イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< <秋田・五城目展示>ツアー報告・次回ツアー予告! | main | <ご報告>1月に秋田市内で行われた講演のこと 生まれて初めてのスピーチ >>
<秋田・五城目展示>次回1/28(日)ツアー予告!

1月11日から秋田・五城目のギャラリーものかたりで開催されている『ど思ったば、カケラだった。』展が今週28日(日)にいよいよ終了します。そして最終日の午前中に最後のツアーが開催されます。

この日のツアーのラインナップは下記の通りです!

<矢田世津子の世界>

五城目が生んだ美貌の作家、矢田世津子について学びます。五城館内にある矢田津世子文学記念室を訪問。彼女は1936年に小説『神楽坂』が第3回芥川賞候補になりました。室内では「堕落論」「白痴」などで当時人気作家となった恋人・坂口安吾との手紙のやりとりを閲覧することができます。ガイドを務めるMさんの「矢田世津子の恋バナを知っていただきたい!」という強い思いで実現しました。

<老舗のやまひら薬店さんを見学>

やまひら薬店さんは2017年末まで続いた老舗薬店(100年以上と言われているが詳細は不明)です。現在の湖東厚生病院(八郎潟町川崎地区。昭和40年代に現在地に移転統合)がかつて近隣にあった当時は24時間営業していたことも。秋田県立博物館の学芸員さんよると、当時の「薬店」では薬剤師が常駐せず店主がお客との対話で処方を決めていたそう。薬事法の規制により現在は「薬店」という形態はありません。

またやまひら薬店の奥様は芸術文化に明るく、現役当時は陶芸、茶道、能舞など他分野に通じておられ、収集した書画などとともにご自身の創作品を多数収蔵されています。当ツアーでは貴重な作品を拝見させていただきます。

<お昼頃、料理のプロによる鍋を試食>

前回は王道のきりたんぽ&だまこ鍋を試食しました。だまこをみんなで丸めて作った本格派でした。今回は何鍋になるかお楽しみに!

 

『ど思ったば、カケラだった。』展 
日時:1月11日(木)―28日(日) 
※毎日曜日(14・21・28日)午前中にツアー開催(予約不要・無料) 
会場:ものかたり(秋田県南秋田郡五城目町) 
http://akibi-plus.jp/topics/2200/

COMMENT









Trackback URL
http://5.hacco.hacca.jp/trackback/1414262
TRACKBACK

このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。