イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 地味な生活に、たまにはスパイスを。 | main | 撮影準備 >>
大阪最高の夜

この絵は、今制作しているアーティストTシャツデザインの一部です。
1月には正式にお披露目させていただきます。

さて、先日の話ですが、
人生において、興奮冷めやらぬ最高の夜を過ごすことができました。
それは、
突然東京在住の友人(師匠的な存在でもあります)Yさんから

「大阪のロカリテのライヴに行かない?」

とお誘いいただいたことから始まりました。

「ロカリテ」は、その存在を知ってからというものの、
行きたくてたまらなかった場所でした。
また、先日のライブで、歌の強さにとても感銘を受けたので、
あのときの感動をもう一度!という思いもありました。

お昼過ぎ、徹夜で車をとばしてやってきたYさんとBさんと
ドキドキしながらロカリテに足を踏み入れました。
まず思ったのが、

”この空間、他のお店とちがって何か違う・・・”

うまく説明できないのですが、
凛とした空気感があって、でも居心地がいい感じで・・・
お店の雰囲気にしばし飲み込まれてしまいました。
ロカリテを運営されているご夫婦HさんとAさん・・・
緊張してあまり話せなかったのですが、
なにやらとっても惹かれる”匂い”がいたします。

塩加減が絶妙のポトフと、
ブラックなのにコクコク飲めるコーヒーをいただき、
しばし歓談。
ライブまでまだ時間があったので、
大阪観光をすることにしました。
大阪に住んで三年目ですが、まだ新世界に行ったことがなく、
この機会に行ってみました。

初めてみる通天閣。とても迫力がありました。
なぜか大阪二回目のYさんに案内してもらい、
グル〜と周囲を歩きます。
最後に「串揚げ」をいただきました。
新世界の独特な雰囲気、ファミリーでにぎわう店内・・・
そして一本の道を境に変わる世界・・・
たくさんのことが頭の中をかけめぐり、
このときは心がこんがらがっていたかもしれません。

夜6時からライブが始まります。
この日は太田(高木)友紀さんのライヴ。
ライヴが始まる前、カウンター越しで
真剣にコーヒーを入れるAさんの姿をじっと見つめていました。
どうしても、Aさんに目が釘付けになってしまうんです。

目を閉じて、ライヴをじっくり聞きます。
詞を聞いて、どんな思いやメッセージが込められているのだろう・・・
心を少しでもオープンにして、大事に耳にしました。
歌ってやっぱりすごいなぁ・・・とつくづく思います。

ライヴの後、友紀さんの打ち上げに図々しくも参加させていただきました。
ワインを飲みながら、夜はゆっくりふけていきます。
ロカリテのHさん、Aさん、
友紀さん、ogurusu norihideさん、
LIFTのYさん、Bさん、そしておまけの私の7名です。

この間、笑いころげるようなお話が怒涛の勢いで語られる一方で、
もの(詞、曲)づくりの真摯な思いが語られたり、
私にとって、このとき過ごした時間は、宝石のようでした。
ここにいる方々に少しでも追いつこうと思うならば、
今のままでは居られなくて、
傷ついても這い上がり、とにかく前に進んでいかなくっちゃ、
と強く思っています。

こんな時間が永遠に続けばいいなぁ・・・と思いながら、
そうも現実はいかず、夜中の3時位に
後ろ髪ひかれる思いで、ロカリテのみなさんと別れを告げました。

こうして、大阪最高の夜は終わりました。
でも、また次の素敵な夜を迎えられるよう、
日々真剣に生きていこうと思います。
ああ、そうか!
通天閣初だったんだ。

大阪deepデビューおめでとう!!
今度は一緒に鶴橋にでも行きましょう
lee | 2009/11/03 17:31
lee様

大阪deepデビューしました。
本当に濃い世界ですね。
鶴橋は、駅のホームに立つだけで焼肉の香りがして
驚いたことがあります。
是非、今度一緒に歩きましょう!
よろしくお願いいたします。
hacco | 2009/11/03 23:29
COMMENT









Trackback URL
http://5.hacco.hacca.jp/trackback/1312750
TRACKBACK

このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。