イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
アバハウス「LOWELL things」コラボバッグ 完売御礼

本日見本のバッグが届きました。ついに実物と対面です。興奮します。さすがプロのデザイナーさん方々のお力だと思いました。御礼をお伝えしようとついでにバッグの状況をお聞きしたところ、好評いただき既に完売したという衝撃的ニュースを知りました。

こんなにも風変わりな個性バッグを気に入ってくださり、そしてお買い上げくださったみなさま、ありがとうございました!
この力は制作に大きな励みになっております。

お仕事と並行して、毒のある独自の世界をもっともっと掘り下げたい野望が、今秋田にやってきてどんどんふくらんでいます。絵を進化させたい。

それにしても、バッグコーナーをこの目で観に行こうと、(バッグの展開予定だった)10月中旬に上京の計画を練っていたのですが、その目的がなくなってしまいました、、、どうしましょう。

ちなみに以前SONYのヘッドフォンでイラストを担当させていただいたことがあります。このヘッドフォンも、SONYの担当の方から「尋常ではないスピードで完売しました」とお聞きしびっくりしたことがあります。その頃を思い出しました。

お客様に喜んでもらうためには、たっぷりの情熱と執念を込めなくてはなりません。そして日々感性を磨かなくてはなりません。改めて心を引き締めるよい機会となりました。ありがとうございました。

秋田 いろいろ

秋田はすっかり涼しくなってきました。秋です。

今月は色々な方々とお会いすることができました。今年4月に秋田にやってきてから先月まで、秋田在住の方とゆっくり交流ができていなかったので一人ぼっち感が半端なかったです。少しずつお話しする時間をいただき、ゆっくり秋田のことを自分の中で昇華していっています。

写真は食用ほおずき。ミニトマトより少し小さいですが、食感はミニトマト的。食べてみると「イチゴミルク」的な風味が口一杯に広がります。美味しい。

秋田には見慣れない野菜が結構あります。今の季節で珍しいと思ったのは手のひらサイズの食用オクラの花。結局買わなかったですが刻んで酢醤油で食べるようです。

秋田といえば「枝豆」。スーパーに行けばたくさんの枝豆が売っています。そして沢山の種類があります。「あきた香り五葉」「あきたほのか」「恋姫」などなど。寒暖の差が激しい秋田の気候が枝豆を美味しくさせるとか。夏から10月半ばまで、枝豆天国が続きます。

そしていよいよ人生初めての東北の冬を体験します。みなさん「秋田の冬はつらいよ」とおっしゃいます。秋田市内はさほど雪は積もらないといいますが(内陸が豪雪地帯)、風が強く雪が吹き付けるそうです。そして一番つらいのは、陰鬱な天気が続き気持ちが滅入ってくることだそうです。晴れの日がほとんどないとか。耐えられるかしら...

その分春がやってきたときの喜びがとても大きいそう。

あとみなさんが勧めてくれた、ユニクロのウルトラダウンがとても良いそうなので本格的な冬が始まる前に買って備えようと思います。

「LOWELL things」コラボバッグとSさんのこと

突然ですが、私は2008年までセツモードセミナー(東京・四谷)に通っていました。セツの頃は私にとって青春時代のようで、絵を楽しくて描きまくっていた時代です。友人にも恵まれました。その友人の内の一人、Sさんという人がいます。彼女は当時から唯一無二のスタイルを持っていて、当時FashionやDesign、音楽などクリエイティブな分野に疎く、ダサイの極地であった私にとって(今もそんな変わらないかもしれませんが、、、)、ジャケットとハットを着こなす萬田久子さんのようなかっこいい人でした。そんな出会いを通じて今でも大事にお付き合いしている彼女から、「バッグ買ったよ〜」と連絡をもらいました。私は思わず厳しい目利きであろうSさんのお墨付きをもらえたようで、ほ〜と安堵するともにとても嬉しかったです。

Sさんから写真掲載のご快諾をいただきましたので、この場をお借りしてご紹介いたします。(Sさん、ありがとう!)

「LOWELL things」新宿ルミネ店の様子

左手奥のメインバッグは、手前のポシェットのようなバッグ(黄色の蓋)が付きます。バッグの前面に付けたり、ショルダーポシェットとして、またBAGinBAGとしてバックの中で使用したりできます。「LOWELL things」の定番バッグです。その他にポーチが3種類展開しています。

バッグがSさん宅に到着!

しっかり包装されていますね。

ジャジャーン!

Sさんから「超かわいい」と一言頂きました。

ジーーンとしました。この瞬間こそ、イラストレーターの醍醐味です。つらいときがあっても、この瞬間があるから描き続けることができます。

Sさん、早々にバッグを観に行ってくれてありがとう!Sさんのスタイルに取り入れてもらえて大変光栄です。

秋田、9月

9月に入った秋田は、大阪でいうところの10月下旬のような肌寒さです。東北は夏が短いです。

今不思議と京都の友人から声をかけてもらったり、京都のゲラをみたり資料を探したり、急激に京都がなつかしくなりました。「秋田からみる京都」はまた独特な感じです。

写真は仲小路ビル。昭和レトロでお洒落ビルなんです

続きを読む >>
今の自分

「秋田の環境がじわじわ自分の中に浸食していく様子」


このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。