イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
新作を追加しました

昨日は田沢湖図書館(秋田県仙北市)でスライド&トークショーを開催いたしました。詳細はブログでアップしますが、たくさんの方々に興味を持っていただきとてもとても嬉しかったです。謎が解けたり、新たなお面を教えていただいたりしました。また図書館の皆様にも篤くご支援いただき感激の1日でした。

そして、新作を2点追加しました。額がよいので気に入っています。新旧の作品を並べてみると、絵が少しずつ変わっていくのがわかるので、「前に描いた神様の絵もどんどん描き直していきたい」と欲が出ます。そうなると時間がかかるなあ・・・

手前は白沢のニンギョウサマ、奥は来週の秋田魁新報「ハラカラ」で掲載される新作の神様です。

初めてのzoom会議

昨日は初めてzoom会議に参加しました。17名の参加者と共に様々話し合います。話す傍らでその内容をテキストに落としていき、数分後にはそれを画面で共有できる、というスピード感が印象的でした。17名が瞬時に小さなグループに画面上で分けられ、意見交換した後再び集まる、という技にもびっくり。皆さん各々の専門を活かした折衝が行われ、短期間でおおよその現状を共有できたこともすごい、と思いました。新しい体験に少し興奮した1日でした。

話変わりますが、先日の制作がとても楽しかったお仕事をご紹介します!

<Work>テルミナ様 2020春

2020年、錦糸町駅ビル「テルミナ」様の広告ビジュアルを担当させていただいています。

 

2018年、2019年と過去2年間も担当させていただき、それだけでも異例且つ大変光栄なことですが、3年目も担当させていただけるとは心からびっくりいたしました。テルミナ様に気に入っていただけたことが大変嬉しく、また、ADのリビング・アート・ジャパンの皆様と再びタッグを組ませていただけることに非常にやりがいを感じています。

 

通常3年も担当させていただくと、マンネリ化、イメージの固定化、時代の流れとの不具合が生まれてくることが懸念されます。それを避けるためにも、常に意識と手を動かし、いい表現方法があればそれを吸収し・・・など常日頃マンネリ化の波に呑まれないように逃げている感じがします。(果たして逃げられているのか、わかりませんが。殻を破りたい意欲だけは確実にあります)

 

今年のテーマは「ジャパン」「和」です。残念ながらオリンピックが来年に延期されましたが、錦糸町は墨田区に位置し、海外からの観光客が多いと聞きます。ジャパンの魅力を伝えようと2020_Springは「桜」「キーカラー:ピンクのグラデーション」というお題をいただき、下記のようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イラスト点数が多かったので、イラスト入稿の際「一つ足りない!」というご指摘があり慌てて描き起こしました。今までの中で初めてのことでした。

 

3月30日からはサイネージがスタート。キービジュアルのイラストが動きます。鳥が羽をバタバタしている様や、桜がクルクル周って落ちてくる様子がかわいくすごいと思いました。

3月最後

3月最後の日です。コロナが大変な状況になってしまいました。
秋田市在住でもなるべく不要の外出は控え、自宅に居るようにしています。(もともと自宅勤務の為影響は少ないかも)

また昨年11月に代官山蔦屋書店さんで開催させていただいたイベント以来上京しておらず、このまま暫く秋田事務所生活を延期しようと考えています。どうか早く、世界中が安心して外出できる状況になりますように。

 

本日最後の入稿が無事終わりました。この1か月間を無事乗り越えることができてよかった、と今安堵しています。少し気が抜けました。

 

明日からはいよいよ道祖神アート制作に向けて全力で挑みます。実は様々なイベント企画のお話があったのですが、一同に沢山の方々が集まる内容のものは延期や中止が検討されています。ということで、今できることは絵を描くこと。静かに一人で技や表現方法の幅を広げていこうと思います。

 

最後に、上の画像についてご紹介します。3月28日発売のVOGUE JAPAN 2020年5月号の書籍コーナーにて、彩瀬まるさん著「さいはての家」(集英社)が紹介されています。ブックデザインは鈴木久美さん。昨年11月に制作した装丁のお仕事です。ちなみにVOGUE JAPANの書籍コーナーでは過去に「ナタリー」(David Foenkinosさん著/早川書房)、「神に守られた島」(中脇初枝さん著/講談社)などもご紹介いただき、3回目だ!と嬉しく思いました。「さいはての家」はひとつの家に住む人物のストーリー集。時系列に並べるとなかなか興味深いです。

雪は降るけれど、春!

今週末は秋田県湯沢市へ。湯沢の取材でいつもお世話になっている方がお声を掛けてくださり、スライド&トークショーを開催するためです(地元の方向けの講演です)。スライドに鉛筆描きのイラストを追加しました。それがなかなかいい味なので、カラフル画にも活かそうと思います。

 

東京ではすっかり春なのでしょうか。現在サマーを制作中。心は夏です。

テルミナ様 クリスマスビジュアル

まもなくクリスマスです。秋田市内は雪が全く降らず変な感じです。

今年も錦糸町駅ビル「テルミナ」の広告用ビジュアルを担当させていただきました。2回目のクリスマスはこんな感じになりました。

「サンタガール」達が並んでクリスマスツリー風にみえるコンセプトです。ラフの時点ではもう一つのユニークな案に決まるかもしれないと思っていましたが、こちらの元案を写真のようにブラッシュアップし、完成しました。

ドアシートにも。

今年も父親に写真を撮りに行ってもらいました。

 

webでも素敵なページが展開中です。


https://www.termina.info/christmas2019/

 

サンタガール達を可愛く使っていただきました。

 

2019年のイラストは全て線画で描きました。色はデザイナーさんにお任せです。イラストモチーフをお渡しし、それを自由にアレンジしていただきました。私が着色する場合とまた異なる風合いが興味深いです。

 

 

こんな素材から上記のように展開していただきました。多々の場面で支えていただきながら、春、夏、秋、クリスマスと無事に1年に及ぶイラスト制作をやり抜くことができました。今年はテルミナの皆様と、アートディレクションを担当されているリビングアートジャパンの皆様にお会いすることもできました。2年間もイラストを担当させて大変光栄でした。ありがとうございました!

錦糸町テルミナ様の広告ビジュアル

昨年から2年間、錦糸町テルミナ様の広告ビジュアルのイラストを担当させていただきました。今夏までずっと東京と秋田間をメールとお電話でのやりとりでしたが、今夏に遂にテルミナのご担当の皆様と、アートディレクション担当のリビングアートの皆様とお会いすることができました。感慨深い時間でした・・・!

本日たまたま冬バージョンを入稿したところで、G_graphics池田さんの投稿を発見し、嬉しさ倍増、不思議なタイミングを感じました。

https://www.termina.info/topics/detail.php?topics_id=111

テルミナ様のWEBアイコンがかわいい・・・。イラストを素敵に使ってくださり嬉しいです。

<お仕事>テルミナ様 サマービジュアル

錦糸町のステーションビル「テルミナ」様の年間ビジュアルを担当させていただいております。

ディレクションをされているリビングアートジャパンさんから、昨日まで展示されていたサマーのビジュアルデータを頂きましたのでご紹介いたします。

 

 

 

 

 

原画はこんな感じです。

 

 

そして、現在オータムのビジュアルを制作中です。
途中で道祖神本の制作が入り大量の線画を描いた影響で、
自分の中で新しい感覚のようなものができたみたいで、今までの制作物との整合性を調整しながら進めています。オータムは一気に秋の装いになります。こちらも色が付くのがとても楽しみです。

<お仕事>「JASRAC NOW」シンバル

昨年12月号「JASRAC NOW」様の表紙イラスト。テーマ「シンバル」と「人」とをどうリンクしていこうかと構想し、手の動きに着目し描きました。ラフお渡し直前に「今月はクリスマスだ!」と思い至りトナカイの角をつけた次第です。個人的にお気に入りの作品となりました。
<お仕事>「JASRAC NOW」シンセサイザー「MOOG」

先日クライアント様よりまとめてお仕事見本をお送りいただいたのでご紹介します。

会員誌「JASRAC NOW」の表紙イラストを担当させていただいております。

1年目は「楽器」、2年目は「楽器と人」、そして今年は「民俗楽器」シリーズです。毎年新しいテーマを提案していただけるので思い切りトライ&楽しみながら描いております。おかげさまで昨年1年間は「人の描き方」と向き合い、イラストの方向性として「新しい芽」を見つけることができました。画像はシンセサイザー「MOOG」をイメージ。当初髪型をリーゼントにしていたのですが、ご指摘いただきキースエマーソンやリックウェイクマン風にロン毛へ変更。音楽も奥が深い!

デザイナーのSさん、見本をお送りくださりありがとうございました!


このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。