イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< イラストのこと | main | 7月の秋田 >>
AKIBI plus 「秋田芸術新聞編集部員ゼミナール」第1回の講義に参加

先日AKIBI plusの秋田市のゼミに参加してきました。会場は中通りという市内の中心部にある秋田経済新聞の建物で、夜に開催されました。先日買った自転車であっという間に到着。講師は秋田経済新聞の千葉さんです。

ここで何を学ぶのかと申しますと、そもそもの趣旨は「秋田でアートマネジメントができる人を育てる」でした。アートマネジメントに必要なPRの方法を、報道記事の書き方を通じて学んでいこう、というのがこのゼミナールの目的です。(アートマネジメントの)PRとは、何らかのアート活動を、金銭を発生させずに記者にニュースとして取り扱ってもらうアプローチのこと。

このゼミに参加し、思っていた以上に”伝えるための書き方を学べる”と思いました。日頃文章を書くのはこのブログと、お仕事のメールくらいです。ブログは自分で書きやすいように書くだけですし、メールもより簡潔にわかりやすくくらいにしか意識していません。もしかすると、このブログに変化が起きるかもしれませんね、、、

久々の講義、とても新鮮でした。私は一気に情報が入ってくると、それを理解するスピードがおそらく人よりも遅いのでちょっと不利です。情報が頭の中で少しふわふわしてしまい、ひとつでも理解に躓くと、次が入ってきません。そのためとにかく理解よりも先に聞こえてくる言葉をノートにしたためました。(あとで思い出すことができるように)

参加者はなかなかユニークなメンバーのようです。ほとんどお互いお話しできていませんが、秋美の学生さんは1人だけ。あとはエンジニアのおじさま2人と、グラフィックデザイナーのおじさまと、私と同じように大阪・東京を転勤されている女性と、ライターをされている女性と、そして私の7名です。男性3名、女性4名。秋田出身が4名、秋田以外の出身が3名。

講義が始まる前にみなさん当たり前のように「ブリコ」「ブリコ」と言っていることに、初めてアウェイ感を受けました。恥ずかしかったですが知らないものはわからないので「ブリコってなんですか?」と聞いてみました。おじさま「魚の卵だよ」私「なんの魚ですか?」おじさま「ハタハタの卵だよ」ということで納得しました。ハタハタはさすがにわかります。秋田にはかかせない魚で、しょっつる(魚醤)にも加工されます。

講義が終わり、そのまま解散で家に帰りました。夕食を食べた後、早速課題にトライ。課題はこの日のゼミを新聞調に書くのですが、自分があまりにも理解できていないことに愕然としました。わかった気になっていたみたい。仕方なく、自分でノートに書き留めたキーワードをつなぎながら、報道とは程遠い、自分で物語を紡いでいく情けない作業となりました。報道記事までの道のりは遠いです。

COMMENT









Trackback URL
http://5.hacco.hacca.jp/trackback/1414213
TRACKBACK

このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。