イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< <小説宝石・挿画>犯人はヤス | main | <PONTOON連載>「蜜蜂と遠雷」第44回 >>
<PONTOON連載>「蜜蜂と遠雷」第43回



現在、幻冬舎の月刊小説誌「PONTOON」で連載中の恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」の挿画を担当させていただいております。
この連載は、同社「星星峡」から今年1月にお引っ越したもので、挿画を担当させていただくにあたり、今までのストーリーを一挙に拝読し、万全に準備してからのスタートとなりました。一挙読みした際、「なんて贅沢な時間なのだろう」としみじみ思いました。あ、このシーンを描きたかったな、と涙がついついこぼれそうな場面も多々ありました。

とある国内のピアノコンクールに参加している、様々な事情や思いを抱えたコンテスタントたちのストーリーです。才能あふれるハンサムなマサル・カルロス、かつて天才少女と騒がれた栄伝亜夜、そして得体がしれない風間塵という三人を主軸として、ストーリーが展開していきます。

PONTOON上の第一回は、「ピアノ」をわかりやすくイメージした構図にしました。

A serial story titled  "Bee and Distant thunder" by Onda Riku in a periodical "PONTOON" of Gentosha

In this story,
several participants in a international piano competition compete and are growing each other.

「蜜蜂と遠雷」vol44はこちら>>>
COMMENT









Trackback URL
http://5.hacco.hacca.jp/trackback/1414014
TRACKBACK

このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。