イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 最近受けた衝撃 | main | 久々に。。。 >>
<読書>「原発の、その先へ ミツバチ革命が始まる」 

ここ数日のブログのアクセス数が、hacco的に大きく増えてびっくりしております。
何かありましたでしょうか・・・?ドキドキ。

さて、最近読んだ本の中でとても感銘をうけたものがありましたので、ご紹介いたします。
「原発の、その先へ ミツバチ革命が始まる」
鎌仲 ひとみ氏著(集英社)



とても読みやすく、とても勉強になって、とても感動しました。

映画監督の鎌仲 ひとみさんが、イランで使われた劣化ウラン弾を取材したことがきっかけで”被ばく”をテーマに映画を撮っていくエピソードや、青森の六ヶ所村のプルトニウムを取り出す再処理工場を巡る地元の方とのお話、スウェーデンで実践されている”地域でエネルギーを地産地消する”活動、そして、山口県の祝島での”上関原発を建てさせない”運動についてなど、内容は多岐に渡ります。

決して強い口調ではなく、やさしく、愛情をもって、粘り強く制作していく鎌仲さんの活動に感銘を受けました。自分の信念を貫いていく人々の姿と、人が動かされるのは”愛”である、ということが伝わってきて、何度も涙が浮かんできます。より多くの方に読んでいただきたいです。Amazonの「原発の、その先へ ミツバチ革命が始まる」はこちら>>>

<ご参考>
鎌仲さんの作品は下記の通りです。

●「ミツバチの羽音と地球の回転」(2010)のサイト
新しいエネルギーシフトに向けて、スウェーデンと山口県祝島を取材したフィルムです。

●「六ヶ所村ラプソディー」(2006)
原子力産業の最前線で生きる六ヶ所村の人々を取材したフィルムです。

●「ヒバクシャー世界の終わりに」(2003)
”核汚染の環境のもとで生きる、イラク、アメリカ、そして日本の人々の日常の姿を記録”

COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK

このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。