イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
無事搬入を終えて

 この日は大雨で秋田新幹線がストップ。前日に首都圏へ来ていたため、予定通り美術館への搬入に向かいました。

 美術館の最寄り駅で下車し、トコトコ歩いていくと、住宅街の向こうにぽっこり大きな不思議な物体がみえてきました。CGのように、付近の風景とまるで馴染んでいないところがすごかったです。

 

 美術館の搬入ゲートに9時半頃、前日秋田で見送ったトラックがやってきました。「思ったより大きいし重い」、搬入現場では色々制約があったようですが、みんなでアイデアを出し合い、想定よりスムーズにすべての神様を運びいれることができました。この日は神様を収納するまで。組み立ては後日に持ち越されることに。その日までイボ結びの練習を続けようと思います。

 

 館内で実際に展示される空間を見せていただいたり、他の展示準備を拝見したり。そしてこれからお世話になる皆様にご挨拶したり。キュレーターのMさんにもいろいろお世話になりました。ありがとうございました。

 

 たくさんの方々のご協力のもとひとまず完全燃焼しました。今回の実現に向けて方向性づけや企画部分、スケジュール管理等、イラスト制作外の任務が非常に大きかったですが、そろそろ制作にも力を入れていきたい。・・・もう少しイラスト外で動かなくてはいけないので、両方踏ん張りどころだと感じています。

明日搬入

 本日は人形道祖神が大型トラックに積み込まれていく様子をこの目でみてきました。ユニック車はすごいですね。ドライバーさんのクレーン操作技術が素晴らしく、電線に引っかからないように巧みに動かす技に感動しました。

 また、集落の皆様にはクレーンに神様を引っ掛けてくださったり、適宜縄で縛ったりしてもらい、着々荷入れをしていく様子が頼もしく、手伝っていただけて本当に助かりました。私は力仕事ではお役に立てず、細かい部品を運び入れたり、現地でセッティングする方法を確認したりしました。

 最後の集荷地点・湯沢では、ポップ畑の向こうに大型トラックが走り去る風景が目に焼き付きました。

 集落の皆様に託されたことがいくつかあり、とりわけSさんの思いは胸に突き刺さりました。これだけはなんとしてでもやり遂げなくてはいけない。

 今は半年ぶりに首都圏に居ます。秋田に帰ったら当面自宅待機します。明日はいよいよ搬入。神様ごとのセッティングを頭にたたき入れました。何事もなければいいなあ・・・

秋田も熱い!
ハラカラ掲載、そしてイボ結びをマスター

 昨日は神様を無事に目的地へ運ぶことができました。その後集落の年配の男性が「イボ結び」の猛特訓をしてくださり、小一時間ほどでついにマスター。頭の中で3Dのように結ぶイメージが浮かび上がるようになりました。おじさま、熱いご指導をありがとうございました!

搬入に向けて

 今週はなにかとソワソワしながら過ごしています。秋田市内は曇りと雨。それでも東京や大阪に比べると随分過ごしやすい気候です。

 

 現在人形道祖神を首都圏へ運ぶ準備をしています。昨日面白かったのは、この度ご尽力いただいているトラック担当の方に何度か電話する機会があり、「来週運搬をお願いしている宮原ですが」と電話口で伝えると「どちらの宮原さんですか?」となりますが、「ワラでできたカシマサマを・・・」と口にすると「ああ!あの・・・!」と一瞬でわかっていただけたことです。それ以来「ワラのカシマサマの宮原です」ということにしています。

 

 今まで生きてきて、トラックの種類や、美術館の搬入ゲート、平荷台、ユニック車、クレーン、大型トラック、車幅、道路交通法、4t、10t、こんなにも未知な世界がまだまだ沢山あるのだなあと驚きました。一つ一つ、トラック担当の方に教えていただき、申請書を準備しました。

 

 また諸事情でワラを扱うのに欠かせない技術「イボ結び」を習得しなくてはならず、毎日1回、ベランダに出て練習をしています。少しずつスムーズにできるようになっていますが、果たしてこれでよいのかわからず、明日ワラの大先輩にみてもらおうと思います。

 

 明日は運ぶ前の前準備の運搬日。どうかうまくいきますように!

秋に向けて

 怒涛の一週間でした。取材、スライド&トークショー、イラスト制作・・・、想定外の問題が起こったりしり、対処に頭をフル回転。取材から夜家に帰ると、睡魔に襲われる前に制作を少し進めたりし、来週も大変そうなので時間確保に動いてました。

取材やトークショーの時間はとても濃かったです。「こんな神様がいらっしゃったんだなあ」と度肝を抜かれることも。このときの感動をブログでしたためていく予定です。

 

 秋の同時期、携わっているプロジェクトの美術館展示が2つ予定されています。無事開催できるのか、果たして厳しいのか、直前までわからないことばかりですが、先日秋田で方向性の打ち合わせに参加いたしました。

 打ち合わせの中で「宮原さんはリサーチ力がだいぶついてきたのではないですか」という質問を頂くことがありました。

 「リサーチ力?」

 取材先で気になったことを教えてもらったり、取材情報を繋ぎ合わせていくとひとつの姿がみえてきたり、他の集落の方法をもとに別の集落の方法を比較検討できたり、今までひたすらやってきたことは「リサーチ」というのだなあ(いえるのかな?)とふと不思議に思いました。ANP小松さんのリサーチを間近で丸2年みてきて、自分も知りたいことがあるな、じゃあ伺ってみよう、と知らない間に影響を受けていたみたいです。

 イラストレーターに(微力ながら)リサーチ力がついてくると、その先は一体何がみえてくるのだろう?と、謎すぎますが、楽しみながら続けてみようと思います。

明日の準備

明日は田沢湖図書館でスライド&トークショーです。

新作の道祖神画を2点、持って行きます。制作中は苦しかったです、、、それでも、みたことがない風変わりな神様になったのでヨシとします。大急ぎで額をネットで手配した為「失敗したか・・・!?」と思いましたが、本日絵を入れてみるととてもよく、いっそのこと他もこの額に揃えてしまいたいと思いました。原画はパワーアップ予定。どうぞお楽しみに!

午前中は美術館へお連れする神様を受け取りにある場所へ伺います。

図書館についたら交換日記をしたためたいです。

トークイベント後は地元の方々と情報交換させていただきます。

そして、神様を首都圏へお連れする搬入日程が決まり、そわそわしています。現地でも搬入に立ち会いたいのですが、どうなることやら。

原画展 at 田沢湖図書館の中間報告

展示7日目を迎えました。たくさんの方々にご来場いただいているとのことで、「アマビエよりもカシマサマでしょ」と、カシマサマをはじめとする人形道祖神の存在をもっと知っていただけたら!と思います。  「情報いただきました!」と田沢湖図書館さんから続々メッセージが届いています。嬉しくてその一部をご紹介します。

宮原 葉月さんの投稿 2020年7月10日金曜日

15日に新作原画を持っていきます。飽き性の私は、描けば描くほど新しい発見があるので描くのが楽しくてたまりません。

やっぱり末野のショウキサマはすごかった

 先日は秋田県横手市大森の末野集落にある大きな「ショウキサマ」の作り替えがありました。夕方から小さな鹿島人形を船に乗せて流す「鹿島流し」も合わせて取材させていただきました。(末野のショウキサマについて、ハラカラ掲載ご紹介ブログはこちら

 

 作り替えを拝見するのは今年で3回目となりますが、何度みても圧巻です。今回も作業場を飛び回り、集落の皆様に積極的にお話を伺いました。次々面白いエピソードや、作り替えの詳しい様子を教えていただくことができました。一つ知れば、その先も知りたい・・・!と好奇心が疼きます。集落の皆様のご自宅やご家族構成もわかってきて、次回伺う際は末野の魅力をより深く知り、広く伝えていきたいと思いました。

 絵とはまるで関係なさそうですが、きっとそのうち「凄み」が絵にじわじわ現れてくれるのではないでしょうか。こんな経験は普通できませんので、期待することにします。

 話変わりますが、ただいま急ピッチで人形道祖神の絵を描き始めています。間に合うかどうかギリギリ案件ばかり。来月はゆっくりしたいです。

 

 

原画展スタート!

上はツイッター、下はfacebookの投稿です。facebookはより感情を交えて書いています。

本日から展示がスタートします。「アート」「フィールドワーク」「エンターテイメント」を兼ねた展示は初めてで、搬入するまでどきどきしました。また展示開催に向けて、田沢湖図書館の皆様との熱いチームワークがとても面白かったです。  搬入後に疲れた体を癒そうと名湯:水沢温泉に行ってきました。するとお湯が強すぎて体調が一時崩れましたが、翌日はすっかり元気に。秋田はディープすぎます・・・!

宮原 葉月さんの投稿 2020年7月3日金曜日

先日搬入してきました。体に鞭を打って追加できるよう新作も描きます。

明日はいよいよ・・・!準備を急ピッチで進めてきました。楽しみです。


このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。