イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
冊子「村を守る不思議な神様」、東京初上陸します!

「村を守る神様 〜あきた人形道祖神巡り〜」が東京に初上陸します!!!


(photo: natsui hitomi necco)

「本当におもしろい本」だけを集めた本好きのためのブックフェア
アノニマスタジオ主催「BOOK MARKET 2018」のユカリロ編集部ブースにて出品いたします!

販売期間:2018年7月28日(土) ・ 29日(日) 10:00〜17:00
場所:台東館6階北側会場 〒111-0033 東京都台東区花川戸2-6-5
http://www.anonima-studio.com/bookmarket/
ANPの出品商品:冊子、ポストカード、Tシャツ

「BOOK MARKET 2018」の出展社は下記の通りです。本好きの方はピンとくるかもしれません。

朝日出版社、アタシ社、アノニマ・スタジオ、warmerwarmer、エクスナレッジ、偕成社、かもめブックス、カンゼン、木楽舎、グラフィック社、京阪神エルマガジン社、工芸青花(新潮社)、作品社、左右社、自然食通信社、信濃毎日新聞社、G.B.、而立書房、青幻舎、誠文堂新光社、大福書林、たつのいえ、タバブックス、地球丸、トゥーヴァージンズ、夏葉社、ナナロク社、西日本出版社、ニジノ絵本屋、PIE international、ハオチーブックス、ビーナイス、藤原印刷、堀之内出版、本の雑誌社、マール社、マイルスタッフ、ミシマ社、港の人、メリーゴーランド京都、ユカリロ編集部、雷鳥社、ライツ社、リトルモア

 

ANPでは冊子の他にTシャツも出品されます!

ドンジンサマ(女神)Version S/M/Lサイズ

小松クラフトスペースさんではSサイズが残り1枚になりました。意外と女性人気!?です。当マーケットではご購入いただけます。

 

末広の鹿島様Version S/M/Lサイズ

Lサイズが人気です。男性に選ばれることが多いです。Tシャツ生地はどちらも厚手のいい素材を使っており、特に男性の場合、裸に直で着ていただいても透けません。

 

neccoさんにTシャツをデザインしていただいたので、背中側にはこんなにかわいいロゴが。

 

そして、ポストカード5種もあります!

 

またユカリロ編集部についてご紹介いたします!

ユカリロ編集部は、秋田在住の二人の女性が営むリトルプレスです。読売新聞で連載を持たれる編集担当の三谷さんと、広告や雑誌などで活躍中のカメラマンの高橋さんのお二人。時に編集・カメラマンの域を超えてイベント企画もされています。ご一緒させていただいたイベントでは、常にその本質を見極めようとされている真摯なお姿に感銘を受けました。
https://yukariro.jimdo.com/

写真は「yukariRo」初号。マーケットではまもなく刷り上がる2号も販売されます。(初号よりさらにマニアックとか。楽しみ!)

当ブースでは、他にも秋田発の「勝手に宣伝組合」さんの冊子など販売されるそうです。このように「秋田」を舞台にした一同のリトルプレスが集まるのはかなりレア。

ちなみに個人的にこれから「秋田」がじわじわ注目されていくのではないかなあと漠然と感じています。その理由は、他地域と比べてとても独特な土地ですが、いまだに全国的にあまり知られていない為です。そしてそのユニークな魅力を発信していく力を身近に感じています。

東京・浅草で開催される「BOOK MARKET 2018」、是非遊びにいらしてください!
トークイベントが終わり日常へ

先週の日曜日に上記冊子の発売記念として、秋田駅前でトークイベントを開催しました。おかげさまで一部・二部とも満員御礼となりました。ご来場くださった皆様、ありがとうございました!(上記写真はneccoの夏井さん撮影)

 

トークがあまりにもマニアックなので、果たして楽しんでいただけるのか・・・とドキドキしておりましたが、イベント終了後に皆様とお話しさせていただいた際、いつもクールなある女性の方が、お顔をにこにこされて「おもしろかった〜!」とおっしゃっていただけたことが印象的でした。共著の小松さんのトーク力は流石だなあと思いました。

 

トークでは冊子に入りきらなかった取材の様子、小ネタ、書けなかった事、などリアルな話が勢ぞろいで、2時間の長丁場でしたがお楽しみいただけた様子を知りよかった!!!と思いました。「私もまわってみたい!」というお声も多々頂戴しました。県外の皆様、秋田に是非いらしてください。ものすごくディープですよ。県内の方も「知らなかった!」というお声が多く、地元の魅力を知ってもらえて嬉しかったです。今後もお声をいただければ全国でイベント開催していきたいと思います。

 

ANP(秋田人形道祖神プロジェクト)はとりあえず当イベントで緊張の糸が切れ、お互い日常に戻りつつありますが、これからもやるべきことが沢山あります。まず、続行している取材のこと。各集落で年1回開催されている行事にできるだけ合わせて取材しています。既に次巻の書籍化が可能な(!?)ボリュームがみえてきています。また、公式サイトの準備もあります。来週neccoさんと打ち合わせしながら、コンテンツの構想に着手中。そして、様々な方からお声を掛けてくださり、イベントへの参加などが少しずつ決まってきています。

 

個人的には、公式サイトでコラムなど発信していく為、昨日から始まった「ライティング講座」に通い始めました。秋田経済新聞の千葉さんが講師を務められ、参加者は女性9名・男性1名。私は千葉さんが昨年講師を務めた類似内容の講座を受講しており、その経験で劇的に文章がよくなったので、さらなるブラッシュアップを図ります。「道祖神冊子のコラムは宮原さんが書いたの?小松さんがかなり校正してくれたのでは」と千葉さん。千葉さんは私の文章のひどさを知っています。「史実の校正はしてもらいましたが、他は自分で書きました」と伝えると千葉さんは驚いていらっしゃいました。今年は大半の参加者が若い女性なので、昨年のおじさまが多かった雰囲気とはまるで違います。華やいでいます。

 

今週来週イラストのお仕事の〆切が続いていますので、ANPとイラストの両立、しっかりやり遂げてまいります。

人形道祖神Tシャツを作っちゃいました

今週日曜日のトークイベントに合わせて「人形道祖神Tシャツ・特設コーナー」が会場の小松クラフトスペースさんに出現しました!左:岩崎の末広の鹿島様、右:小雪沢のドンジンサマ。今気づきましたが両方女神さまです。

S・M・Lサイズの展開です。
一枚で着ても透けない適度の厚さ。しっかり感あります。

それにしても写真にはなにやら気になる存在が・・・

もしかして、人形道祖神様でしょうか・・・?

いえ、実際のワラの人形道祖神は大きくてお店に入りません。この子は小松さんがパプアニューギニアに調査に行かれた際、ゲットされてきたワラの人形です。かわいくないですか!?

「この日のために買ってきたのかもしれません」と小松さん。

また「Tシャツの首元にストールか何かを巻いてみたい」と相談してみたところ、小松さんが世界中から集めてこられた首飾りをご提案いただきました。

その中でも、写真のチョーカーのようなネックレスを発見。「欲しい!」と思いましたがいいお値段です。

小松さんによると「これは大変貴重なもので、もうないんですよ」とのこと。「シェブロン玉」という、ヴェネチアで作られアフリカに輸出されたトンボ玉だそうです。小松クラフトスペースさんにはアメリカ・アジアから集められてきた貴重なお品が沢山あります。

Tシャツから話が逸れてしまいましたが、改めてご紹介を。

販売されているデザインを試着した写真がイマイチでしたので時期をみてもっとかっこいい写真を準備します。とりあえずサンプルで作ってみた下記デザインをご覧ください。岩崎の全面プリントVer。個性Tですが新鮮!かっこいいです。

Sサイズ。身長160cmのお腹が多少ぽっこりでている私が着るとこんな感じ。透けないしっかりした作り。一枚でいけます。

男性はLサイズがおすすめです。

neccoさんに素敵なロゴを作っていただきました!

公式サイトでも発売されますが、先行して小松クラフトスペースさんで発売しています。5000円(税抜)ちなみに上記写真のサンプルで刷ったデザインの価格はまだ未定ですが、プリント代だけでびっくりするほど高い、とだけお伝えさせていただきます。

今年の夏は暑いです。人形道祖神Tシャツでマニアックな夏をお過ごししてみてはいかがでしょうか。

トークイベントに向けて

本日は共著の小松さんが店主を務める「小松クラフトスペース」に行ってきました。neccoさんに作ってもらったTシャツが届いたからです。か、か、かわいい〜〜とマニアックに萌えながら試着しました。Tシャツには表紙の小雪沢(女神)と岩崎の鹿島様のイラストを使ってもらいました。そしてもうひとつ、プリント代が高くなってしまう為サンプル用に作ったVerも素敵!今週日曜日のトークイベントで着て登壇いたします。

本日はTシャツの確認と、トークイベントの打ち合わせをしてきました。小松さんが集めた昔の本に掲載されていた写真をみ、その貴重さにびっくりしました。今はもういない道祖神(または姿形が今とは大きく変わってしまったか)の存在や、当時秋田の人々の服装などに目が釘付けでした。これらの情報が8日のトークイベントでスライドに映しながら小松さんの説明があるので、かなり得難い機会になりそうです。

二人で取材中の道祖神や村人へのインタビューのことを話し出すと、ひとつひとつが強烈なエピソードな為、話が止まりません。トークイベントは予定の2時間で果たしてまとまるのか少し心配。

そして、冊子のこと。ありがたくも県外から多々冊子のお問い合わせをいただいております。昨日は他県からわざわざ秋田にいらして冊子を買われたお客様がいらっしゃったとか。う、嬉しい。「人形道祖神」の隠れファン(!?)の皆様とこの面白さ・貴重さを共有させていただきたいです。

上記写真:右側のお面は、秋田県大仙市太田町にある斉内地区のお面からインスピレーションを得て描きました。斉内のお面群は、アフリカ・アジアの考古学・文化に詳しい小松さんからみても「世界的に大変貴重なもの」だそうです。冊子にお面について詳しい考察とオリジナルのお面マップが掲載されています。

本が刷り上がってきました!

本が刷り上がってきました!秋田県内では下記の書店様と現在準備中の公式サイトでの発売を予定しています。

<現在購入頂ける取扱店舗様>

加賀谷書店(秋田市内:茨島店・東通店)

金喜書店(横手市)

小松クラフトスペース(秋田駅前・オンラインショップ)http://komatsucraft.shop-pro.jp/?pid=132931091 

準備中ですが公式サイトはこちら:https://dosojin.jp/
neccoさんに作っていただいたロゴがかわいいです!(Tシャツにも使われています)

今後の展開としては、neccoさんにコンサルティングを頂きながら、共著の小松さんの詳しい専門知識とわかりやすい解釈を骨格として、私はアートワークで道祖神達を自由に表現していき、「秋田の村を守る神様たち」を多くの方に知っていただき、楽しんでもらえたらなと思います。新しい試みも様々チャレンジしていきます。なにせ初めての事業ですので過去事例がなく、「面白いことをやり続けていく」という感覚が近いかもしれません。

「写真が一枚もない!」と本をめくったお客様によくつぶやかれます。

カメラマンが制作チームにいなかったこともありますが、いつものお仕事のようにわかりやすい絵を描くという職業的に普通の感覚で挿絵を描いていったので「写真がないことが珍しいのだ」と気づかされました。

秋田の人形道祖神界で一番の専門家である小松さんと、秋田各地を小松さんと同行取材した私と、変人と思われるかもしれない「人形道祖神愛」でつくった一冊。こんな面白さは東京や大阪ではないです。ゆっくりゆっくり、じわじわと秋田の人形道祖神を世界に伝えていきたいと思います。

大きな反響をいただいて

写真は7月8日から小松クラフトスペースさん(秋田市)で発売される人形道祖神のポストカードです。上段左から:山内・小雪沢・鶴形、下段:末広・小掛、と沢山の道祖神から選抜して作りました。裏には小松さんの解説付き。なんてマニアック!人形道祖神の魅力をより多くの方に知っていただきたいです。

そして先日ツイッターで7月発売の冊子の告知をアップいたしました。そろそろ少しでも知ってもらわなくては、と思ったのです。すると大きな反響がありびっくりいたしました。ツイッター初心者である私には対処不可能な状況でした・・・

秋田の「村を守る神様」である人形道祖神にこれほど興味を持ってくださったことに大感激でした。

装丁のインパクトが大きかったと思いました。ブックデザインを手掛けてくださったtobufuneの小口翔平さんには頭があがりません。中身は共著の小松さんが書く骨太の読み応えアリ!の文章、道祖神巡りをできるようなマップ(googlemapと併用すると完璧)、そしてカラフルな道祖神と線画のイラストカット付き。

現在公式サイトを急いで準備しております。7月にオープン予定。冊子は当サイトからご購入いただけます。また取扱いする書店さんが決まりましたら順次お知らせいたします。

追加公演・スライド&トークイベント『秋田人形道祖神めぐり』(夕方の部)

冊子「村を守る不思議な神様」の刊行記念として、トークイベントを小松クラフトスペース(秋田市)で開催いたします。先週午後の部をご案内しておりましたが、大変好評をいただき満員御礼となりました。(なんと県外から参加予約された方が何人もいらっしゃいます!)そこで、秋田の人形道祖神の面白さをたくさんの方々に知っていただきたい!と思い夕方の部も開催することにいたしました。

当トークイベントでは、秋田人形道祖神プロジェクト(ANP)が今まで取材をしてきた県内の道祖神のスライドと興味深いその土地の史実や考察をスライドを使ってわかりやすくお話しいたします。冊子に収めきれなかった道祖神やエピソードについてもお話しいたします。

冊子がまだできていないにも関わらず、これほどまで注目いただけるとは、と共著の小松さんと驚いています。とても嬉しいです。

以下トークイベントの詳細です。

午後2時からのトークイベントが満席となりましたので、
追加公演を開催する運びとなりました。

「村を守る不思議な神様」刊行記念スライド&トークイベント
『秋田人形道祖神めぐり』
2018年7月8日(日)午後 5時〜
会場: 小松クラフトスペース
出演:宮原葉月(イラストレーター)、小松和彦(郷土史研究家)
料金:1000円(お土産付き) 要予約
ご予約はイベントページの「参加予定」をクリックしていただくか、メッセージ、お電話(018−837−1118)にて承ります。
https://www.facebook.com/events/1074260572713406/

7月初旬に発売される『村を守る不思議な神様〜あきた人形道祖神めぐり』の刊行を記念してスライド&トークイベントを開催。秋田人形道祖神プロジェクトの2人がこれまでにリサーチした県内各地の人形道祖神をスライドでお見せしながら、そのアートとしての魅力や想定外のエピソードなどについてお話しいたします。

まもなく、完成です

人形道祖神ブック、いよいよ入稿が迫ってきました。死に物狂いのイラスト制作が続いていましたが、少しずつ終わりが見えてきました。

執筆担当の小松さんと絵担当の私。お互いしっかり仕事を仕上げていきましたが、この二人に徹底的に足りないものがありました。

ひとつはデザイン力。この本を秋田県内外や世界に届けようとしたら、一流のブックデザイン力が求められます。そこで、なんと、大胆にもベストセラーを次々世に出しているtobufuneの小口さんに恐る恐る依頼したところ、奇跡的にご快諾いただけました。もう、これだけでいい本になることは間違いなしだと思いました。本文も小口さんがデザイン。贅沢なこと極まりなしです。

そして、二つ目に不足していたことは編集力。小松さんも私も、全く編集の経験がありませんでした。やむをえず私が台割を作り小口さんにページ構成をお願いしていましたが、私の拙さ・力不足を察してくださり、小口さんが編集も請け負ってくださいました。イラストカットを文章に合わせて非常にうまく置いていってくださる。小口さんの一流のお力をしかと体感いたしました。ちなみに下記は小口さんとのお仕事。シリーズ累計で49万部超のベストセラーとなりました。

そして三つ目に不足していたのはキャッチコピー力。
以前当ブログで悩みを吐露しましたが、「秋田」という言葉には残念ながら「京都」ほどのブランド力がなく、また「人形道祖神」も「何それ?」という知名度の為、装丁にキャッチコピーも載せなくてはと思いました。二人でコピーを作るのですが、共にそのセンスは皆無。心に響かないコピーばかりが生まれてきます。このままではいけない、いろいろな方に意見を伺おうと動きました。最初は横浜の高校時代の友人達。彼女たちの助言に助けられました。また追加でキャッチコピーを作る必要がでてきた際は、先日秋田市内で開催されたライティング講座の説明会に出席した際、その場にいらっしゃった方々に率直なご意見を頂きました。当講座で講師を務められる秋田経済新聞の千葉さんにもご意見を頂戴しました。到底思いもつかないようなヒントを頂くことができ、それをもって小松さんとコピーを捻りだしました。「これはいいのでは!?」とにんまり。(プロには到底敵いませんが、二人の出発点と比較すると月とスッポンです)

もうこれだけで大変有難く、みなさまのお力でなんとかブック完成にまでたどり着こうとしていたところ・・・なんと来月小松クラフトスペース(秋田市)で開催する展示会で販売される人形道祖神Tシャツとそのサイト制作をneccoさんにお願いすることができたのです。超アナログ人間の私たちでしたので、まさかneccoさんの最新鋭のネット技術・発想力・企画力・技術力・デザイン力のお力を貸していただけるなんて、と当初びっくりいたしました。う、嬉しい。。。ちなみにこのお話は、neccoさんの事務所で最近大阪出張が増えて本場のたこ焼きにはまった社長の阿部さん方々とたこパをしている中でぽっと生まれました。

こうした経緯を振り返ると、旧と新の対照的なつながりがみえてきます。「旧」の人形道祖神・風習・民間信仰、そして超アナログ人間の私たち。一方で、読み応えある骨太な原稿に対しての今風に大胆に解釈したアート表現の「新」。さらに一流のデザインと最新のIT技術の「新」が支えてくださる構図。面白いです。まもなく本が出来上がります。どうぞお楽しみに。

「ANP」秋田人形道祖神プロジェクト Facebookサイト始まりました

1ヶ月先に開催される展示に先駆けて当サイトを立ち上げました。

詳細はこちらからhttps://www.facebook.com/akitadosojin/

展示までにANPのご紹介と秋田の人形道祖神の簡単なイメージをお伝えできたらと思います。共著の小松さんと毎日できるだけ記事をアップしてまいります。

そして本格的なサイトももう少し先ですが立ち上がります!(尊敬するプロフェショナルの方にお願いしました!)

人形道祖神Tシャツのデザインもお願いしているので、その進捗も併せてご報告いたします。ちなみにTシャツは「折角作るのだから、やり切った方がよいよね!」「インスタ映えするくらいのもの!」など、私が今描いている人形道祖神のアート絵がそもそも強烈風変りなので、どんなデザインになるのやら・・・という具合ですが、なかなかユニーク&シュール&個性&アート的な方向になりそうです。お楽しみに!

まもなく入稿

先日ついにご対面した二ツ井小掛集落のショウキサマ。男神です。

私の頭の中には小掛集落の道筋がバッチリ入っています。(→地図を作るため)この地に来た際、小松さんおすすめのザザーメン(ラーメンに豚のひき肉と生姜が入っている)と、能代のアイス「じゃっぷ」をファミリーマートで食べました。超ローカル食!エッセイに書きたいところですが、本のページ数がただでさえオーバーしている上に、エッセイコーナーの雑誌的デザインは大変だということを知り今回はただ楽しむことにしました。

食道楽さんのザザーメン。本格的なラーメンとはまた違いますが、あっさりしてなかなか美味しい。家で食べるような親しみやすさがあります。

三國商店のじゃっぷ。この日はお休みでしたのでファミリーマートで食べました。冷たい!秋田名物のババヘラアイスみたい。二ツ井はこじんまりした駅前ですが、地方ならではの昭和レトロな感じで散策すると楽しそうです。

小松さんから本のエピローグ(締め)の原稿が届きました。拝見すると今までの取材が走馬灯のように浮かび上がり、じわ〜と泣けてきました。秋田のおじいおばあ方々のお顔や村の大事な行事に参加させてもらったこと、厳かであったり温かであったり、秋田に来なければ知ることはなかった貴重な時間だったなあ・・・と。

最後の最後で取材した「鶴形」でフィニッシュする予定。小松さんが「先日90代のおじいさんとおばあさんにインタビューした時録音したものを書き起こそうと思い今聞いています。気持ちが折れそうです」という言葉を聞き、小松さんの物凄い情熱を感じました。秋田の方言、とりわけ年配の方の言葉は外国語のように聞こえるほど独特なのです。秋田在住の小松さんでさえ厳しい。しかし90代という、道祖神にずっと携わってこられた方々の証言はとても大事。なくてはならないもの。このあとどのように小松さんが記述するのか、私は個人的にとても楽しみです。


このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。