イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< <お仕事>桐島洋子さん著 挿絵「あなたの思うように生きればいいのよ」(KADOKAWA) | main | 秋田の大雨 >>
土崎港曳山まつりに行ってきました

昨晩急遽、秋田の土崎港曳山まつりに行ってきました。

土崎港は家から車で15分ほどの距離です。曳山(ひきやま)まつりとは、18世紀から続くユネスコ無形文化遺産にも指定されたお祭り行事です。毎年7月の20・21日に開催されます。土崎地区の各町内会に曳山(祇園祭でいうところの山車のようなイメージ?)があり(総計20数台)、それらが町内を練り歩きます。

昨晩は「もどり曳山(ひきやま)」と言われる、お祭りの中でもクライマックス。 相染町の御旅所で集結した曳山が各町内へ戻っていく様子を観ました。

急遽行くことが決まったので何も調べておらず、どこに行けばよいのか、どこが見どころなのか全くわからず右往左往しました。この日は暑く、立っているだけで汗が出てきます。久々の人の熱気。とりあえず祭の本部前で待機していたところ、次々曳山がやってきて秋田音頭を披露してくれました。

東北には夏のお祭りがたくさんあります。
来月には竿燈(かんとう)まつりがあります。青森のねぶた祭り、仙台の七夕まつりと共に東北三大祭りの1つとされています。 たくさんの提灯を一人で持ちあげながら歩くあの有名なお祭りです。夜近所を歩くとお囃子を練習する音や、竿燈を持ちあげる特訓の姿があちこちでみることができます。他にも行ってみたい行事がたくさんあります。秋田にいる内にさまざまなお祭りを体感しなくては!

COMMENT









Trackback URL
http://5.hacco.hacca.jp/trackback/1414219
TRACKBACK

このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。