イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 6月20日 | main | 最近の動きをちらほら >>
初夏のひととき

今月は制作で頭が一杯でしたが、先日150点の挿絵を入稿を終え、少し落ち着きを取り戻したので、7月に集中する道祖神取材や、東京での展示に向けてANP小松さんと打ち合わせをしました。7月は殺人的な取材攻勢になります。見逃したくない貴重な作り替えが沢山あります。二人で「これは忙しくなるな・・・」「やりきれるかな・・・」と若干不安に。そして7月最後の取材を終えた翌日に東京へ飛びます。

 

写真は小松さんとの打ち合わせ時に「生グソ」で有名なかき氷屋さんにいったときのもの。ちなみに「生グソ」とは「生グレープフルーツのかき氷にソフトクリームをトッピング」したかき氷のことです。このときは制作が間に合うか不安で一杯でしたが、「かき氷を食べていきませんか」と小松さんのお誘いに心が強く惹かれ、行ってみました。久々にほっとした時間となりました。こういうひとときも大事ですね。制作の活力になります。(小松さんは生レモン、私は生メロンを注文しました)

 

先日印象的だったエピソードを。
取材にはアポ取りが必要です。私はこのアポ取りができません。なぜならば・・・秋田言葉のイントネーションがわからないからです。まるでフランス語のように聞こえ、電話ではなおさら厳しく、いつも小松さんにお願いしています。先日横手市大森の末野のショウキサマを作っていらっしゃるSさんに電話をすることがありました。「今年も作り替えを取材をさせていただいてもいいでしょうか」と小松さん。Sさん「(連絡を)待ってたよ!」と有難いお言葉が。そして、作り替えの後行われる直会(なおらい)にて、今年湯沢市岩崎で行ったようなトークイベントをしてほしいとご要望をいただきました。末野の皆様に向けて時間を短くしたものを準備する予定です。

 

ちなみに「村を守る不思議な神様2」では末野のことを書いています。まさに「村の大イベントに潜入取材」です。どうぞお楽しみに。
ではでは、本日も制作がんばります。

COMMENT









Trackback URL
http://5.hacco.hacca.jp/trackback/1414402
TRACKBACK

このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。