イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
今の自分

「秋田の環境がじわじわ自分の中に浸食していく様子」

2年前に描いたものを、今の感覚で手直ししました

キャンパス生地をパネルに貼らず、こうして切り取った一面で描いていくのが、今の自分にぴったりかもしれないと描きながら思いました。水彩紙とは違う楽しみ方。

たくさん描いていくうちに、ゆっくり絵も自分も成長できると思うので、楽しみながらどんどん自由な作品を描いていきたいです。
ただ今ありがたくも秋田に来てからもお仕事のオファーが続いているので、よいお仕事になることに全神経を集中いたします。
「カク×カク×シカク」展 参加のお知らせ
もう9月に入りました!早い。。。
大阪はエアコンなしでも過ごせるくらい涼しくなりました。

突然ですが、
来週9月8日から約一ヶ月間開催される、「カク×カク×シカク」展(in 大阪)に参加させていただきます。展示の主宰はいろいろお世話になっているspoonさんです。100名もの作家が、それぞれ自由なテーマで 10×10cmの木材の端材に絵を描きます。

お仕事から離れて、ふうっと息を吐いて思いついたものを素直に描く、というスタイルで臨みました。
モチーフは金魚。和金、出目金、らんちゅうの3つ描きました。これが100個描きためるとまた面白くなりそう・・・とふと思いました。

展示詳細です↓
・9月8日(月)〜10月3日(金)※土日祝はお休み
 11時〜19時 ※最終日は17時まで
・Gallery Spoon
 大阪市中央区釣鐘町2-3-17ベルハウス
 TEL 06-6943-1166
http://spoon.co.jp/company/index.html

I'm going to participate in an exhibition held in Osaka from September 8 to October 3. In this exhibition, titled" Kaku Kaku Shikaku " , over 100 artists'll participate. We draw not in paper but in fragmental wood from the viewpoints of recycle, is a ten by ten centimeter size. I drew 3 goldfish.
<お知らせ> 「ポスターを描く」大阪巡回展
東京で過去4回にわたって開催された大人気企画「ポスターを描く」展が、このたび、大阪に上陸することになりました。



東京で過去4回にわたって開催された大人気企画「ポスターを描く」展が、このたび、大阪に上陸することになりました。憧れのデザイナーさんと1対1でタッグを組むことができるので、イラストレーターにとって大変やりがいがある貴重な機会となっています。外苑前のGallery DAZZLEさんで開催されており、毎回来場者であふれかえるほど大人気の展示です。

関西在住のみなさま、この機会をぜひご利用くださいませ。

■会期|4月25日(金)〜 5月8日(木)土日・祝日休館
■時間|9:00 〜 17:00(初日15:00 〜 20:00 最終日 14:00 迄)
■オープニングパーティ17:30〜20:00
■場所|平和紙業株式会社大阪本店  ペーパーボイス大阪
 〒542-0081 大阪市中央区南船場2-3-23 TEL 06-6262-0902
http://www.heiwapaper.co.jp/shop/gallery.html

■懇親会|展示初日、4月25日(金)オープニングパーティー後別会場にて懇親会を20:30〜を催します。幹事は私がしておりますので、お申込みの方は「お問い合わせページ」からお申込みください。プロデュースされた清水さんもいらっしゃるので、お話を伺うことができるチャンスです。<申込締切 4月14(月)中 後日、場所・会費をお知らせいたします。会費は4000円前後を予定>
続きを読む >>
個展のご報告  〜ウエディング招待状の原画展〜
今年2月に、マルプギャラリーで開催いたしました

>> 「心がぽかぽかする ウエディングの招待状 原画展」 <<

の詳細をご紹介いたします。
招待状を受け取った方がわくわくしてくるような、そんな面白い招待状を作りたい!という思いで決めた展示です。


壁一面にダダーと並べて展示しました。






会場の記録写真を撮るのをうっかり忘れてしまい、
搬出時に諦めかけていたところを、高倉 大輔さんに撮影いただきました。
プロの技術で写真を撮ってくださって、私はとってもラッキー者でした。高倉さん、ありがとうございました!(写真を会場配置にあわせて私がつなぎあわせております)

それでは早速、10枚の絵についてコンセプトをご紹介いたします。
※原画を二つに折ると、招待状になるという仕組みです。



「 祖母から受け継がれた、我が家のテーブルクロス 」
アンティーク調の古き温かなテキスタイルから着想を得ました。祖母から母へ、母から娘へ、何代にも渡って受け継げられていくテーブルクロス。モチーフには、ブバルディアの花(花言葉:幸福な愛)が囲い、ピンクの薔薇(同:気品、温かい心)と、幸せの象徴である蝶を描いています。そして、レース刺繍のように、一本ずつ紡いでいく温かさの伝承も、お伝えできたらと思います。アンケートでは、根強い人気を頂きました。




「 赤い牡鹿 」
マーガレット(花言葉:誠実)等、花々が咲く野原の中で、一匹の赤い牡鹿がいます。ヨーロッパでは、イースターの卵や刺繍のモチーフとして、昔から牡鹿が使われてきました。牡鹿は、<繁栄><強さ><誇り><英知>の象徴です。そこに<永遠の絆><純潔>の象徴であるダイヤモンドを添えました。
夫(または妻)の強いリーダーシップのもと、二人は永遠の絆を結んでいけますように、という願いをこめています。
コンセプトもあって渋めの色でしたが、こちらもかなりの人気をいただきました。




「 幸せを運ぶ羊 」
「羊」は各国において縁起のよい動物とされてきました。12星座の一番最初であることから、春=息吹く命ということで、<純粋><無垢>の象徴であったり、キリム絨毯においては、遊牧民たちが<繁栄><豊穣>を願って、羊を織っているそうです。そんな羊たちが、花開くポピー(花言葉:感謝、いたわり)を携えて、ゲストの方々に幸せを運んできてくれますように。
個人的に10作品の中では遊んでみた作品でしたが、「好きです」とメッセージをいくつもいただきました。




「 ダーラナホース 」
ダーラナホースは、スウェーデンの有名な木彫りの手工芸品で、<幸せを運んでくれる馬>と言われています。
二頭の夫婦であるダーラナホースが、<愛情>の象徴と言われるりんご畑の下を駆け抜けてやって来て、ゲストに幸せを運んできてくれます。
会場にいらっしゃった方々にかなりのご支持をいただきました。




「 蝶が舞う庭園 」
英国の由緒ある庭園で、お茶をいただきながら優雅に時間を過ごしているシーンです。
<変化><喜び>の象徴である蝶が舞い、薔薇(花言葉:愛、美)、アネモネ(同:明日への希望)等の花が咲き乱れるような、華やかな瞬間です。
<しあわせな気持ち><安らぎ>も感じていただけるように、色にはピンクをたくさん使いました。
こちらも、評判がよかったです。ピンクの明るい色調が好評でした。




「 異国の本屋でみつけた、二匹のクマ 」
東欧の、とある国の本屋で見つけた絵本を開くと、そこには二匹のクマがおりました。古い紙の匂いが香ってきそうな質感をイメージしています。
二匹の仲良しのクマは、<力>のシンボル。これからも、二匹は力を合わせて世界を切り開いていくことでしょう。
ちなみに風水では、クマのモチーフに<幸せを呼び込む>意味があるそうです。
「子供部屋に飾ってみたい」というご感想をいただきました。




「 うさぎ 」
世界中で昔からよく使われる動物のモチーフです。<飛びはねる=飛躍><子だくさん=豊穣>等ありますが、その中で<長い耳=良く聞き福を集める>ことで、財運を呼んでくれることに着目し、長い耳のうさぎを描きました。このカードを受け取るゲストのみなさまにも、金運や幸運がたくさん運ばれてきますように、耳の先にちょっとキラキラをつけてみました。
アーティストの方々から好評いただきました。この作品は最後から二番目に描いたものです。




「 森の中のウエディング 」
この中では唯一の、シンプルで、穏やかな時間が流れるような方向を目指した作品です。グリーンの色調を多く使い、自然の柔らかさを表現しています。
左右に置かれている草花は、ミモザ(花言葉:豊かな感受性)、オオデマリ(同:私は誓います)、ローズマリー(同:私を思って、思い出)です。
こちらも根強い人気をいただきました。




「 鳩 」
鳩は<平和>と<愛>の象徴で、ウエディングにはかかせないモチーフです。
いかにも鳩、ではなく、よくみると鳩、そして、二匹の鳩が、お互い絆を紡いでいく、というストーリーを織り交ぜて表現いたしました。
アンケートでは、僅差でしたが一番人気の作品です。




「 ルーツ 」
民族の伝承、フォークロアの世界感を強く出したいという思いを込めて制作しました。下にある地面は、南米やアフリカの刺繍デザインより、<豊穣><母親の子宮>のモチーフから着想を得ました。
その地面から、次々に多様な色を持つ花々が生み出され、重なりあい、つながっていく様子を、「家族」の姿になぞらえながら描いています。
10作品の中では一番最後に描きました。抽象性が一番大きい作品です。アートに携わる方に好評いただきました。


以上、10枚の絵でした。
ご来場いただいた方にどのカードが良いと思いましたか、とアンケートさせていただいたところ、票がきれいに分散され、1位2位と順位をつけることができませんでした。

また、
10枚を描き切ってみて、観に来てくださった方々とお話しさせていただいて、「家に飾る絵を描く」こと、「アートとしてお買い求めいただけるレベルの絵を描くこと」、このことを強く意識するきっかけとなりました。ウエディングカードの想定をするりと超えてしまったので、あたふたしてしまいましたが、そういう方面もやっていきたいのだと強く自覚する貴重な機会となりました。




カードサンプルです。
まだ商品化していません。
ゆくゆくは展開していきたいと思いますので、その際は改めてこちらでご報告させていただきます。(一部の絵は諸事情でデザインに使えない可能性もありますので、ご了承ください)展開することになりましたら、仮に100セットのご注文としますと、招待状本体+印刷用中身の紙+封筒+紐+封印シール を1セットとして、およそ700円/1セットを予定しております。(ご注文枚数・制作日数によって価格が変わります)
「装画と装幀@2013」のお知らせ
※展示が終わるまで、この項は常に一番上に掲載されます
※最新の記事はこの下からご覧ください

「装画と装幀@2013」に参加いたします。
今まさにご活躍されていらっしゃる方々が、たくさん参加されています。

上の絵は、展示のために描き起こした新作の一部です。
原画が大きいので、コンパクトにしました。
惜しまれながら見送りとなった(!?)ラフを活かし、帯を気にせず、”一枚の絵”としてのびのび描いております。

このたびは手元にDMがありませんので
この場にて告知させていただきます。
-------------------------------------------------------------
「装画と装幀@2013」
会期:2013年3月26日(火)〜
   3月31日(日)12:00〜19:00(最終日17:00)

続きを読む >>
「装画と装幀@2013」
今月下旬に開催される「装画と装幀@2013」に参加いたします。
先月にマルプギャラリーさんで個展をしているときにお声をかけていただいて、どんな方々が参加されるのかしら。。。?と思っていたところ、先日展示詳細がリリースされまして、ひゃあ。。。とびっくりしております。
私は、昨年二回もご一緒させていただいた、緒方修一さんとの作品で参加いたします。
-------------------------------------------------------------------
「装画と装幀@2013」

会期:2013年3月26日(火)〜
   3月31日(日)12:00〜19:00(最終日17:00)

会場:DAZZLE (ダズル)
〒107-0061 東京都港区北青山2-12-20-101
T&F 03-3746-4670
http://gallery-dazzle.com
public@gallery-dazzle.com


●オープニングトーク
初日3月26日(火)オープニングトーク 17:30〜18:30

●懇親会3月26日(火)18:45から別会場にて実費

●ギャラリートーク 30日(土)と31日(日)14:00〜16:00

●イラストレーターとデザイナーそれぞれのコメントを収録した
オールカラーの図録を制作し販売致します。1部500円

 
紙の本の現在と未来に、デザイナーとイラストレーターがどう向かいあっているか。
2013年度の始まりに、2012年度の仕事から40冊の装幀とその装画を展示します。
-------------------------------------------------------------------

参加される方々は下記の通りです。
続きを読む >>
<展示のお知らせ>心がぽかぽかする ウエディングの招待状 原画展
※展示が終わる2月いっぱいまで、この項は常に一番上に掲載されます
※最新の記事はこの下からご覧ください

三年ぶりに個展を開催いたします。
「心がぽかぽかする ウエディングの招待状 原画展」
<コンセプト>はこちらからどうぞ>>>

上の絵は、平和と幸せを象徴する鳩が、お互い愛を紡いでいくイメージ

<在廊日>
2月23日(土) / 11時〜19時
26日(火)
 / 15時〜19時
28日(木)最終日 / 13時〜17時(※時間変更しました)
※<ご注意>土日祝はギャラリーはお休みです。
 23日(土)は開催いたします。
※日時の変更の可能性がありますので、その際は数日前にはこちらでご案内いたします。
続きを読む >>
個展の搬入
昨晩、個展の搬入をしてきました。



上の絵は
「 異国の本屋でみつけた、二匹のクマ 」
東欧の、とある国の本屋で見つけた絵本を開くと、そこには二匹のクマがおりました。古い紙の匂いが香ってきそうな質感をイメージしています。
二匹の仲良しのクマは、<力>のシンボル。これからも、二匹は力を合わせて世界を切り開いていくことでしょう。ちなみに風水では、クマのモチーフに<幸せを呼び込む>意味があるそうです。

下の絵は
「 ダーラナホース 」
ダーラナホースは、スウェーデンの有名な木彫りの手工芸品で、<幸せを運んでくれる馬>と言われています。二頭の夫婦であるダーラナホースが、<愛情>の象徴と言われるりんご畑の下を駆け抜けてやって来て、ゲストに幸せを運んできてくれます。




こちらは招待状のサンプル。8種類作りました。




そして、ちょうどリリース時期が重なったご縁で、
先日編集のMさんよりいただいた見本本を置いております。
昨年、すばる文学賞を受賞した高橋陽子さん著「黄金の庭」(集英社)の装丁イラストを担当させていただきました。ADは緒方修一さんです。緒方さんとは再びご一緒させていただきました。(前回は丸太たぼ吉さんの「鴨か虎か」です。詳しくはこちら>> 涙なしには読めないヒューマンストーリーです)そして、今回もたくさんのことを学ばせていただきました。(プレッシャーでつぶれそうなときに、救っていただいた言葉が、今でも忘れられません。)
後日改めて、この作品にこめた思いや制作過程をご紹介いたしますね。


マルプデザインのみなさま、一ヶ月間お世話になりますが、
どうぞよろしくお願いいたします!
いよいよロフT2012始まります

暖かくなったり、肌寒くなったり、
なかなか気温が安定しない日々です。

今は絵を描きまくっています。
自分の絵を描く限界スピードを把握しているつもりですが、
今回取り掛かっている作品は、その限界ギリギリな感じですので、
とにかく、描く!
ひたすら、描く!
苦しくても、描く!

・・・こんな時間を過ごしております。
でも、描ける悦びは相当大きいので、顔はやつれる一方ですが(汗)、
心はどんどん強くなっていっている気がいたします。

さて、
明日からいよいよロフT2012が始まります。
アーティストTシャツが50種類以上も揃うなんて、
きっと相当の迫力ではないかと思います。

会場は渋谷のロフトです。
”渋谷”といえば、先月渋谷ヒカリエが開業されたばかりですし、
個人的にも気になっている街でもあります。
そんな渋谷においでの際は、是非お立ち寄り下さいね!

土日にはイベントもあり、そのうち2日間参加予定です。
また詳しいことが決まりましたらお知らせいたします。

ロフT2012についてはこちら>>>

宮原葉月Tシャツについてはこちら>>>


このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。