ様子に感動。おじいさんが狭い道をドドドドドドドドドとトラクターを運転していく姿はとてもかっこよかったです。

そして、小掛といえば私が尊敬する長老の小玉さんがいらっしゃいます。小玉さんが私の顔を覚えていてくださっていて感激でした。日中、木陰の元でお話を色々伺いました。小玉さんの言葉の重みが印象的で、感動し目頭が熱くなることもありました。https://dosojin.jp/blog/10867/

 

小掛を後にし、11月開催の秋田県立近代美術館(以下、近美)での展示に向けてリサーチの初動に出掛けました。場所を確認するだけ、もし道祖神をみることができたらラッキーだ、という位でしたが、阿仁合コミューンの長谷川さんのご協力で詳しい地元の方々と我々をつなげてくださり、かなり本気の取材体制に。山を2個、歩いて4か所の祠をみてまわりました。気づけば真っ暗。クマに逢わずに本当によかったです。

 

夕食に小松氏とインドカレーのお店に。近美のシナリオをどうするか、「菅江真澄のコレとつなげて、AプランとBプランがこうなって・・・」と閃いていくものをとにかく話しました。小松氏「それ、菅江真澄の日記みたいですネ」と感想を聞き、手ごたえを感じながらアレコレ頭の中でグルグル考え、まず大まかなシナリオを自分でつくってしまい、3通りくらいに膨らむかな?そのために今日の取材内容を頭に叩き込んで、取材し書き留めた言葉を選んで・・・そして小松氏に正確さや史実面でサポート&意見をもらいながらガッチリ進化させていこう、とおおよその流れをイメージしました。このあとには、たくさんの絵の制作が待ち構えていますが。膨大な労する時間に心臓がキュッと縮んでしまいましたが、何事も楽しんでいくことが大事!と心配性の自分の心を奮い立たせました。

 

翌日、仕事上でミスが発覚。滅多にないのに・・・自信喪失です。(ご迷惑をおかけした皆様、すみません!)リカバリー&交渉を重ねており、なんとか仕上げていきたいです。企画・進捗管理・制作・・・一人で抱える量の限界をいつのまにか超えていたようです。(でもなんとかやりぬきます)

COMMENT










このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。