イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 人形道祖神Tシャツを作っちゃいました | main | <挿絵>小説宝石「トラの受難」 >>
トークイベントが終わり日常へ

先週の日曜日に上記冊子の発売記念として、秋田駅前でトークイベントを開催しました。おかげさまで一部・二部とも満員御礼となりました。ご来場くださった皆様、ありがとうございました!(上記写真はneccoの夏井さん撮影)

 

トークがあまりにもマニアックなので、果たして楽しんでいただけるのか・・・とドキドキしておりましたが、イベント終了後に皆様とお話しさせていただいた際、いつもクールなある女性の方が、お顔をにこにこされて「おもしろかった〜!」とおっしゃっていただけたことが印象的でした。共著の小松さんのトーク力は流石だなあと思いました。

 

トークでは冊子に入りきらなかった取材の様子、小ネタ、書けなかった事、などリアルな話が勢ぞろいで、2時間の長丁場でしたがお楽しみいただけた様子を知りよかった!!!と思いました。「私もまわってみたい!」というお声も多々頂戴しました。県外の皆様、秋田に是非いらしてください。ものすごくディープですよ。県内の方も「知らなかった!」というお声が多く、地元の魅力を知ってもらえて嬉しかったです。今後もお声をいただければ全国でイベント開催していきたいと思います。

 

ANP(秋田人形道祖神プロジェクト)はとりあえず当イベントで緊張の糸が切れ、お互い日常に戻りつつありますが、これからもやるべきことが沢山あります。まず、続行している取材のこと。各集落で年1回開催されている行事にできるだけ合わせて取材しています。既に次巻の書籍化が可能な(!?)ボリュームがみえてきています。また、公式サイトの準備もあります。来週neccoさんと打ち合わせしながら、コンテンツの構想に着手中。そして、様々な方からお声を掛けてくださり、イベントへの参加などが少しずつ決まってきています。

 

個人的には、公式サイトでコラムなど発信していく為、昨日から始まった「ライティング講座」に通い始めました。秋田経済新聞の千葉さんが講師を務められ、参加者は女性9名・男性1名。私は千葉さんが昨年講師を務めた類似内容の講座を受講しており、その経験で劇的に文章がよくなったので、さらなるブラッシュアップを図ります。「道祖神冊子のコラムは宮原さんが書いたの?小松さんがかなり校正してくれたのでは」と千葉さん。千葉さんは私の文章のひどさを知っています。「史実の校正はしてもらいましたが、他は自分で書きました」と伝えると千葉さんは驚いていらっしゃいました。今年は大半の参加者が若い女性なので、昨年のおじさまが多かった雰囲気とはまるで違います。華やいでいます。

 

今週来週イラストのお仕事の〆切が続いていますので、ANPとイラストの両立、しっかりやり遂げてまいります。

COMMENT









Trackback URL
http://5.hacco.hacca.jp/trackback/1414304
TRACKBACK

このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。