イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
秋田魁新報「ハラカラ」5号、掲載

昨日は雪が降らずとても寒い1日でした。(雪が降り積もると、意外と暖かいです)

小松さんからあがってきた原稿を読むと、末野の皆さんを取材させてもらったときの風景が浮かび上がり、瞬時に描くべき絵がイメージされます。

民俗学や伝統行事に馴染みがない方にも、この末野の鹿島人形の文化をひとつの世界的カルチャーとして、楽しみながら知っていただけたらと思います。そのために自分は何ができるのか、を突き詰めて考えていくと、結局「イラストレーターとして精進する」しかない、と思い至るのです。

カシマサマが熱い!

ついにお仕事の目途がついてきました。嬉しい!

先日の「にかほ3連チャン取材」をさらっと、そして横手市木下で開催したスライド&トークショーの様子をブログにアップしました。「カシマサマはやっぱり熱い・・・!」これが一番言いたかったことかもしれません。

今年はもしかすると、ANPは関西でもイベントや展示を発表できるかもしれません。4年ぶりの関西。なつかしくて涙が出そうです。これは神様の絵の制作もがんばらなくては。

こけしと〆切

週末から来週にかけて〆切が続きます。先日のにかほ市取材3連チャンが思ったより体にこたえたようで、疲労感が溜まり、仮眠を取りながら絵の制作を進めています。

 

上のツイートは、日ごろ大変お世話になっているエディター&カメラマンの夏井さんの展示について書きました。「こんな方と一緒に仕事をやりたい」と思う頼もしいお方なのですが、大変奥ゆかしい方でもあり、私がスッポンだとしたら夏井さんは月のようなお方。写真展の会場である宮城蔵王・遠刈田はとても寒い地域だそうですが、近くに遠刈田温泉があり行ってみたい場所です。宮城でも北部にある鳴子温泉に行ったことがありますが、この地も「こけしオシ」と源泉掛け流しの温泉が集中している町で、なかなか乙があります。

 

明日は横手市、地元在住の方でも「知らない」という隠れたカシマサマの聖地にて、スライド&トークイベントを開催します。地元の方向けの為、ANPからの告知はナシです。その足で初めての県外取材を予定しています。明日もなんとか、やりきりたいです。

急遽、取材

 

ANP取材は機動力が大事ですので、小松さんのお誘いから15分後、部屋着から外着に着替え出発。この日予定していたイラスト制作は、帰宅後と翌日にノルマをこなしました。
取材は年1回ほどしか行われないのでとにかく最優先。

 

 

最近取材で面白いと思うことは、ANPのように、民間信仰のお祭り等を取材したり、見に来られる方々の存在です(報道機関ではなく個人で来られる方)。取材先で何度か顔を合わせていると、「あ!こんにちは」「ご無沙汰してます」「お元気ですか」と知り合いになっていく過程が面白いです。遠くは大阪から、近隣では宮城や岩手から来られます。「好きなものをこの目でみてみたい!」と突き抜けている皆さんは本当にユニーク。今度オフ会を開催し、みんなで「2020年の取材ベストはコレ!」という発表会があったらさぞかし面白いだろうなあ、とふと思いました。

にかほへ 小正月行事取材

昨日は「にかほ」へ取材行きました。秋田県の南、山形県と接している場所です。同地には人形道祖神がなく(ないと思われ)、取材で初めて訪れました。にかほは「秋田のハワイ」と呼ばれるほど温暖な気候だそうです。

上の小屋が想定以上にかわいい存在であったり、「あまはげ」も頭が真っ黒でこれまたかわいく、かわいい三昧の取材となりました。秋田市内は雪が降ったそうですが、にかほは大雨。ずぶぬれになりました。夕方に取材を終え、秋田空港方面で行われていた「ヤマハゲ」の行事も取材したいと思いましたが、疲れ果てたANPは「あまはげ」で断念。ヤマハゲは次回へ持ち越しとなりました。

今回の取材もドタバタ劇があったりし、スマートには終わらないANPならではの1日となりました。


このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。