イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 6月も後半 | main | 粘り >>
「ナタリー」 装丁イラスト



フランスのベストセラー小説「ナタリー」(早川書房)の装丁イラストを、
この度担当させていただきました。
フランスでは1万部売れたらヒットというところを、25万部販売されたそうです。
ひとりで独自にwikiの「”短期間で10万部以上売れた書籍”がベストセラー」を
根拠にすると日本だったら250万部ということかな・・・と
カウントしてみたりします。

かのオドレイ・トゥトゥがこの原作の映画「La Delicatesse」に主演していて、
日本でも早く配給されないかしらん、と待ち遠しく思います。



ハヤカワ・オンラインより抜粋です↓
-------------------------------------------
美しく聡明なナタリーとその夫フランソワは、出会ってから七年間、ずっと幸せに暮らしてきた。しかし、ある日曜日、フランソワは交通事故で他界する。残されたナタリーは、それ以来、仕事に打ち込んで生きてきた。
しかし、ある日その生活は、不器用で飾り気のないスウェーデン人マルキュスによって一変する。数々の断章を交えた独特の手法で描き出される、ふたりの恋の行方は?
フランスで高く評価されたベストセラー。オドレイ・トトゥ主演映画原作。
-------------------------------------------
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/115141.html


最初にお話いただいた編集のNさんから
「実験的な恋愛小説」というフレーズをお聞きしたとき、
電撃が走ったような感覚がしました。
デザイナーのKさんと共に、短期間でも思いきり走りぬけることができたお仕事です。

延々悩み続けて、〆切30分前に閃きと共に描いたイラストもあります。
海外の翻訳の本の絵を、一度でも描いてみたい夢がありましたので、
お話をいただけてとても嬉しかったです。
無事色校ができた際にNさんとKさんとお話できたあの時間は、
お仕事をご一緒にやりぬけたからこそのものだとつくづく感じます。



上は物語に出てくる大事なアイテム。



カバーをとった本書。
このアンティークなハンドメイド感がたまりません。
重さも軽く、通勤でもすっと鞄に入れておけそうです。
軽やかで知的な読み応えがあり、
そして心が潤うようなしっとり・ぽかぽか和やかな物語。
書店でおみかけの際は、手にとってみてくださったら嬉しいです^^

※サイトでも詳細をご覧いただけます
http://hacco.hacca.jp/works/index.html

COMMENT









Trackback URL
http://5.hacco.hacca.jp/trackback/1413884
TRACKBACK

このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。