イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< <小説現代 挿絵>裸のお姫様と召使いの話 | main | <PONTOON連載>「蜜蜂と遠雷」第43回 >>
<小説宝石・挿画>犯人はヤス
 


第七回小説宝石新人賞を受賞された、麻宮ゆり子さんの小説「敬語で旅する四人の男」の続編です。「犯人はヤス」のヤスはだれ!?と、前作のファンとしてわくわくしながら拝読しました。
前作は真島くんが主人公、今作は前回にも登場していた、真島くんの会社の先輩・繁田という男性が主人公です。そして、舞台は京都。思わずイノダコーヒーをみにいこうかという衝動が起きました。

様々なシーンが豪華に乱立していて、どのイメージにするか相当悩みました。結果的には、繁田さんの気持ちに添っていく方向にしました。
読後、繁田さんの思いがじわっと伝わればいいなあと思いました。

Title: Yasu is the one who did it.
Yasu is the nickname of the son whose father is the leading character.
This story is about " a bond between father and a child" and " the leading character and his ex-wife".

「敬語で旅する四人の男」の挿画はこちらから>>>
Click here for related information about previous work
COMMENT









Trackback URL
http://5.hacco.hacca.jp/trackback/1414013
TRACKBACK

このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。