イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 描いていて思うこと | main | ヱヴァQ >>
選挙に行ってきました
こないだの日曜日は選挙でした。
東京での会場は久しぶり。やはり、東京は人が多いですね!
たかが一票かもしれませんが、
念を込めて投じてきました。

電力自由化を実現して、
”脱原発”を進めてくれると思う政党に投票してきたのですが、
残念ながら、違う政党の圧勝でした。
電力自由化が実現できれば、だいぶ変わってくると思うのですが。。。
道が遠のいた感じがいたします。


日本はこれからどうなるのか、
今は大きな不安を感じています。

自民党の計画では、
これ以上国の借金を増やせないのに、
公共事業に200兆円以上をつっこむそうです。
(ちなみに、今の国民一人当たりの負担額はおよそ770万円)
お金の使い方を、今までのようなバラマキではなく、
もっと頭を使ってほしいと切実に感じています。


原発も、三年以内の再稼動を目指すそうです。
原発といえば、もんじゅ。
トラブル続出で運転が止まっていましたが、
来年度の再稼動を目指しているそうです。
高速増殖炉もんじゅは、かつて夢の原始炉と言われていたそうですが、
アメリカやフランスはその実用化を諦めたほどの代物です。

1995年には冷却材であるナトリウム漏洩による火災事故を起こし、
(いざ、発電しようとした矢先の事故でした)、
10年以上停止状態(そして一時隠蔽され)、
2010年に炉内中継装置の落下事故が起き、
その危険度はかなり高く、何度も引き上げに失敗しながら、
今年の6月にやっと引き上げに成功しました。
(もし失敗してナトリウム爆発が起こってしまっていたら、
関西や中部地方では人が住めなくなっていたかもしれないそうです)
その費用にざっと21億円かかったとのこと。
http://jp.wsj.com/public/page/0_0_WJPP_7000-491503.html?mg=inert-wsj

ちなみに、今までに費やされてきた費用は、
事業費、人件費、固定資産税含めて、1兆円以上かかっています。
維持費だけでも、年間200億円以上。
冷却用のナトリウムは冷たくなると固まってしまうそうで、
それを温める費用が高いのだとか。
そして。。。その間の発電量は、ゼロ、です。

もんじゅ以外でも、
福島第一原発事故の収束はまだ終っていません。
原因究明も、まだできていません。
4号機の燃料プールには、使用済み燃料が1535本あり
大きな地震によって建物が倒壊すれば、冷却できなくなり、
最悪メルトダウンがおこれば、そこから火災が発生し、
人類が今まで経験したことがない惨事となります。
震度6以上が襲うと、非常に危険な状態になるといわれています。
東京での大地震が騒がれている昨今、
私が一番危惧しているのは、福島第一原発です。


なにやら、不安ばかりが大きくなって
思いの丈をぶつけてしまいました。

選挙の一票は、希望の一票でもあり、
そのことを、今、改めて痛感しております。
これからも諦めずに、脱原発に一票を投じていくつもりです。
COMMENT









Trackback URL
http://5.hacco.hacca.jp/trackback/1413932
TRACKBACK

このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。