イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 11月五城目の山 木の案内人と共に歩く その2 | main | <お仕事>「カズオ・イシグロ読本―その深淵を暴く」(宝島社)挿画 >>
<イベント>秋田市で焼き芋イベントに参加します!〜mag 3周年記念企画としてオジモイモ屋と共催のイベント〜

突然ですが、今月23日(土)にエリアなかいち近くのmagさんで開催される焼き芋イベントにdrawing担当として参加いたします!

日頃からお世話になっているカメラマンの高橋 希さん(オジモンカメラ主催 https://ozimoncamera.tumblr.com/)は、焼き芋を焼く「オジモイモ屋」という別のお顔をお持ちで、今まで定期的に焼き芋イベントを開催しておられます。ちなみに先月のイベントでは焼き芋が完売するほどの人気でした。そのときの記事はこちらhttps://akita.keizai.biz/headline/2887/

そして12月23日、秋田市でシェアオフィス業を展開されているmagさんが株式化されて3周年とのことで、「mag 3周年記念企画として、オジモイモ屋と共催のイベント」が開催される運びとなりました。そして当イベントの宣伝チラシのイラストを私が担当させていただくことになり、今急ピッチで制作しております。当日は焼き芋だけではなく、お菓子や生ハムのおいしいお店が揃うかもしれないとのこと。随時当ブログでお伝えいたします。

高橋さんのご提案で、焼き芋を包む新聞紙にドローイングさせてもらうことになりました。オジモイモ屋さんとのコラボ企画。お客様の似顔絵ではないけれど、似顔絵的な、数秒で描き抜くまさにドローイングです。もちろん無料です。絵描きとして大いに学ばせていただこうと思います。今人の顔を瞬時に捉えられるよう毎日練習しております。当日までに間に合ってほしい・・・(上のイラストというよりはもっとアート的なイメージ。)

下の写真は拙宅でチラシの打ち合わせをした際、高橋さんが試作で焼いてくださったお芋たち。(イベント当日は同じ種類のお芋とは限りません。別のお芋も出てくるそうです。ご了承のほどよろしくお願いいたします。)持ってきてくださったときはホクホクでしたが、冷えても美味しい。そして家で焼くのとはおいしさがまるで違います!※写真は手でちぎった形状です。

シルクスイート
ほどよい甘さ。水分が多め。焼き芋の王様かも。

べにきらら
中が黄色で、かぼちゃのような風味。さつまいもにもこんな種類があったのですね!かぼちゃ好きの私としてはナンバーワンでした。個性があるので好き嫌いが分かれるかも。

クイックスイート
とーても甘いです!びっくりしました。私は甘いのが好きなので何本でも食べることができます。

 

We'll hold the Yaki-imo event at Mag, Akita city. Yaki-imo means "baked sweet potato". At this event I'll draw portraits on the paper-bag to put Yakiimo.

COMMENT









Trackback URL
http://5.hacco.hacca.jp/trackback/1414246
TRACKBACK

このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。