イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 季刊誌「カラフル」挿絵「流氷ゆらゆら」 | main | 今の欲望 >>
anan「言葉のチカラ。」特集号 最果タヒさんエッセイの挿絵

真っ黒な背景に登坂広臣さんがいるカッコイイ表紙が目印、anan『言葉のチカラ。』特集号。最果タヒさん著「詩となる言葉」のイラストを担当させていただきました。言葉を流れ的なもの、ふわふわした感じ、繋がっていく感じ、塊の感じ、など想像し自由に描いてみました。

自分が中学生や高校生の時に同エッセイを読んでいたらどうなっていたかな、とふと思いました。今だから頭にストンと入っていく言葉たち。当時は理解することは難しかっただろうなあと少し甘酸っぱい気持ちになりました。

COMMENT









Trackback URL
http://5.hacco.hacca.jp/trackback/1414359
TRACKBACK

このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。