イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
宮原葉月×アシタノシカク プロジェクト 新作

 

 

今年4月に大阪で開催予定の個展用新作です。

アシタノシカクさんには独特の”シカク”があり、いつもその”シカク”から人が覗いているのです。今年初めての新作として、その”シカク”をオマージュしました。

ヘンテコ少女の構想が10枚くらい貯まったので、まずはそれらを描いていきます。描く過程はお仕事とはまた違うなあと新しい発見の連続です。

2015年にアシタノシカクの大垣さんと「少女を描きましょう」と言っていた当時は、少女なんて本当に描けるのかなあと思っていましたが、2017年の今、とりあえずこんな感じになってきました。変化を楽しみたいです。

My new artworks for the solo exhibition at Osaka in april.
祝 直木賞受賞「蜜蜂と遠雷」

上記は単行本発売の新聞用告知広告の一部です。連載当時の挿絵を使っていただきました。

 

この度は第156回直木賞受賞をおめでとうございます!
「蜜蜂と遠雷」がポンツーンで連載されている時に挿絵を担当させていただきました。
「蜜蜂と遠雷」は音楽の才能に恵まれた若き主人公達の葛藤や苦悩が描かれた物語です。
今ちょうど、tobufuneさん主催の「船と装丁」展にむけて 藤谷 治さん著「船に乗れ!」のイラストを描いているのですが、この物語も「音楽の才能」に強く関わっています。内容は全然違うのですが、「己とどう向き合うのか」というテーマが自分の中で重なってきて不思議な感覚に陥っています。
どちらの小説も面白いです。途中自分とシンクロしてきて心理的につらくなる場面もありますが、これから力強く生きていくための力になってくれると思います。
3月開催 「船と装丁」展のお知らせ  ブックデザインの挑戦

tobufune 「船と装丁」Facebookイベントページより

tobufune5周年企画/第1回tobufune展
「船と装丁」
2017年3月7日(火)〜19日(日)/12〜20時 (最終日17時)/休廊なし

神保町 gallery福果
http:// www.gallery-fukka.com/

参加イラストレーター(担当作)

碾帽逝析困気鵝箆型佑罰ぁ
http://www.minato8.com/
南景太さん(ドリトル先生航海記)
http://minamikeita.com/
サイトウユウスケさん(村上海賊の娘)
http:// www.saitoh-yusuke.com/
宮原葉月さん(船に乗れ!)
http://hacco.hacca.jp/
井上奈奈さん(夏の朝の成層圏)
http://nana-works.com/
三上数馬さん(剣客商売)
http://kazumamikami.com/
スケラッコさん(つるかめ助産院)
http://www.sukeracko.com/
MACCHIROさん(水域)
http:// macchiro.tumblr.com/
大久保つぐみさん(笹の舟で海をわたる)
http:// tsugumi-o.tumblr.com/
サヌキナオヤさん(島はぼくらと)
http://sanukinaoya.com/
佐藤香苗さん(レイクサイド)
http://kanaes.com/
林 青那さん(高瀬舟)
http:// www.aonahayashi.com/
柴田高志さん(蟹工船)
http://gorvaptica.com/
平井利和さん(そして誰もいなくなった)
http:// hirai-toshikazu.tumblr.com/
三浦由美子さん(がんばっていきまっしょい)
http://miurayumiko.com/
高山裕子さん(シェエラザード)
http://yuko-takayama.com/ home.html

 

上記の「船」が登場する小説を、数々のベストセラーのブックデザインを手がけるtobufuneさんがデザインします。

 

私は 藤谷 治さん著「船に乗れ!」を担当させていただきます。本を読む前は最初のブックカバーの印象でほのぼのした高校生の楽団の物語と思っていましたが、見事にくつがえされました。デザインを担当される小口さんから「この本のイメージが一番思いつかない」と聞いておりましたが、まさにそのような内容です。思春期の激しい感情や衝撃を表現していく方向です。しかも、上・中・下巻の3冊。それぞれ3冊の特徴を活かしながら、一体感をもたせるのは難しいなあと思いつつ今ちょうど制作中です。

 

私は今までいろいろ装丁のイラストを担当させていただきました。その経験を踏まえた上での、今回は「攻め」です。せっかく小口さんと挑戦できるのであれば、今までにないようなイラストを出していきたい。(無謀ですが、目標は高く!)とはいえ、ただ爆発させるのではなく、書店に並んだ際は必ず気になって手に取っていただけるもの。また読後に改めてカバーを見ていただきなるほどー!と思っていただけるものを目指します。
あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

大晦日

大晦日です。しかし今年が終わる気が全くしません。今制作している絵を仕上げることができなかったからだと思います。まだまだできるぞ!とネバーギブアップの精神で年明けから仕上げていこうと思います。

 

今年もたくさんの方々のお力をいただき、無事やってこれました。ありがとうございました!

 

良いお年をお迎えください。

 

Have a great new year!

 

 



このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。