イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 春うらら | main | レディシロウさんと池袋を歩く >>
<お仕事>イトコー様 haccoの家のロゴ制作

”hacco”つながりのお仕事がついにお披露目になりましたー!
昨年の11月から動き出していたプロジェクトです。
愛知県豊川市にあるイトコーさんが力を入れて進めている”haccoの家”という
家シリーズがあり、そのシリーズのロゴと、パンフレットに使われるイラストを担当いたしました。





とことん大事にしたかったのは、

女性らしくあたたかで華やかな、そして、
ホッコリくるやさしい感じ

です。ぱっとみて、まず色の重なりで目を引いてもらえるものを意識しました。
色の重なりは、haccoの家ブランドの"人とのつながり"も表現しています。
家の形は、haccoの家に特徴的な屋根をかたどっています。
たくさんの柱は、ここに住む方と作り手の方とが、
つながり支えあっていくイメージです。



上記の絵は、イトコーのIさんが私のサイトの絵をみていただき、
「これからおうちに帰る感じがいいなと思いました」
ということで、印象をそのままに、
イトコーさんにぴったりくるよう描いたものです。

イトコーさんの素敵な文章がありますので、
引用いたします。
--------------------------------------------------------

宝物をそっとしまっておく匣 (はこ)

思い出の詰まった手紙が入った函 (はこ)

大事な人への届けるための箱 (はこ)

「はこ」はその中にあるものを守るための入れ物

あなたの大切なものはなんですか?

家族の顔を思い浮かべた方は、ぜひこの家を見に来てください。

家族を守りはぐくみ

家族のきずなを大事にする人たちが住む家

子供たちが育ち

新たないのちが生まれ

また、笑い声があふれる

ずっと、ともに見守っていたい

わたしは hacco

あなたたちを守る 「はこ」 でありたいと思います。

--------------------------------------------------------

実際にhaccoの家を見学させていただいて、
そして、そこに住んでいらっしゃる方のお話をお聞きして、
活き活きと暮らしていらっしゃる様子を知り、
その気持ちの高まりを抱えたまま、
一気に作りました。

イトコーさんとの打ち合わせでは、
建築の専門の男性の方々が多々いらっしゃる中、
ドキドキしながら参加いたしましたが、
haccoの家に対する思いをお聞きしているうちに、
思い切りやらせてください!と最後の方には力がみなぎってきました。

アットホームな雰囲気で、
お客さまをとても大事にしていらっしゃるイトコーさんの姿を知り、
この度はお声をかけていただいて、本当に嬉しかったです。

イトコーさんのサイトはこちら>>>
サイトがリニューアルされています

東三河あたりで家を考えていらっしゃる方は、
一度だまされたと思って(!?)、haccoの家の展示をみられることを
心よりおすすめいたします。
あの木の香り、シンプルな空間は、一度は知っていただきたいと思います。
他の工務店で決まっていたお客様が、
haccoの家を”冷やかし”で見に行ったところ、衝撃を受けてイトコーさんにした、というお話もお聞きしてるんですよ^^


昨年haccoの家を知るために、
相羽建設さんの木造ドミノを見学させていただいたことがありました。
そのときのエピソードはこちらから>>>

東京でもモデルハウスを見学できます。
「木造ドミノモデルハウス」
詳しくはこちらから>>>

COMMENT









Trackback URL
http://5.hacco.hacca.jp/trackback/1413863
TRACKBACK

このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。