イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< The Holiday用某企業との最終コンペ | main | <お仕事>anan 開運レッスン特集号 >>
先日の「船と装丁」の展示

tobufuneの小口さんとコラボした「船に乗れ!」の装画をご紹介します。

I drew for the books  "Ride on the ship!"

These stories are about high‐school students's life to try to be classical musician.

 

そもそもどんな物語なのか、簡潔にお伝えできる方法をと思いwikiで調べてみました。

『船に乗れ!』(ふねにのれ!)は、藤谷治による日本の青春小説。2013年に舞台化される。

チェロを専攻する高校生・津島サトルが主人公の青春音楽小説で、「合奏と協奏」「独奏」「合奏協奏曲」の三部作から成る。

中年の主人公・サトルの視点が時折挿入されることで、サトルが高校時代を回想していることがさりげなく示されており、読者はサトルの青春と恋に未来が無いことを分かった上で、青春力全開でありながら哀しい物語にどんどん引き込まれていく。また、オペラ鑑賞やオーケストラの練習風景などが、サトルの言動を借りて初心者にも分かりやすく平易に立体的に語られ、音楽とは無縁の者も物語に引き込むこうした技術は、派手なストーリーや展開に対して目立ちにくいが、これを軽々とこなしている作者は称賛に値し、最も良質な青春小説である。

2010年、本屋大賞にノミネートされ、第7位にランクインした。

高校生の青春音楽小説、その中で主人公達のキラキラした楽しい時間、自己と向き合う苦しさ、未来は決してハッピーエンドではない予想など、エンジンがかかると一気に読み込んでしまうストーリーです。

 

第1巻「合奏と協奏」は津島サトルとチェロ。

瑞々しさ、穏やかな感じ、キラキラした感じを表現しました。

He is the main character " Satoru ", learning the cello.

The image is " Freshness ". He and his cello.

 

 

第2巻「独奏」は今までの世界が破壊されていく様子。主人公の恋の相手・南 枝里子の、激しい怒りと衝動をイメージ

枝里子とバイオリン。

She is his love, learning the violin.

The image is her furor and their calm life goes broken.

 

第3巻「合奏協奏曲」は、大人になったサトルをイメージし、再生していくイメージ

サトルとチェロ

He is grown-up Satoru. The image is " restoring his life by himself"

 

 

最終日打ち上げに参加しました。

tobufuneのみなさん、一緒に参加した作家の方々とお会いでき、

一緒にゼロから作り上げていくことの大切さをたっぷり感じました。

貴重な機会に参加できて嬉しかったです!
COMMENT









Trackback URL
http://5.hacco.hacca.jp/trackback/1414180
TRACKBACK

このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。