イラストレーター宮原葉月のブログです。日々の暮らしを書き綴ります。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
やっぱり末野のショウキサマはすごかった

 先日は秋田県横手市大森の末野集落にある大きな「ショウキサマ」の作り替えがありました。夕方から小さな鹿島人形を船に乗せて流す「鹿島流し」も合わせて取材させていただきました。(末野のショウキサマについて、ハラカラ掲載ご紹介ブログはこちら

 

 作り替えを拝見するのは今年で3回目となりますが、何度みても圧巻です。今回も作業場を飛び回り、集落の皆様に積極的にお話を伺いました。次々面白いエピソードや、作り替えの詳しい様子を教えていただくことができました。一つ知れば、その先も知りたい・・・!と好奇心が疼きます。集落の皆様のご自宅やご家族構成もわかってきて、次回伺う際は末野の魅力をより深く知り、広く伝えていきたいと思いました。

 絵とはまるで関係なさそうですが、きっとそのうち「凄み」が絵にじわじわ現れてくれるのではないでしょうか。こんな経験は普通できませんので、期待することにします。

 話変わりますが、ただいま急ピッチで人形道祖神の絵を描き始めています。間に合うかどうかギリギリ案件ばかり。来月はゆっくりしたいです。

 

 

原画展スタート!

上はツイッター、下はfacebookの投稿です。facebookはより感情を交えて書いています。

本日から展示がスタートします。「アート」「フィールドワーク」「エンターテイメント」を兼ねた展示は初めてで、搬入するまでどきどきしました。また展示開催に向けて、田沢湖図書館の皆様との熱いチームワークがとても面白かったです。  搬入後に疲れた体を癒そうと名湯:水沢温泉に行ってきました。するとお湯が強すぎて体調が一時崩れましたが、翌日はすっかり元気に。秋田はディープすぎます・・・!

宮原 葉月さんの投稿 2020年7月3日金曜日

先日搬入してきました。体に鞭を打って追加できるよう新作も描きます。

明日はいよいよ・・・!準備を急ピッチで進めてきました。楽しみです。

熱い1日

 日曜日は二か所の道祖神の制作を取材させていただきました。

 ひとつの神様は最後まで確認させていただき、あまりにも美しく感極まりました。見事なでっぷりお腹で、萌えまくりです。「勇気を出して制作をお願いし、本当によかった・・・!」を思いました。何度か諦めかけたのですが、背中を押してくださる方がいらっしゃったので実現することができました。

 取材では、こんな時でないとお話しできる機会はないので、ワラが積まれている作業場の中をあちこち歩きまわり、たくさんのオジサマにインタビューさせていただきました。カシマサマの思い出、カシマサマへの思い、寸法や名称などなど。秋田の言葉のイントネーションが少しわかるようになったことが大きいです。ふと生まれる言葉やエピソードが興味深く、ノートにしっかり書き留めました。

 ふたつめの神様は、私たちが到着時は既に完成し、ブルーシートに包まれ保管されていました。完成形をみることはかないませんでしたが、写真で拝見し、よりスマートで男前になっていました。来週本番の作り替えを拝見できるので、諸事情もありますが、作り方を今まで以上に真剣に観察させていただきます。

 

 こんな風に取材させていただけるのは、人生の中ではとても貴重です。有難いことだとしみじみ思いました。

来週で予定されている取材が一旦終わります。次は田沢湖図書館の原画展&スライド&トークショーへ力を注いでいきます。

 

7月4日から原画展を開催!新たなアートの試みも。

 昨日は原画の最終チェックを行いました。7月に搬入に行ってきます。

 「人形道祖神」の魅力や可能性はとても大きく、「地域活性化」「アート」「歴史」「民俗学」等の枠組みをひょいと超えていった先の「新しい分野を切り開いていける」流れのようなものを、改めて感じています。

都会に住んでいたら出会うことがなかった秋田の凄み。お近くに来られましたら是非お立ち寄りください。

大館へ取材、アドレナリン噴出旅

 先日の日曜日は人形道祖神の作り替えがラッシュでした。湯沢市岩崎の緑町の大きなカシマサマ(4月に延期になったもの)や、美郷町のショウキサマなど。どちらももう一度みたかった!と思いながら、私はANP(秋田人形道祖神プロジェクト)として北に向かいました。美術館展示に向けて大館市山田のジンジョサマを作っていただく日だったのです。てっきり取材でお世話になっている「赤坂常会」のイメージで伺ったところ、大きな体育館前に、半端ない数の軽トラが止まっていました。中に入ると、たくさんの方々が作業されていました。なんと6常会が集まった「オール山田」!!!いやはや、壮観でした。アドレナリン全開でたくさんのおじさまにお声をかけさせていただきました。

 最後は無事完成したジンジョサマの男神と女神を小松さんの車に乗せ、山田の皆様にご挨拶し、次の取材先へ移動。といってもどこで行われているかわからず、小松さんの直感に従い、6か所の神様を車で巡っていきました。すると、あの神様の作り替えが行われていました・・・!(詳細は後日公式ブログでアップ予定)

 秋田市に戻ってくると、かつてない疲労感に襲われました。完全燃焼しました。

 現在、小松クラフトスペースでは山田のジンジョサマが飾られています。本物の神様を間近でご覧いただけるまたとない機会、是非足をお運びくださいませ。

 来週はこれまた大事な作り替えが2つあります。来週も燃え尽きること確実です。

 


このサイトの英語表記について
日本だけでなく世界に向けて、私が絵にこめる思いを伝えたく表記しています。独学の故、決して正確な表記ではありませんので、どうかご了承ください。