イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
五城目での記録

先日20日に五城目のギャラリー「ものかたり」で開催された、秋田人形道祖神のトークイベントと展示の様子をご紹介します。

朝市きのこまつりは大盛況でした。ものかたりさんで搬入を終え11時過ぎに朝市に繰り出しましたが、なめこはほぼ売り切れ。
この日は「最後の川反芸者」として名高い若勇さんもご一緒させていただきました。真っ赤な唐辛子を見つけた若勇さんに「生の『なんばん(=唐辛子)』は乾燥したものより美味しいよ」と教えてもらいました。

お昼は若勇さんと小松さんと三人でだまこ鍋を頂きました。「五城目は初めて。前から聞いていた五城目の美味しいだまこ鍋を食べてみたい」と若勇さん。

きりたんぽを団子状にした「だまこ」。新米の季節だからこそ楽しめます。(これぞ秋田の醍醐味の一つ!)出汁も絶品でした。

 

そして会場風景もちらりご紹介します。

「人形道祖神に合うものは秋田土着のものだろう」と小松さんが持参された増田の蓑と、土偶のレプリカ。

レプリカとはいえ遮光器土偶、かわいいですね。実は五城目でも出土しており、五城目の「文化の館」でみることができます。(ボディだけとお顔だけの土偶ですが、萌えます)

同ギャラリーに立ち寄ってくださった方々に「いつもと雰囲気が違うね」とおっしゃっていただいたそうです。ものかたりさんと人形道祖神とのコラボ。新しい目線で楽しんでいただけたら幸いです。

 

たまたまギャラリーを訪れた方が「何これ!?」とTシャツを気に入ってくださりお買い上げいただきました。嬉しかったです。

残り僅かになってきた冊子もこの日は十数冊お買い上げいただきました。冊子を作った当初は「在庫を沢山抱えてしまったので頑張って売りましょう!」と言っていた小松さんが「残りが少なくなってきました。増刷のタイミングが難しくあまり売りたくありません」と言ってしまうほど。いえいえここはがんばって販売いたしましょう!増刷する際は少し修正したいと話しており、初版本は貴重になりそうです。

 

秋田の古い家には「内倉」という、家の中に蔵があったります。今回のトークイベントではものかたりさんの内倉で開催させていただきました。写真はその入口。松原のショウキサマの手があります。

初めて会場を内倉にさせていただきましたが、暗室のような真っ暗な空間は人形道祖神の雰囲気とバッチリ合います。

同イベントで15分休憩を取り、その間にお客様にすぐ近くのHikobeさんで1ドリンクとデザート(あんこパフェ)を楽しんでいただきました。みなさんが戻られてからスライドを再開します。

今回はスライドの順番を北から南へ並べ替え、途中五城目特別バージョンを加えました。小松さんの軽快なトークで何回もドカンドカンと笑いが起こり、皆様に楽しんでいただけた様子に至福を感じました。どうしても「人形道祖神のレクチャー」と先入観を持たれやすい同イベントですが、実はかなりエンターテインメント性が強いイベントなのです。

「いちカフェ」に作っていただいたカシマサマ・バージョンのあんこパフェ。末広町のカシマサマ・クッキー。すごい!

上に載ったアイスは福禄寿さんの酒粕を使ったもの。シャーベットのように軽い食感でサクサク食べてしまいます。

あんこパフェは甘さ抑えめ。いくらでもいけます。

 

最後に個人的エピソードを。この日はまさかの再会がありました。
8年以上前、東京のセツモードセミナーでよく一緒に絵を描いていたK君が来てくれたのです。たまたま秋田へ旅行で訪れ、偶然同イベントを知り駆けつけてくれたのでした。「宮原さん、僕のこと覚えていますか?」と声をかけてもらった時は本当にびっくりしました。

『村を守る不思議な神様原画展』は引き続き11月4日(日)まで ものかたりにて開催されております(木曜〜日曜日のみ営業)書籍や関連グッズも販売中です。

五城目へ搬入に行ってきました

本日は朝から五城目のギャラリーものかたりへ絵や冊子、グッズを搬入しに行きました。写真は今朝まで描いていた新作です。本堂城廻のショウキサマ。以前にも描きましたが、もう少しポップにしたものを追加。Tシャツやトートバッグにしてもかわいいテイストを狙いました。

ギャラリーものかたり以外にも、ドリンクを提供していただくHIKOBEさん、軽食(あんこパフェ)を提供していただくいちカフェさんにも絵を置いてもらえることになりました。

HIKOBEさんには小掛のショウキサマ(女神)ポップ新作バージョン。

HIKOBEさんに提供いただくワンドリンクは下記よりお選びいただけます
◆日本酒
一白水成(山田)※この日のためにご用意いただきました。
普段HIKOBEさんで飲めないそうです
◆ソフトドリンク
コーヒー(08coffeeによるオリジナルブランドふるさと)、りんごジュース、自家製のホット甘酒、酒粕を使ったホットスパイシーミルク(チャイ風)
https://hikobe.fukurokuju.jp/

次に「いちカフェ」さんへ。

いちカフェさんには上の小掛ショウキサマ(女神)を擬人化した新作バージョン。

軽食にはあんこパフェにHIKOBEの酒粕アイスをトッピングしてのコラボデザート。
https://www.facebook.com/ichicafe.gojome/

 

搬入中スライドのチェックをしていたところ、五城目の人形道祖神のルーツが小松さんより追加されていました。なまはげとの関連性など新しいことが紹介されており興味深々です。

 

初めてスライドをご覧になったギャラリーものかたりの小熊さんは「すごいすごい、面白い」と静かに興奮されている様子でした。トークを交えたらもっと楽しんでいただけると思います、とお伝えしました。

 

そして搬入を終えた後、小松さんとスライド用に五城目のとある場所の写真を撮りにいきました。さあ、これで準備を無事やり終えました。帰り道にほとんど人が行かないであろうとある資料館に行き、縄文土偶を見てきました。土偶も道祖神に相通じるものを個人的に感じ、きゃ〜と一人で萌え、よい気分転換になりました。

いよいよ明後日!楽しみです

<イベント>10月20日・五城目で秋田人形道祖神のトークイベントをやります!

五城目は秋田県中央部に位置する、人口およそ9,000人弱の小さな町です。秋田市内から車でおよそ40〜50分。「五城目はどんな町?」と聞かれたら他県出身者である私は「500年続く朝市がある町」「割と移住者が多い地域(外部の人を惹きつける何かがある町)」「日本酒の一白水成で有名な福禄寿酒造がある場所」と答えます。個人的には、昨年秋田に引っ越し、右も左もわからない状態から秋田の魅力を知った思い出深い場所です。

まずは五城目の魅力をまとめてみました。


昨年10月、初めて五城目にいったブログはコチラ
初めてANPの小松さんと出会った日のこと

昨年秋田公立美大が主催の「AKIBI Plus 五城目」という地元の魅力をアートを通じて再発見しよう、というプログラムに参加しました。そこで俄然アートと町の人々との交流の面白さを知り、毎回路線バスで1時間半かけて通い詰めました。


11月朝市突撃インタビューのブログ
五城目の森林公園を森の案内人と歩いた記録〜その1
五城目の森林公園を森の案内人と歩いた記録〜その2

そして「AKIBI Plus 五城目」で知り合った小松さんとANPを結成し、取材で秋田県内を駆け巡った後、再び五城目に伺うことになりました。

五城目が1年で最も賑わう朝市「きのこまつり」がある
10月20日(土)にイベントをやります!

朝はきのこまつりへ、お昼過ぎに近くの「下タ町醸し室Hikobe」で開催されるトークイベントはいかがでしょうか。同イベントをお楽しみいただいた後、Hikobeさん近くの「ギャラリーものかたり」さんで原画展示をご覧いただけます。

ちなみに昨年五城目にはカフェ的なものがなかったのですが、Hikobeさんやいちカフェさんが今年立て続けにオープンしました。五城目は勢いづいていますね。

 

◆スライド&トークイベント『秋田人形道祖神めぐり』in 五城目
2018.10/20(土)13:30-15:30
料金:2000円(1ドリンク&軽食込)要予約
会場: 下タ町醸し室Hikobe
五城目町下タ町236-2 筺 018-838-1033
出演: 秋田人形道祖神プロジェクト(宮原葉月、小松和彦)

 

◆会場近くのギャラリーで原画展も開催
HIKOBEの並びにあるギャラリー「ものかたり」では『村を守る不思議な神様』の原画も展示。
10/20(土)〜11/4(土)(木曜〜日曜日のみ営業)
営業時間は10時~19時(最終日は17時まで)
五城目町上町39 筺 018-802-0089

昨年のきのこまつりのブログ

 

原画が展示されるギャラリーものかたりさんの様子
今年1月に展示を準備する様子(寒かった!)
五城目の町歩きツアーの様子
中には内倉があったりし素敵な空間です。

お申込みはこちらまでどうぞ。
https://www.facebook.com/events/271259203729455/

人形道祖神のキッズTシャツが新登場!

人形道祖神Tシャツにキッズサイズが新登場しました!

110cm(幼稚園)、130cm(小学校低学年)の2サイズ展開。5,400円(税込)※写真は大人サイズ(M)と並べてみました。

「お孫さんにプレゼントされたい」というご要望を頂戴したことがきっかけで生まれました。デザインは秋田を拠点に全国で活躍しているデザイン事務所のneccoさんにお願いしました。小さいTシャツもかわいいですね!

最近は魁新報さんで社会面トップに記事を掲載していただいたり、秋田経済新聞さんのネットニュースに取り扱っていただいたり、秋田朝日放送のぷぁぷぁ金星で取材していただいたりし、ANP(秋田人形道祖神プロジェクト)の存在を知っていただけるようになりました。昨日は県南の遠いところから人形道祖神好きの高校生男子がお母様と、またぷぁぷぁ金星で知ってくださった女性が県北から、小松クラフトスペースにいらしてくださいました。

人形道祖神ファンの方が遠く県外と県内にもいらっしゃって、こちらが勇気づけられるほど温かいお言葉を頂戴しています。

Webはまだ準備中なのですが、こちらも動き出す準備を着々進めております。(遅れていてすみません!)今年はこれから秋の取材、新刊の着手、新プロジェクト、来年に向けての準備等で動き始めています。

取材を通じ大いに感銘を受けた人形道祖神の凄さ、また人形道祖神を通じてみえてくる秋田の凄さを沢山お伝えしたい!と意気込んでいます。

書籍取扱い書店様のご紹介 10都道府県になりました!

photo:銀座蔦屋書店さま(GINZA SIX 6F)より頂戴しました

冊子「村を守る不思議な神様〜あきた人形道祖神めぐり」を取り扱い頂いている新規の書店様を含めて、ご紹介いたします。

また追加のオーダーを賜るなどジワジワ人形道祖神が全国に広がっております。当初はどうやって秋田県外に広めていこうか先行き不透明だった同冊子を、こうしてみつけてくださったことが本当に嬉しく思います。

◆秋田県
秋田市
・加賀谷書店(茨島店、東通店)
・乃帆書房
・アート&クラフト昭和堂
・小松クラフトスペース
http://komatsucraft.shop-pro.jp/?pid=132931091​
大仙市
・平山書店(大曲)
横手市
・金喜書店(横手)
・佐藤書店(雄物川)

◆岩手県
・盛岡市
Cyg art gallery
https://www.cyg-morioka.com/

◆宮城県
仙台市
・カネイリミュージアムショップ6(せんだいメディアテーク内)
http://www.kaneiri.co.jp/shop/
・ボタン
https://twitter.com/button_sendai

◆群馬県
高崎市
・REBEL BOOKS
http://rebelbooks.jp/

◆東京都
渋谷区
・代官山蔦屋書店
http://real.tsite.jp/daikanyama/
中央区
・銀座蔦屋書店
https://store.tsite.jp/ginza/
・T-SITE shopping(蔦屋書店様のサイト)
https://store.tsite.jp/item-detail/art/14401.html
世田谷区
・本屋B&B(下北沢)
http://bookandbeer.com/
杉並区
・本屋Title(荻窪)
http://www.title-books.com/

◆長野
安曇野市
・月とビスケット
http://tsukitobiscuits.shop/

◆愛知県
名古屋市
・ON READING
http://onreading.jp/

◆大阪府
大阪市 ・シカク(此花区)
http://uguilab.com/shikaku/

◆広島県
尾道市
・本と音楽・紙片
http://shihen.theshop.jp/

◆愛媛県
松山市
ミロコカフェ
http://miroco-cafe.sakura.ne.jp/

緊急開催!2日間だけ!明日9/7から「村を守る不思議な神様〜あきた人形道祖神めぐり」凱旋展示

「村を守る不思議な神様〜あきた人形道祖神めぐり」
原画展・世界のプリミティブアート展示

を緊急開催いたします!

先日開催した東京でのイベントでは100名様以上に来場いただき、
「秋田はすごい」
「絶対に秋田に行く」
「今生きているというのが驚き」(土偶女子Kさんより)
と大変好評を博した展示会を秋田で凱旋展示いたします。

◆イベント詳細
9/7(金)・9/8(土)
小松クラフトスペース(秋田市中通4丁目17-9)
電話:018-837-1118
在廊日/小松和彦(両日)、宮原葉月(9/8)

東京での様子や道祖神の最新取材の状況など、お気軽にお声掛けてください。熱く語らせていただきます。
下記は東京イベントの為に描きおろした4点。

伝えたい!

本日、秋田魁新報様に我々ANP(秋田人形道祖神プロジェクト)の活動を大きく取り上げていただきました。https://www.sakigake.jp/news/article/20180830AK0012/

しかも第1社会面トップです。ここは1面トップに次ぐ位置なのだそうです。悪いことを犯さない限り、二度とこんな場所に掲載されることがないのだろうなあとしみじみ思います。

感謝感激でございます。
タイトルがもう、私達が言いたいことそのままで嬉しい。

明後日からいよいよ東京へ。
東京でのトークイベント・9/2(日)第3回(13〜15時)がおかげさまで満席となりました。第1回、第2回はまだ僅かですがお席あります。

9/1・9/2の東京イベントが秋田経済新聞さんの記事に

秋田経済新聞さんに9/1・9/2の東京でのトークイベントを記事にしていただきました!
https://akita.keizai.biz/headline/3062/

当イベントは秋田づくしです。(ディープ系)

人形道祖神のトークや書籍・グッズ、秋田の食材を使った軽食、秋田を拠点とするユカリロ編集部さんの書籍を扱います。私の一つの目標は、東京在住の方に秋田に興味を持っていただいて、実際に足を運んでくださること。最近SNSで人形道祖神関係の投稿を多々発信していますが、それをみてくださる方々が「秋田に行ってみたい」とおっしゃっるようになりました。以前はそんなことはなかったので、凄いことだなあとしみじみ思います。

東京でのトークイベントを聞いていただけたら、「秋田すごい!」と思っていただけると思います。その理由は、先日開催した秋田市内のトークイベントに人形道祖神に一切興味を持たない夫を誘ったところ「面白い!」とびっくりしていたからです。
東京へのイベントにはお気軽にお立ち寄りくださいませ。

いよいよ東京へ

 

photo: Natsui Hitomi necco

『村を守る不思議な神様〜あきた人形道祖神めぐり』
東京初のトークイベント開催!

なぜか秋田に集中して存在する人形道祖神をテーマにした冊子『村を守る不思議な神様〜あきた人形道祖神めぐり』の刊行記念イベントを東京・代々木上原にあるhako galleryにて開催いたします。

「今でもこんな風習があるの!?」
「秋田やばい!」

と沢山のお声を頂戴しております。

同冊子は自費出版ながら、SNS上で注目を集め、東京都の代官山蔦屋書店の他、宮城・群馬・名古屋・大阪・広島・愛媛の書店で取り扱われるなど県内外で関心が集まっています。

「秋田人形道祖神巡り・スライド&トークイベント」

2018年9月1日(土)2回開催(入れ替え制)
第1回目 OPEN 12:30/ START 13:00
第2回目 OPEN 16:30/ START 17:00

2018年9月2日(日)1回開催のみ
OPEN 12:30/ START 13:00

会場:hako gallery 東京都渋谷区西原3丁目1−4 TEL 03-5453-5321

料金:1500円

出演:秋田人形道祖神プロジェクト(宮原葉月、小松和彦)

お問い合わせ・お申し込み・お問い合わせは下記まで
https://www.facebook.com/akitadosojin/​ のダイレクトメッセージからお願いします。ご返信いたします。
※参加される回/お名前/ご連絡先電話番号/人数をご明記の上お申し込み下さい。

お席が埋まり始めております(特に9/1の第2回目と9/2)。
ご予約はお早目にどうぞ。

秋田人形道祖神、東京に行きます!

東京に行くために、今バリバリ仕事を制作しております。無事に描きあげ、いざ、東京へ。

先日秋田市内のstudioさんでブラッシュアップしたトークイベントを開催させていただきました。

いつも笑いが起きる箇所で笑いが起きない・・・少し不安になりましたが「(観客の方が)あまり笑わなかったのは、真剣に話を聞いていたからだよ」というお言葉を頂きました。もちろん、笑っていただける箇所もしっかりあります。またトークの後は「本当に、こんな世界があるんだね」と驚かれた方も。秋田市内での感想ですので、東京では果たして・・・?

村のバザールさんなど、9/2(日)に秋田の食材・イブリガッコ、枝豆などを使った軽食が販売されます。秋田は、金足農だけではありません!(金足農もすごいですけれど!)今なお残るディープな非日常の世界をお楽しみください!


このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。