イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< GWが終わり、 | main | 決意の髪切り >>
6月にむけて

6月の制作状況が少しずつ決まり、とても厳しくなりそうです。青ざめています。過去にもやれたし、やれるはず、やるしかない、本当にやるしかない・・・(と、心を落ち着かせてみる)。今できることは、業務の視覚化です。みえるようになれば、なんらかの対処ができます。

また7月上旬にはどうしても上京しなければならない役目があり、1週間ほど滞在予定。これさえやりぬけば、あとは自由!

 

話変わりますが、昨日久々にドキュメント72時間 「秋田・真冬の自販機の前で」(再放送)を観ました。初めて同番組をみたのは秋田に来る前、3年前の大阪時代。「東北は大変な所だ・・・」と他人事で観ていましたが、その数か月後、自分が実際に住むことに。番組に登場する場所や人々の様子から、今では「秋田だなあ・・・」となんとなく近く感じるものがあります。見方が変わったことが新鮮でした。

NHKの新日本風土記「スペシャル 『松本清張 鉄道の旅』」も観ました。秋田も出てくるかなと思いみていたのですが、実際は出てきませんでしたが、懐かしい石見銀山(島根県大田市)の町並みがでてきました。世界遺産になる前に何度か行ったことがあります。町並みが守られている理由を番組で初めて知り、思わず感極まりました。また松本清張の「砂の器」に登場する出雲の方言と東北の訛りが近い、ということにも驚きました。

COMMENT










このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。