イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
こけしと〆切

週末から来週にかけて〆切が続きます。先日のにかほ市取材3連チャンが思ったより体にこたえたようで、疲労感が溜まり、仮眠を取りながら絵の制作を進めています。

 

上のツイートは、日ごろ大変お世話になっているエディター&カメラマンの夏井さんの展示について書きました。「こんな方と一緒に仕事をやりたい」と思う頼もしいお方なのですが、大変奥ゆかしい方でもあり、私がスッポンだとしたら夏井さんは月のようなお方。写真展の会場である宮城蔵王・遠刈田はとても寒い地域だそうですが、近くに遠刈田温泉があり行ってみたい場所です。宮城でも北部にある鳴子温泉に行ったことがありますが、この地も「こけしオシ」と源泉掛け流しの温泉が集中している町で、なかなか乙があります。

 

明日は横手市、地元在住の方でも「知らない」という隠れたカシマサマの聖地にて、スライド&トークイベントを開催します。地元の方向けの為、ANPからの告知はナシです。その足で初めての県外取材を予定しています。明日もなんとか、やりきりたいです。

春の錯覚

机と向き合う地味な暮らしをしています。本日秋田市内は時々晴れ。雪シーズンのはずが、このような天気になると春が来た!と錯覚してしまいます。東北暮らしをしていると、春の訪れがとても待ち遠しいのです。神様の絵をたくさん描いていきたいなあと心がワクワクしてきます。

明日は1日取材デー。楽しみです!

晦日

年末年始は寒波が来るそうで、湯たんぽで乗り越えられるか心配です。

年末年始はイラスト制作の描きいれ時。今頑張ると来月の様子がだいぶ変わります。昨日も頑張りました。しかし、どこかで温泉に浸かりながら、好きなことばかりをする日も作りたいところ。

明日はANP取材があります。東北・日本海側は大寒波で吹雪や積雪に注意が出ています。行けるのか少し心配。吹雪の中の行事はきっと感動するだろうなあ、、、と思います。無事取材に行けたら、私の中の記録魔がムクムク起き上がってきているので、逐一ツイート報告をやってみたいです。

秋田で過ごすクリスマス

先日のクリスマスは小松さんのご家族とご一緒させていただきました。イラスト制作で埼玉に戻ることが厳しく、一人ぼっちのクリスマスになるところを、小松さん方々に救っていただきました。

小松クラフトスペースにて絶賛発売中のロウソクは、周囲を少し暗くし使っているのをみると、雰囲気が出て素敵でした。

今年はオードブルをオーダー。ローストビーフなど、一つ一つが美味しいです。秋田市内にこんなお店があるのですね。

とても楽しかったです。ありがとうございました!

 

ある時「大晦日はどのように過ごされるのですか?」と私が聞くと、小松さんは「何を言ってるんですか、取材ですよ!」というやりとりがありました。そう、ANPは大晦日から元旦明け方にかけて取材に行きます。大晦日の夕方から始まる県北の来訪神取材と、その足で大館の道祖神取材です。大館を出るのは夜中の1時過ぎになりそうです。どうなることやら、それにしても楽しみです。

ひと安心

本日、なんとかイラストの制作が間に合いそうな感じになってきました。たまたま複数のお仕事の〆切が被ってしまい、昼夜逆転生活に突入。本番制作やラフ制作があったり。どれも仕上がりが楽しみなレベルに持っていけたのでひと安心です。来週全てを入稿するので、あともう少し。

気づけばもう年末近く。当初は秋田は寒いし早々に埼玉の家に戻ろうかと思っていましたが、お仕事や道祖神関連でギリギリまでこちらに居ることになりそう。戻りたいけれど、絵も描きたいし取材もしたい。悩みます、、、

気づき

この日は現在進行中のラフ制作の軌道修正に集中し、編集者さんとデザイナーさんと電話で話しながら制作しました。短期間でなんとか着地点へ到着。以前と比べて早い時間で軌道修正できるようになりました。

ラフができるとすぐ自転車で外出。この日の夜、秋田市内の某事務所にて、Aさん方々と近況を話し合う楽しい集いがあったからです。ゆっくり話すのは半年ぶりくらい。Aさんと話すといつも考えさせられます。とても早い時間軸で生きているのだなあと感じます。私が変革していくべきことをアドバイスしていただきました。有難いです。もっとイラストのことを伝えていかないとなあと思いました。イラスト制作のことは、自分の中ではあたりまえすぎて気付かなかったのですが、「知りたい」と思ってくれる方がいるみたいです。言語化していこうと思いました。

秋田に戻りました

秋田に戻ってきました。秋田市内も急に寒くなったようで、今までの服装では切れるような冷たい空気に肌がやられてしまいそうです。秋田の自宅ではとりあえず「湯たんぽ」作戦ですが、この冬をこれで乗り切れるかどうか、果たして無理なのか、見極めます。

秋田に戻ってきたら、やることたくさんです!お仕事を急ピッチで進めていきます。またANP(秋田人形道祖神プロジェクト)についても色々進めていきます。様々なシーンで遠慮する余裕は既になく、「いいものをつくる」「最高の内容に仕上げる」ことを最優先に意見や考えを率直に伝えていこう、というのが今の心境です。

今月末まで、代官山蔦屋書店さんで秋田ブックフェアが開催中です。近々ブックフェアの様子を詳しくご紹介いたします。

秋田は晩秋を迎えています

本日は仙北市吉田のワラニンギョウの作り替えを取材いたしました。
吉田集落の皆様、様々教えてくださりありがとうございました。
取材はやっぱり面白い!!!
大興奮です。
詳しくは後日公式ブログにて小松さんか私が書きます。

 

今現在、お仕事や人形道祖神プロジェクトの大事な局面を迎えています。
11月はなかなか大変な月になりそうです。
少しずつ、ニュースをリリースしていきますね。

雑記

秋田市は寒くなってきた。フリースを着ている。来月から雪のシーズン。我がアトリエ兼住居にそろそろ暖房器具を揃えようか検討中。

 

来週父が神奈川から車でやってくる。それまでにお仕事をある程度作り込みしたい。あわよくば帰りの車に便乗し、東北の温泉を巡りながら家に帰ろうかと思ったが、月末まで制作に入るため見送ることにする。

 

最近とある制作で少し燃え尽き症候群になりかけるが、ANP小松さんのお店にお邪魔し、おしゃべりに耽ることでなんとか乗り切った。小松さんご家族のみなさんには「また宮原が来た」と思われてしまいそうだが、いつも助けていただいている。この日は、小松さんの母・マダムの知られざるエピソードを聞き、驚いた。マダムの本を出したら元気づけられる方がたくさんいるに違いない。また、小松さんご自身の若いころの写真をみせてもらった。ジャニーズ事務所に加入できそうなくらい美少年だった。大学生の頃は福山雅治さんと見違える位かっこいい。もちろん、今の小松さんもダンディだが、少し驚いた。

最近のこと

色々夢中に活動していたところ、ふと気づけば様々〆切が差し迫っていることに気付き、今はひたすら絵を描いています。原画制作に入ると時間を忘れ、中からものすごい執念というかエネルギーが湧いてくる自分が、自分ではなく、他の人のように感じました。

 

最近印象的な出来事を。

テレビ取材でインタビューを受けたとき、できれば「ふとこぼれた」リアルな言葉でお話ししたいなと思うのですが、これがなかなか難しい。「なぜ人形道祖神にはまったのか」に対する回答がうまくいかない。しかし記憶を遡り、当時の思いを何度も思い返していくと、「あ、これだ!」というものを見つけ、横にいるANP小松さんに語り掛けようとしたところ、カメラマンのMさんが「宮原さん、こっち向いて話して!」と言われ、はっとしカメラを向きました・・・そしてこの瞬間、目前に迫るカメラの存在は消え、Mさんが普段通り目の前にいて、おしゃべりをしている、なんとも不思議な感じでした。

 

先日neccoさん主催の「CaT_vol8 マーケティングの秋!」にLTとして登壇し、また「コミュニティ・マーケティング」のプロフェショナル・小島さんのセッションに参加しました。人形道祖神プロジェクトがもうひと山超えていくためのアドバイスをいただきました。(小島さん、ありがとうございます!)また、登壇ではANPの今までの軌跡を振り返るよい機会となり、以前はSNS(ツイッターやfacebook等)が大の苦手でしたが、考え方を変えていこう、使い方によってはもっと楽しみながらできるなと思いました。ハッシュタグを「#秋田人形道祖神プロジェクト」ではなく「#dosojin」とした方がよりたくさんの方と繋がれると考えています。またneccoさんが開催している「CaT」シリーズ、少しずつ秋田や全国でも浸透している様子がわかります。世界は広い、見えない風景を見ようと思えば、自分が変わるしかなく、ならば変えていかないとな、と思いました。


このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。