イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
道祖神いろいろ

蔦屋さんより承諾頂き、父が写真を撮ってきてくれました。東京第一号の冊子お取扱い書店・代官山の蔦屋書店様です。歴史・日本文化コーナーにて展開いただいています。柳田国男氏著「遠野物語・山の人生」「都市と農村」「不幸なる芸術・笑いの本願」、シャルル・フレジェの「YOKAI NO SHIMA」、極めつけは小松さんと同姓同名である小松和彦氏「鬼と日本人」。すごい並びに置いて頂きました。さすが蔦屋さんです。

 

9月1・2日に東京・代々木上原のhako galleryさんでトークイベントを開催いたします。まだ正式な案内や予約受付が始まっていないのですが、「秋田の人形道祖神」に大変関心が高まっている様子で、予約が困難になりそうだと伺っております。果たしてどうなることでしょう・・・!?私はイベントに向けて数点の「人形道祖神」原画制作に着手しております。仕事を含めて今月に仕上げるべきラフの点数が数十点になりつつあり戦々恐々としております。

8月の秋田

昨晩で竿燈が終わりました。秋田は数日前から秋のような涼しさになりましたが、これは一時的なものでしょうか。
今月の様子をつれづれなるままに綴ってみます。

 

今月末に数年ぶりに上京することになりました。久々の東京は都会過ぎて怖い・・・

上京する理由は、秋田人形道祖神プロジェクト(ANP)のトークイベントを開催していただけることになったからです。Yさんのご尽力のおかげです。また、人形道祖神に興味を持ってくださった代々木上原のhakoギャラリーのEさんに素敵な空間を貸していただけることとなりました。

 

本イベント会期は2日間、その中で3回のトークイベントを予定しています。イベント日程の詳細が決まりましたら改めて発表いたします。私も上京のチケットを取らねばならないのですが、月末に〆切が重なってきており、状況がみえにくくなってきています。できれば前日入りし、イベント準備やお仕事でお世話になっている方々へのご挨拶などできればいいなあと思っています、、、今の制作の頑張り次第ですね!(厳しいか!?)

 

先月秋田市内で道祖神のトークイベントを開催しましたが、東京で開催する前に、お盆明けに秋田市内でもう一度トークイベントを開催します。内容は前回とほぼ同じですが、休み時間を設ける等構成を若干変えます。私が話すパートがほんの少し増えるので小松さんとのコンピネーションが大事になってきます。どうか上手く話せますように。

 

様々な制作や企画が一気に動いていくので、何やら気が落ち着きません。しかし、ひとつひとつしっかりやっていくことが近道なので、地道にコツコツ、今月もやってまいります。

 

「アートブックターミナル東北2018」に出品いたします!

 

8月4日(土)から9月2日(日)に盛岡のCyg art galleryにて開催される「アートブックターミナル東北2018」にANP(秋田人形道祖神プロジェクト)は招待作家として参加いたします!

 

 

「アートブックターミナル東北2018」とは、
東北ゆかりの作者による「本や冊子の形式を使用した表現」または「表現を本や冊子の形式にしたもの」を対象とし、 アート全般、デザイン、ファッション、建築、舞台、映画、工芸、漫画、文章、詩、絵本など、様々な表現の作品が会場にて展示・販売されます。期間中は千人以上の方々が来場されるそうです。なかには何度も通い、じっくり購入する冊子を選ばれる方もいらっしゃるとか。
https://cyg-morioka.com/abtt/

おしゃれなZINEが勢ぞろい。東北にもハイセンスなアート&デザインイベントがあります。

 

実はCyg art galleryさんにお声を掛けていただいたことがきっかけで「村を守る不思議な神様」冊子が出来ました。この展示に出品するため、共著の小松さんに「本を一緒に作りませんか」と声をかけたからです。また毎年の展示での高レベルな冊子を数々拝見し、「これは一流のブックデザイナーさんにお願いしなければならない」とtobufuneの小口さんにブックデザインをお願いしました。つまり、「アートブックターミナル東北2018」なしにANP結成はありえませんでした。

 

ではなぜCyg art galleryさんにお声をかけてもらえたのか。
昨年制作した秋田市内のクリスマスイベント告知のフライヤーを、Cyg art galleryのデザイナーIさんが気に入ってくださったからでした。Magさんとオジモイモ屋さんとのコラボ!なつかしい・・・そして制作過程が楽しかった! 人の大切なつながりが最終的に道祖神に導いてくださったのだ、と感慨深くなります。私にとって全てが大事な制作たちです。

 

会場では「村を守る不思議な神様」を手に取ってご覧いただけます。ご購入もできます。冊子の原画も数点飾ります。

個人的に盛岡にはまだ行ったことがなく、当展示をきっかけに行ってみたいと考えています。盛岡は秋田よりお洒落な場所らしい!?と聞きます。秋田市と比べてどうなのか、実際にこの目で見てみたいです。また当展示に参加できる資格として「東北にゆかりのある作者」とありますが、自分が東北にご縁ができたのだなあと嬉しくなります。

 

夏休みにアート&ブックの時間はいかがでしょうか。
お近くにお寄りの際は是非遊びにきてください。
Cyg art galleryのアクセス
https://www.cyg-morioka.com/access.html

東京での販売が決まりました!〜代官山蔦屋書店様〜

(photo:natsui hitomi necco)

おかげさまで東京での販売が決まりました!

代官山蔦屋書店様
http://real.tsite.jp/daikanyama/

本日冊子を発送いたしましたので店内で陳列いただくまでもう暫くお待ちくださいませ。

<現在購入頂ける取扱店舗様>※北から
◆秋田県
加賀谷書店様(秋田市内:茨島店・東通店)
金喜書店様(横手市)
乃帆書房様(秋田市大町)
平山書店様(大仙市大曲)
アートクラフト昭和堂様(秋田市東通)
小松クラフトスペース(秋田駅前・オンラインショップ)http://komatsucraft.shop-pro.jp/?pid=132931091 

◆宮城・仙台
Kaneiri Museum Shop 6様/http://www.kaneiri.co.jp/shop/ 

◆群馬・高崎
REBEL BOOK様/http://rebelbooks.jp/ 

◆愛知・名古屋
ON READING様/http://onreading.jp/

◆準備中ですが公式サイトはこちら:https://dosojin.jp/
8月に一部オープンを目指し急ピッチで制作を進めています

東京初上陸!おかげさまで完売いたしました

(photo:natsui hitomi necco)

週末は「BOOK MARKET2018 」ユカリロ編集部ブースにご来店くださった皆様、ありがとうございました!ANP(秋田人形道祖神プロジェクト)は当日道祖神取材が入り上京はかないませんでしたが、お客様のご様子をお聞きし大変感激しております。

この冊子を作る前、「秋田」の知名度に期待できないという絶望の状況でしたが、ただただ人形道祖神がすばらしく、そのすごさを多くの方々にお伝えしたい!という思いでやってまいりました。時にマニアックすぎて大丈夫かな!?と思うこともありましたが、こうして様々反響をいただくことができ、感無量でございます。

我々ANPは冊子入稿後も県内で取材を進めており、村の方々とのふれあいを通じてさらにその面白さにズブズブはまっています。相変わらずディープ過ぎて、昨日は作り替え取材後の現状調査にて、初めて小松さんの泣きを2回みました。私はその様子を思い出しては腹を抱えて笑ってしまいます。(小松さん、ごめんなさい。)このようにたくさんの貴重な取材情報をまだどこにも発表できずにうずうずしています。どこかで必ずや爆発いたしますね。

今後ともご愛顧の程よろしくお願いいたします!

そしてユカリロ編集部さん、この度は東京初上陸という貴重な機会をくださりありがとうございました!


このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。