イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<装画>「神に守られた島」中脇初枝さん著(講談社)

昨年「小説現代」で連載時の挿絵を担当しておりました「神に守られた島」の単行本の装画を担当させていただきました。

舞台は鹿児島県大島郡に属する沖永良部島(おきのえらぶじま)。鹿児島県ですが沖縄本島から南に約60kmと、風景をイメージする際は沖縄に近い環境だと感じました。時代は太平洋戦争のお話です。

 

沖永良部島で暮らす子どもたちの目を通じた戦争が描かれています。暗い話ではなく、島の豊かな自然と奄美文化の独特な暮らしを通じて伝わってくる子どもたちの様子、そこに徐々に影を落としていく戦争の気配、村民が否応なしに巻き込まれていく様子がとてもリアルに伝わってきます。挿絵を担当させていただく中、当時の風景を知る為に奄美・沖縄関連の戦争の資料を沢山みてきましたが、その悲惨さや不条理さに怒りを感じずにはおれませんでした。

連載時のブログ記事はこちらから>>>http://5.hacco.hacca.jp/?eid=1414215

表1には沖永良部島をイメージしたハイビスカス、月桃の花、グラジオラス、等。

 

表4にはツマベニチョウ、ユリタテハなど描きました。蘇鉄や芭蕉の木も描きました。

 

デザインは坂野公一さん(welle design)。坂野さんとは知り合って10年近く、事務所兼素敵なご自宅に2度も伺わせていただいたことがあり、遂にお仕事をご一緒できた・・・!と感無量でした。いつもスタイリッシュなベストセラー本のブックデザインを手掛けていらっしゃるので、どんな風にイラストを使ってくださるのか楽しみでした。実物を拝見し、帯の入り方が絶妙でさすが!と感激いたしました。

 

個人的には、昨年秋田にやってきての初めての地方暮らし、同時期に人形道祖神の制作が入ったりと、描く絵・描きたい世界観が以前に比べて変わってきているのを感じ、今まで積み上げてきた先で、さらなる高みを目指しニュルっと脱皮したいなあと思っていました。そんな状況にピタリはまることができたお仕事だったのではと思います。

 

中脇さんの「神に守られた島」の連載から単行本まで担当させていただき大感激のお仕事、編集のAさん、ご用命をありがとうございました!

本はこちらから>>>https://www.amazon.co.jp/dp/4065122058/

 

" The island protected by the God ", the illustration-work for the book.

The story is that the children who lived in Okinoerabujima, the island situated between Kyūshū and Okinawa, had gotten through the Pacific War. We know "The Battle of Okinawa is so disastrous and war mustn't happen again." In the illustration I drew not disastrous but calm, warmful and like-Okinoerabujima illustration. Because it should be expressed by children's power to live and hope for future. The flowers and butterflies are endemic to that island.

<挿絵>小説宝石「トラの受難」

少し前のお仕事です。前回「エルの誤飲」(福田栄一氏著)で挿絵を担当させていただいたことがあり、その続編です。今回は猫!当物語にはあるテーマがあり、そのことをあまり前面に出さぬよう、とあるモチーフを背景の葉っぱの中に擬態させています。

制作時はちょうど東北の桜の満開時でした。なつかしいです。

「エルの誤飲」http://5.hacco.hacca.jp/?eid=1414266

<お仕事>ステーションビル「テルミナ」様イラストビジュアル

東京の錦糸町ステーションビル「テルミナ」様の館内ビジュアルを今年1年間担当させていただいております。サマーから始まりました。ポスターや上釣りポップ、大きな窓にもイラストを素敵に使ってくださっています。

テルミナ様に大変気に入っていただけたとお聞きしてとても光栄です。

デザインを手掛けるリビング・アート・ジャパンさんとは初めてのお仕事でしたが、様々配慮してくださり安心してイラスト制作に専念することができました。大変有難いです。(こんなにもメールや電話のやりとりが濃密な中で、まだ一度もお会いしていないことが不思議です。しかし既にお会いしたような感じもするのです。上京の折にはご挨拶せねば!と思います)

クライアント:株式会社錦糸町ステーションビル
広告代理店:株式会社ジェイアール東日本企画
デザイン:株式会社リビング・アート・ジャパン

今からオータムシーズンに入ります。思考を「トレンド」や「ファッション」にギアを切り替えていきます。そして必要に応じて「人形道祖神」に戻ってきます。

<お仕事>博多阪急様 母の日カタログ・店内ポップイラスト

だいぶ前になりますが、線画のお仕事を担当いたしました。昨年博多阪急様の新フロアができた際にイラストのご用命をくださり、今回再びご依頼いただけてとても嬉しかったです。

カーネーションの表現がとても勉強になりました。

本年度の「JASRAC NOW」表紙イラストを担当しています

「JASRAC NOW」様会員誌の表紙イラストを今年度も担当させていただいております。昨年は楽器だけを、今年は楽器と人がテーマ。上の絵は「オルガン・ハモンド」。絵を描くために調べてみると、巨大なパイプオルガンをコンパクトにすることを目的に開発されたようです。演奏動画をみるとjazzが意外と多く、私も思わず体をスイングするほどリズムが素敵。思ったよりカッコイイ楽器でした。上記のイラストをみてくださったことがきっかけだと思われるお仕事のご依頼を複数頂き、それではこのイラストをより多くの方にみてもらおうと思いました。(とはいえ6月末までお仕事のお引き受けは厳しいです、、、スミマセン。)

当お仕事は私の中では挑戦です。自由にお任せしていただいているので思い切り表現にトライしています。ちなみに来月号は今制作中で雰囲気はガラリと変わります。

今はとにかく広範囲の表現活動の中にいて、とりわけANP(秋田人形道祖神プロジェクト)で制作中の人形道祖神達を描くことと、南の島の風景を描くお仕事と、地域差によって気持ちの切り替えに苦労することを初めて知りました。東北の日本海と沖縄方面の海とはまるで景色が違うのです。午前中は南の島へ気持ちを切り替え、夜中に秋田に気持ちを切り替えることで両立しています。数年前に行った沖縄の風景を頭の中に思い浮かべると「南へ行きたい」気持ちが高まってきます。頭の中で何度も南に行ったり北に戻ったり、不思議な気分です。

全ての制作中の絵をいいものにしたいなあと、今は執念的なものがメインになっていますが、全て出し切ってやっていこうと思います。

「ワコーバンドコレクション2018」foster music様 CDジャケのイラスト

吹奏楽団用のCDイラストを担当いたしました。

「ワコーバンドコレクション2018」foster music

吹奏楽部を担当する学校の先生方が手に取られる様子をイメージしてみました。
ちなみに先日NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」では長崎・活水高校の吹奏楽部がフューチャーされていました。録画したので身辺が落ち着いたら見る予定なのですが、きっと大泣きしてしまうだろうなあと思います。彼女たちの若い力を感じ、また楽器の特徴を少しでも学ぼうと思います。

下記foster musicさんサイトでは「2017年度吹奏楽コンクールを震わせた、話題の新譜が勢ぞろい!」とのこと。
https://www.fostermusic.jp/products/detail8909.html

音楽への情熱がデザインによって表現して頂け嬉しい仕上がりとなりました。

The illustration for the CD " WAKO BAND COLLECTION 2018 ", has released for wind band competition in which japanese teams of that club in schools participate . I'm very happy with its youthful-powerfull design.

<お仕事>厚生労働省 平成29年度自殺対策強化月間 ポスター

今月は自殺対策強化月間です。

厚生労働省の当該ページ:http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000194709.html

平成29年度のポスターのイラストを担当いたしました。Art DirectionはIDRさんです。

左の暖色の人物は「ゲートキーパー」。ゲートキーパーとは”自殺の危険を示すサインに気づき、適切な対応(悩んでいる人に気づき、声をかけ、話を聞いて、必要な支援につなげ、見守る)を図ることができる人(厚生労働省HPより)”であり、特別なことではなく私たちでもできる存在です。

イラストでは涙が幾層にも重なる右の青い人物を、左のゲートキーパーから発せられる温かさがふわっと重なっていくように制作しました。(人物は性別の区別が出ないようにしています)

<お仕事>書籍「大人のおしゃれは、力の抜き方次第」装画

遂に文庫版が登場しました。大阪在住時のお仕事。なつかしい!そして単行本と文庫の装画にイラストを使ってくださりとても嬉しかったです。

「おしゃれ」といえば、大阪の時に比べて今の自分のワードローブはだいぶ変わりました。引っ越しの際徹底的な断捨離をしたからか、服の点数が一気に減りました。そして服の形がよりシンプルに。秋田では服を買うお店が少なく(ない?)、ネットで購入するようになりました。試着ができないので服選びは自然と慎重になります。また年齢と共に似合う服がどんどん変わっていくので、「おしゃれ」にはその人の生き方が如実に反映されているのだとつくづく思います。

<お仕事>JASRAC NOW 表紙イラスト

 

先日見本が手元に届きました。2017年11月号と2018年2月号。メトロノームとコンガ。今ちょうど今年度最後の楽器のイラストを構想しています。楽器はオーケストラで演奏されるものや、キューバで演奏されるものなど、あたかも世界に旅した気分で描くことができたので、1年間表紙イラストを担当させていただけてとても楽しかったです。

もうひとつご紹介したいお仕事があるのですが、少し立体気味で写真を撮るのが難しく、私が撮影すると影ができまくってイラストがみえなくなってしまいます。プロの方に撮ってもらうのが一番かもしれません。むむむ・・・と悩ましい状況。

<お仕事>ときめき 巻頭エッセイ挿絵

別冊・家庭画報「ときめき」で連載された岸本葉子さん著「日々是ときめき」の巻頭エッセイの挿絵を2話分担当させていただきました。50代女性向けということを意識し、落ち着いた雰囲気をイメージし描きました。

ちなみにこのような大人の粋を表現する際、先日小松クラフトスペースさんで伺った着物の「江戸小紋」のようなお話が参考になることがよくあります。幅広い知識(自分は非常に浅いですが)は本当に大事で、身を助けてくれるのだなあと思うようになりました。また教えていただけるというのはとても有難いことなのだとも思います。


このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。