イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 8月の秋田 | main | 大曲の花火大会に行ってきました >>
<お仕事>「ガラス天井のひらきかた」装丁イラスト

「ガラスの天井」とは、Wikiによると資質又は成果にかかわらずマイノリティ及び女性の組織内での昇進を妨げる見えないが打ち破れない障壁である 。 当初は、女性のキャリアを阻む障壁のメタファーであったが、現在は男女を問わずマイノリティの地位向上を阻む壁としても用いられるようになった言葉です。

昨年末にプレジデントウーマンの働き方の多様性("diversity")の特集ページのイラストで「ガラス天井」をイメージしたものを描いたことがあり、何かとご縁があるキーワードだと思いました。そのときのイラストがこちら↓

「ガラスの天井のひらきかた」では、著者のいつかさんが今まで直面された「ガラスの天井」的なエピソードを軸にストーリーが展開されていきます。

幸いにして今の仕事で自分が女であることで不条理を感じたことはないのですが、この本を読むことで様々な女性が直面するリアルな「ガラスの天井」を知りました。サブタイトルはこちら↓

「ガラスの天井に阻まれる女たち」

「恋愛、結婚、出産に縛られない」

「あなたの成長を喜ばない人たち」

「現代社会をうまく生き抜く処方箋」

イラストの方向性はお任せいただき、上記のように空に浮かぶ天井をめがけていくVer、塔を登っていきガラスの天井に辿りつくVerをつくりました。いつかさん、編集のYさん、大変お世話になりました。ありがとうございました。

COMMENT









Trackback URL
http://5.hacco.hacca.jp/trackback/1414222
TRACKBACK

このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。